マイク・ラインバック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・ラインバック
Mike Reinbach
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 1949年8月6日
没年月日 1988年5月20日(満38歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1970年 MLBドラフト1巡目
初出場 MLB / 1974年4月7日
NPB / 1976年
最終出場 MLB / 1974年6月1日
NPB / 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・ウェイン・ラインバックMichael Wayne "Mike" Reinbach , 1949年8月6日 - 1988年5月20日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身の元プロ野球選手外野手)。

阪神タイガースでは主に3番・右翼手として起用された。ランディ・バースの活躍以前は、阪神の中では最も人気のあった外国人選手だった。

来歴・人物[編集]

1970年MLBドラフト1巡目(全体の17番目)でボルチモア・オリオールズに指名されて契約。1974年メジャーで12試合に出場した以外はオリオールズ傘下のマイナーでの生活だった。

1976年阪神タイガースに入団し、来日。やや打球判断に難はあったものの、華麗さを感じさせる守備や一塁へのヘッドスライディングなどガッツあふれるプレーで、「マイク」の愛称で親しまれた。江川卓のデビュー戦となる1979年6月2日、後楽園球場での対巨人戦では逆転3ランを放った。

現在は一般的に行われている、デーゲームで目の下に墨を塗って日焼けを防ぐ(乱反射を防ぐ効果もある)アイブラックを、アメリカ球界から日本プロ野球界に初めて持ち込んだ。

2年目の1977年以降もチームの主軸としてハル・ブリーデンと共に活躍。1979年にはベストナインに選ばれた。1980年オフにチーム方針により退団した後は帰国してビジネスマンをしていたが、常に阪神のことを気にかけるなどチームを愛した助っ人でもあった。しかし私生活では妻との離婚や父親の死など、不幸が相次いでいたと言われている。

1988年5月20日未明、自家用車を運転中に操作を誤り、崖下に転落したことによる事故死という形で生涯を閉じた。彼の死が当時の日刊スポーツに掲載されたが、あまりにも小さい記事だったため、その内容を疑問視した一般人の男性が朝日放送バラエティ番組探偵!ナイトスクープ』に依頼して消息をたずねた結果、現地社員により事実として伝えられ、本人の事故死が確認された[1]

2007年に放送された同番組で、ラインバックのサインを書いた店の壁の上に壁紙を貼ってしまった店の店主が、サインを取り出して欲しいという依頼が来た。上の壁紙にもサインが書いてあり、両方残して欲しいという依頼だった。見事、専門業者を呼んで両方取り出すことができた。

メジャーリーガーのブリーデンには、よく説教されていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1974 BAL 12 23 20 2 5 1 0 0 6 2 0 0 0 1 2 1 0 5 0 .250 .304 .300 .604
1976 阪神 118 496 450 76 135 23 1 22 226 81 11 3 3 2 39 1 2 67 19 .300 .357 .502 .859
1977 109 441 381 58 124 23 2 14 193 62 14 5 1 5 48 2 6 54 14 .325 .405 .507 .911
1978 102 417 372 42 94 12 1 16 156 53 2 4 0 3 39 4 3 59 11 .253 .326 .419 .745
1979 130 535 472 79 146 23 1 27 252 84 0 3 0 2 58 3 3 86 20 .309 .387 .534 .921
1980 106 400 348 42 99 16 0 15 160 44 1 1 1 1 47 6 3 47 8 .284 .373 .460 .833
MLB:1年 12 23 20 2 5 1 0 0 6 2 0 0 0 1 2 1 0 5 0 .250 .304 .300 .604
NPB:5年 565 2289 2023 297 598 97 5 94 987 324 28 16 5 13 231 16 17 313 72 .296 .370 .488 .858
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 9 (1974年)
  • 40 (1976年 - 1980年)

脚注[編集]

  1. ^ この調査についての詳細は『探偵!ナイトスクープ』項目内の「代表的な依頼・視聴者の疑問や悩みに答える(夢を叶える)」を参照のこと。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]