ジム・コルボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジム・コルボーン
Jim Colborn
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンタ・ポーラ
生年月日 (1945-05-22) 1945年5月22日(72歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年
初出場 1969年7月13日
最終出場 1978年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
国際大会
代表チーム スコットランドの旗 スコットランド

ジェームズ・ウィリアム・コルボーン(James William Colborn。1945年5月22日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタ・ポーラ出身の元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチスカウト

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1945年にサンタ・ポーラ英語版で生まれ、サンタ・ポーラ高校を卒業[1]、在学中は生徒会長を務め、アメリカンフットボール、バスケットボール、野球の3競技を行っていた[2]

ウィッティア・カレッジ英語版に進学し社会学の学位を得た[3]。大学では、バスケットボールと野球を続けた[2]。在学中には、コペンハーゲン大学への留学経験がある[2]。卒業後、ワシントン大学の修士課程へ進み、エディンバラ大学に留学した[4]。エディンバラ大学では、バスケットボールと野球のスコットランド大学代表に選出された[5]

プロ入りとカブス時代[編集]

1966年、オランダで開催されたヨーロッパ学生オールスターゲームに出場し21三振を奪うが、その数日前にシカゴ・カブスが接触しており[6]、1967年6月19日フリーエージェント扱いで契約した[7]。当初シングルAのローダイ・クラッシャーズに所属していた。

1968年にはダブルA英語版サンアントニオ・ミッションズへ昇格した。

1969年、冬季のアリゾナ教育リーグ英語版を経てトリプルA英語版タコマ・カブスへ所属した[8]

1969年7月13日フィラデルフィア・フィリーズ戦でMLB初登板。先発投手として5回1/3イニングを投げ、勝利投手となった[9]。シカゴ・カブスでは、主にリリーフ投手として用いられ、先発を数試合こなす運用であった。

1970年8月14日ロサンゼルス・ドジャース戦で先発、ドン・サットンから初安打・初打点を記録している[10]

1971年には、タコマ・カブスへの降格もあった。

ブルワーズ時代[編集]

1971年12月3日にミルウォーキー・ブルワーズへトレードされた[7]

1973年同年のMLBオールスターゲームに選出されたが、出場機会はなかった[11]。同年、ミルウォーキー・ブルワーズ初の20勝投手となった[12]

1976年まで在籍したが、この3年間は負け越しが続いた、

ロイヤルズ時代[編集]

1976年12月6日カンザスシティ・ロイヤルズへトレードされた[7]

1977年5月14日、テキサス・レンジャース戦でノーヒットノーランを達成した[13]。この年、18勝を上げている。

1978年は、1勝を上げるも防御率は4.76と振るわなかった。

マリナーズ時代[編集]

1978年シーズン途中にシアトル・マリナーズへトレードされた[7]

マリナーズでは、防御率5.35、3勝10敗と結果を残せず、フリーエージェントとなったが、契約するチームは現れなかった[7]

引退後[編集]

1984年、トリプルAのアイオワ・カブスで投手コーチを3年務め、1987年から1989年には、シカゴ・カブス傘下のマイナーリーグの巡回コーチとなった[14]

1985年にはかつて所属したローダイ・クラッシャーズのベンチュラ郡への移転に係わっており[15]、自らの名前を付けたジム・コルボーン・ベースボール・リーグを主催している[16]

1990年から1993年には、オリックス・ブレーブス、オリックス・ブルーウェーブの投手コーチを務めた[14]

1994年からは、オークランド・アスレチックス傘下のシングルAチームウェストミシガン・ホワイトキャップス監督として2年、さらに1996年モデスト・ナッツ監督を経験した[14][3]

1997年からシアトル・マリナーズの環太平洋スカウトを4年間続けた。この時期にイチロー佐々木主浩の入団に係わっている[14][3][17]

1999年の映画ラブ・オブ・ザ・ゲームでは、3塁コーチとして出演している[18]

ジム・トレーシーの下で2001年から2005年まではロサンゼルス・ドジャース2006年2007年にはピッツバーグ・パイレーツの投手コーチとして働いた[14]2004年には、日米野球MLB選抜の投手コーチとして来日した[19]

2007年12月18日テキサス・レンジャースの環太平洋スカウト部長に就任[20]、2013年にはシニア・アドバイザーとなった[14]

2016年6月6日に第28回ハーレムベースボールウィークオーストラリア代表コーチを務めることが発表された[21]

詳細情報[編集]

通算成績[編集]





















































W
H
I
P
1969 CHC 6 2 0 0 0 1 0 0 - 1.000 65 14.2 15 2 9 1 1 4 0 1 6 5 3.07 1.636
1970 34 5 0 0 0 3 1 4 - 0.750 327 72.2 88 3 23 6 1 50 1 1 37 29 3.59 1.528
1971 14 0 0 0 0 0 1 0 - 0.000 50 10.1 18 1 3 0 0 2 0 0 8 8 6.97 2.032
1972 MIL 39 12 4 1 1 7 7 0 - 0.500 608 147.2 135 14 43 7 2 97 5 0 51 53 3.11 1.205
1973 43 36 22 4 3 20 12 1 - 0.625 1287 314.1 297 21 87 5 3 135 6 1 111 133 3.18 1.222
1974 33 31 10 1 1 10 13 2 - 0.435 938 224 230 27 60 4 6 83 3 0 101 104 4.06 1.295
1975 36 29 8 1 0 11 13 0 - 0.458 879 206.1 215 18 65 5 5 79 5 0 98 111 4.27 1.357
1976 32 32 7 0 2 9 15 0 - 0.375 937 225.2 232 20 54 9 2 101 6 2 93 97 3.71 1.267
1977 KCR 36 35 6 1 0 18 14 0 - 0.563 1023 239 233 22 81 2 13 103 8 3 96 106 3.62 1.314
1978 8 3 0 0 0 1 2 0 - 0.333 128 28.1 31 4 12 1 2 8 0 0 15 18 4.76 1.518
SEA 20 19 3 0 0 3 10 0 - 0.231 502 114.1 125 21 38 1 6 26 2 1 68 77 5.35 1.426
1978計 28 22 3 0 0 4 12 0 - 0.250 630 142.2 156 25 50 2 8 34 2 1 83 95 5.24 1.444
通算:10年 301 204 60 8 7 83 88 7 - .485 6744 1597.1 1619 675 153 475 41 41 688 36 675 750 3.80 1.311

出典:[7][13]

代表歴[編集]

  • 1966 ヨーロッパ学生オールスターゲーム スコットランド代表

コーチ歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ Dodger great Maury Wills featured guest at JCBL opening ceremonies”. サンタ・ポーラ・タイムズ (2009年7月1日). 2015年9月27日閲覧。
  2. ^ a b c Kimberly Rivers (2000年12月8日). “James William Colborn, Class of 1963”. サンタ・ポーラ・タイムズ. 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ a b c Jeffrey Wayne Maulhardt (2007). Baseball in Ventura County. Arcadia Publishing. pp. 73、93. ISBN 9780738547398. 
  4. ^ Peggy Kelly (2000年12月1日). “Santa Paula native Jim Colborn joins Dodgers as pitching coach”. サンタ・ポーラ・タイムズ. 2015年9月27日閲覧。
  5. ^ Jim Colborn”. BaseballLibrary.com (2006年). 2015年9月26日閲覧。
  6. ^ Doug Feldmann (2006). Miracle Collapse: The 1969 Chicago Cubs. ネブラスカ大学出版会. p. 167. ISBN 9780803220263. 
  7. ^ a b c d e f Jim Colborn Statistics and History”. Sports Reference. 2015年9月26日閲覧。
  8. ^ Jim Colborn Minor & Winter Leagues Statistics & History”. Sports Reference. 2015年9月26日閲覧。
  9. ^ July 13, 1969 Philadelphia Phillies at Chicago Cubs Box Score and Play by Play”. Sports Reference. 2015年9月26日閲覧。
  10. ^ August 14, 1970 Los Angeles Dodgers at Chicago Cubs Play by Play and Box Score”. Sports Reference. 2015年9月26日閲覧。
  11. ^ 1973 All-Star Game”. Baseball Almanac. 2015年9月26日閲覧。
  12. ^ Brewers Timeline”. ミルウォーキー・ブルワーズ. 2015年9月27日閲覧。
  13. ^ a b Jim Colborn Stats”. Baseball-Almanac. 2015年9月27日閲覧。
  14. ^ a b c d e f Jim Colborn - BR Bullpen”. Sports Reference. 2015年9月27日閲覧。
  15. ^ Jeanmarie Murphy (1985年3月28日). “AN ODD TRIO IS . . . : BUYING THE FARM : Two Former Major League Ballplayers and a Mortician Hope to Give Ventura County a Minor League Franchise”. ロサンゼルス・タイムズ. 2015年9月27日閲覧。
  16. ^ Jcbl”. Jim Colborn Baseball League. 2015年9月27日閲覧。
  17. ^ 野球関係者からのコメント”. 今任靖之. 2015年9月27日閲覧。
  18. ^ For Love of the Game (1999) - Full Cast & Crew”. インターネット・ムービー・データベース. 2015年9月27日閲覧。
  19. ^ 2004 日米野球 MLBオールスターチーム[1]
  20. ^ Rangers name Jim Colborn club's director of Pacific Rim operations”. テキサス・レンジャース (2007年12月18日). 2015年9月27日閲覧。
  21. ^ Team Australia squad announced for Honkbal Baseball Australia Southern Thunder (英語) (2016年6月6日) 2016年7月17日閲覧

関連項目[編集]