レオ・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴメス第二姓(母方の)はベレスです。
レオ・ゴメス
Leo Gómez
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区カナバナス
生年月日 (1966-03-02) 1966年3月2日(51歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 1985年
初出場 MLB / 1990年9月17日
NPB / 1997年4月4日
最終出場 MLB / 1996年9月29日
NPB / 2002年7月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

レオナルド・ゴメス・ベレスLeonardo Gómez Vélez , 1966年3月2日 - )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手内野手)。1997年より2002年まで中日ドラゴンズに所属した。

来歴・人物[ソースを編集]

ルイス・エルナエス・ネボネス高から1985年ボルチモア・オリオールズに入団。1990年メジャー初昇格。1996年シカゴ・カブスに移籍。

1997年中日ドラゴンズに入団。勝負強い打撃で主に4番打者として活躍し、1年目から打率.315、31本塁打の好成績を記録した。1999年には36本塁打、109打点で当時の球団外国人選手の最高成績(2006年にタイロン・ウッズが47本塁打、144打点で新記録をマーク)を収めてリーグ優勝に貢献した。特に優勝争いをしていた読売ジャイアンツ戦に強く、36本塁打の内、13本塁打を読売ジャイアンツの投手から放つ活躍をした。 2000年に「家族との時間を大切にしたい」という理由で一時退団した。しかし、翌年の中日は新外国人のティム・アンローオジー・ティモンズを含め打撃が振るわないことから、2001年シーズン途中に来日して復帰。2002年に引退。現役終盤は足やヒザの炎症に悩まされていたため、再入団後は一塁手での起用も多かった。

現在はボルチモア・オリオールズ傘下マイナー球団でコーチをしている。2010年8月17日オリオールズ対マリナーズ戦を星野仙一が訪問した際、再会を果たす。[1]

人物[ソースを編集]

趣味は水上オートバイである。

敬虔なクリスチャンでロッカーで聖書を読んでいたり、将来の夢は牧師になることと語る。また、試合前にグレゴリオ聖歌を聞き、心を落ち着けていた。

好調時はヒゲを伸ばし続けるジンクスを行っていた。

女優の武井咲はゴメスのファンであったことを公言している。そのため、2012年の開幕戦で武井が始球式を務めた際には、中日の応援団がゴメスの応援歌を演奏していた。なお、この応援歌はゴメス入団の前年に在籍していたダネル・コールズに使用されていたものの転用である。また、この年には10年ぶりに来日し、2012年11月29日TBS系列で放送された「ひみつの嵐ちゃん!」内のコーナー「シェアハウス」に宅配業者役で登場し、ゲスト出演していた武井と初めて対面した[2]

詳細情報[ソースを編集]

年度別打撃成績[ソースを編集]

















































O
P
S
1990 BAL 12 48 39 3 9 0 0 0 9 1 0 0 1 0 8 0 7 0 2 .231 .362 .231 .592
1991 118 445 391 40 91 17 2 16 160 45 1 1 5 7 40 0 2 82 11 .233 .302 .409 .711
1992 137 552 468 62 124 24 0 17 199 64 2 3 5 8 63 4 8 78 14 .265 .356 .425 .782
1993 71 284 244 30 48 7 0 10 85 25 0 1 3 2 32 1 3 60 2 .197 .295 .348 .644
1994 84 333 285 46 78 20 0 15 143 56 0 0 0 4 41 0 3 55 5 .274 .366 .502 .868
1995 53 149 127 16 30 5 0 4 47 12 0 1 0 2 18 1 2 23 0 .236 .336 .370 .706
1996 CHC 136 427 362 44 86 19 0 17 156 56 1 4 3 2 53 0 7 94 8 .238 .344 .431 .775
1997 中日 135 562 483 84 152 23 1 31 270 81 2 0 0 2 74 3 3 76 13 .315 .407 .559 .966
1998 116 488 420 57 115 14 0 26 207 76 1 1 1 5 57 7 5 66 10 .274 .363 .493 .856
1999 133 560 474 84 141 19 1 36 270 109 4 1 0 9 70 10 7 59 15 .297 .389 .570 .959
2000 122 509 440 59 127 19 1 25 223 79 1 2 1 5 57 8 5 75 18 .289 .373 .507 .880
2001 88 343 291 30 89 13 0 19 159 61 0 0 1 4 47 5 0 35 10 .306 .398 .546 .944
2002 66 279 247 34 66 10 0 16 124 43 0 0 0 2 29 4 1 39 4 .267 .344 .502 .846
MLB:7年 611 2238 1916 241 466 92 2 79 799 259 4 10 17 25 255 6 25 399 42 .243 .336 .417 .753
NPB:6年 660 2741 2355 348 690 98 3 153 1253 449 8 4 3 27 334 37 21 350 70 .293 .382 .532 .914
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[ソースを編集]

NPB

記録[ソースを編集]

NPB

背番号[ソースを編集]

  • 15 (1990年)
  • 11 (1991年)
  • 10 (1991年 - 1995年)
  • 12 (1996年)
  • 4 (1997年[3] - 2002年)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ sanspo.com
  2. ^ 武井咲 憧れの元中日ゴメス氏と夢の共演 「ひみつの嵐ちゃん!」 中日スポーツ 2012年11月21日
  3. ^ ** 一旦背番号4番で入団発表していた筒井壮内野手は、37番に変更した。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]