田村隆寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田村 隆寿
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県
生年月日 1952年????
選手情報
ポジション 投手捕手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

田村 隆寿(たむら たかとし、1952年 - )は、日本の高校野球指導者1971年第53回全国高等学校野球選手権大会準優勝投手安積商業高校磐城高校聖光学院高校野球部元監督

来歴[編集]

1952年、福島県に生まれた田村は、湯本第二中時代は投手として活躍。県大会で3位に輝いた。中学卒業後に1年浪人し、1969年磐城高に入学。

入学当初は内野手であったが捕手に転向し、高校2年の夏の第52回全国高等学校野球選手権大会に5番・捕手として出場した。1回戦で、準優勝したPL学園高に1-2とサヨナラ負けしたが、自身は2安打と奮闘した。秋になり新チーム結成後も捕手であったが、秋季大会でエースが打ち込まれたことを受け、田村が投手に転向することになった。転向後、翌年春までは勝つことも出来なかったが、シュートシンカーを習得し、夏は4番・投手として2年連続で甲子園大会に出場することになった。この第53回全国高等学校野球選手権大会は2回戦から登場し、まず優勝候補・保坂英二日大第一高に対して三塁を踏ませず1-0で4安打完封すると、準々決勝では静岡学園高を5安打完封3-0で下し、準決勝も郡山高を8安打されながら要所を抑え4-0で完封した。27イニング連続無失点で、迎えた決勝の桐蔭学園高との試合は、0-0から7回裏に34インニング目の初失点を喫し、結局甲子園唯一の失点が決勝点となり敗れた。しかし、165cmの上背からの投球は人々に鮮烈な印象を与え、「小さな大投手」と言われた。

高校卒業後は、日本大学に進学し準硬式でプレー。大学卒業後は、郡山市に本拠地を置く社会人野球ヨークベニマルでプレーした[1]

現役引退後、1977年安積商業高の野球部監督に就任。1979年第61回全国高等学校野球選手権大会1982年第64回全国高等学校野球選手権大会に、同校を出場させたが、ともに初戦敗退を喫した。

1983年に、母校である磐城高の野球部監督に就任。1985年第67回全国高等学校野球選手権大会に出場したが、またしても初戦敗退を喫した。1987年4月に退任した。

1988年11月に、聖光学院高の嘱託職員として5年契約し同校野球部の監督に就任。1991年秋に、同校を初めて県大会優勝に導き、秋季東北大会に進出した。だが、初戦の準々決勝で優勝した仙台育英高に延長15回1-2でサヨナラ負けを喫した。同年12月に入り、健康上の理由から監督退任を申し入れ、12月25日に受理された[2]

出典[編集]

  1. ^ 甲子園高校野球人名事典187P、森岡浩、東京堂出版、2004年、ISBN 978-4490106503
  2. ^ 報知高校野球1992年5月号132P

関連項目[編集]