ジュニオール・ゲラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゲラ第二姓(母方の)はマウレラです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • フニオール・ゲラ
ジュニオール・ゲラ
Junior Guerra
ミルウォーキー・ブルワーズ #41
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 ボリバル州サン・フェリックス
生年月日 (1985-01-16) 1985年1月16日(33歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 アマチュア・フリーエージェントとしてアトランタ・ブレーブスと契約
初出場 2015年6月12日 タンパベイ・レイズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

ジュニオール・ホセ・ゲラ・マウレラJunior José Guerra Maurera 1985年1月16日 - )は、ベネズエラボリバル州サン・フェリックス出身のプロ野球選手投手)。MLBミルウォーキー・ブルワーズに所属。

姓は、グエラと表記される事もある[要出典]

経歴[編集]

プロ入りとブレーブス傘下時代[編集]

2001年にフリーエージェントでアトランタ・ブレーブスと契約を結び、プロ入り[1]

2006年にプロデビューした。同年は、傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ブレーブスアパラチアンリーグのルーキー級ダンビル・ブレーブス英語版、A級ローム・ブレーブス英語版でプレーした[2]。3球団合計で18試合に登板し、0勝2敗・防御率6.59・18奪三振を記録した[2]。同年限りで退団した[要出典]

メッツ傘下時代[編集]

2008年は、ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ[要出典]

同年は、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級キングスポート・メッツ英語版、A-級ブルックリン・サイクロンズ、A級サバンナ・サンドナッツ英語版、A+級セントルーシー・メッツでプレーした[2]。4球団合計で18試合に登板し、1勝1敗2セーブ・防御率2.12・41奪三振を記録した[2]。同年限りで退団となる[要出典]

オフには、ハワイ・ウィンターリーグホノルル・シャークスへ派遣された[要出典]。ここでは、14試合に登板し、1勝1敗・防御率9.18・10奪三振を記録した[3]

ハワイでの活動終了後に、母国ベネズエラのウィンターリーグであるリーガ・ベネソラーナ・デ・ベイスボル・プロフェシオナルティブロネス・デ・ラ・グアイラでプレーした[4]。ここでは、4試合に登板し、0勝0敗・防御率15.75・2奪三振を記録した[4]

スペイン球界時代[編集]

2009年は、スペイン野球リーグであるディビシオン・デ・オナーC.B.S.サン・ボイと契約を結んだ[要出典]

オフには、前年同様にグアイラでプレーした[4]。ここでは、17試合に登板し、1勝2敗・防御率3.46・26奪三振を記録した[4]

2010年も、サン・ボイでプレーした。同年限りで、退団した[要出典]

オフには、前年同様に2年連続でグアイラでプレーした[4]。。ここでは、7試合に登板し、1勝1敗・防御率5.73・6奪三振を記録した[4]

ウィングナッツ時代[編集]

2011年は、独立リーグであるアメリカン・アソシエーションウィチタ・ウィングナッツ英語版と契約を結んだ[5]

同年は、20試合に先発登板し、9勝3敗・防御率3.75・103奪三振を記録した[3]。同年限りで、退団した[要出典]

オフには、前年同様に3年連続でグアイラでプレーした[4]。ここでは、14試合(1試合で先発)登板し、0勝0敗・防御率6.23・21奪三振を記録した[4]

メキシカンリーグ時代[編集]

2012年は、メキシカンリーグユカタン・ライオンズと契約を結んだ[要出典]

同年は、5試合に先発登板し、1勝3敗・防御率5.46・20奪三振を記録した[3]

同年限りで、退団した。

オフには、前年同様に4年連続でグアイラでプレーした。ここでは、15試合(4試合で先発)登板し、0勝1敗・防御率5.54・21奪三振を記録した[4]

ウィグナッツ復帰[編集]

2013年は、独立リーグであるアメリカン・アソシエーションの古巣・ウィチタ・ウィングナッツと契約を結び[6]2年振りにウィングナッツに復帰した。

同年は、21試合(19試合で先発)登板し、9勝4敗・防御率3.30・126奪三振を記録した[3]。同年限りで、退団した[要出典]

オフには、前年同様に5年連続でグアイラでプレーした。ここでは、10試合(2試合で先発)登板し、1勝2敗・防御率5.59・15奪三振を記録した[4]

サンマリノ時代[編集]

2014年は、イタリアンベースボールリーグT&Aサンマリノと契約を結んだ。同年限りで、退団した[要出典]

オフに、前年同様に6年連続でグアイラでプレーした[要出典]。ここでは、15試合に先発登板し、6勝4敗・防御率3.46・82奪三振を記録した[4]

ホワイトソックス時代[編集]

2015年は、シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだ[要出典]

同年は、開幕をマイナーで迎えた[要出典]6月7日ダン・ジェニングス故障者リスト入りに伴ってメジャー契約を結んで、メジャー昇格を果たした[7]6月12日タンパベイ・レイズ戦でメジャーデビューを果たし、史上18,516人目のメジャーリーガーとなった[1]。この年は3試合に投げ、防御率6.75という成績だった[要出典]

ブルワーズ時代[編集]

2015年10月7日ウェイバー公示を経てミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[8]

2016年は先発陣の一角として、20試合に先発登板[要出典]。防御率2.81・9勝3敗・WHIP1.13という好成績を残し、起用の期待に見事に応えた[要出典]

2017年開幕投手を務めたが、21試合登板(うち先発は14試合)で防御率5.12・1勝4敗・WHIP1.48と期待に応えられなかった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 CWS 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 18 4.0 7 1 1 1 0 3 0 0 3 3 6.75 2.00
2016 MIL 20 20 0 0 0 9 3 0 0 .750 492 121.2 94 10 43 2 3 100 7 1 40 38 2.81 1.13
2017 21 14 0 0 0 1 4 0 0 .200 314 70.2 61 18 43 0 4 67 5 0 44 40 5.12 1.48
MLB:3年 44 34 0 0 0 10 7 0 0 .588 824 196.0 162 29 87 3 7 170 13 1 87 81 3.72 1.27
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 63 (2015年)
  • 41 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b Baseball Reference (英語)
  2. ^ a b c d Junior Guerra stats MiLB.com (英語)
  3. ^ a b c d Baseball Reference (Minors) (英語)
  4. ^ a b c d e f g h i j k JUNIOR GUERRA (P) Venezuelan Professional Baseball League statistics (スペイン語)
  5. ^ Guerra, Long Balls Propel Wingnuts Final Spring Win The official site of Wichita Wingnuts (英語) (2015年5月10日) 2015年7月14日閲覧
  6. ^ Stalwart Hinson Completes Wingnuts' Roster The official site of Wichita Wingnuts (英語) (2015年5月14日) 2015年7月14日閲覧
  7. ^ White Sox place Jennings on DL; Purchase contract of Guerra from AAA Charlotte MLB.com White Sox Press Release (英語) (2015年6月7日) 2015年7月14日閲覧
  8. ^ Todd Rosiak (2015年10月7日). “Brewers claim pitcher Junior Guerra off waivers from White Sox”. Brewers Blog. Journal Sentinel. 2015年10月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]