読売ジャイアンツ歴代4番打者一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

読売ジャイアンツ歴代4番打者一覧(よみうりジャイアンツれきだいよばんだしゃいちらん)は、日本プロ野球球団である読売ジャイアンツ(以下特記を除き「巨人」と称す)が4番打者を、独自の基準で選別して一覧化しているものである。

野球の打順について、日本ではいわゆる「クリーンナップ」の中心となる4番にチーム最強の打者を置くことが多く見られ、同球団については、球団の歴史として関連データを記録・整理し、公表されている。

巨人はこの歴代4番打者には独自基準を設けており、公式試合の打順で4番打者となった選手が全て含まれているわけではなく、以下の2ケースを除外して掲載されている。

  1. 試合の途中から4番に入ったケース
  2. 先発に名前を連ねただけの偵察メンバーのケース(この場合次に4番に入る選手を先発扱いとする)

この歴代4番打者という概念は現在スポーツ報道でも見られる[1]

なお、この「歴代4番打者」という表現を、球団や報道機関などが積極的かつ公式に使用しているのは読売ジャイアンツだけであり、他の11球団では「歴代4番打者」という概念が公式に表された形での存在の形跡は見られない[2]

歴史[編集]

黎明期[編集]

球団創設時の中心選手だった第3代4番の中島治康は、1938年秋に打率.361、本塁打10、打点38の成績で史上初の三冠王に輝いた。

川上時代[編集]

戦前から戦後にかけて、「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治が巨人の第7代4番として1658試合(歴代最多。他チームを含めた4番打者の出場数で見ても2259試合の野村克也、1734試合の落合博満に次ぐ。通算出場1979試合の83.8%に相当。)で4番を務め、数々の打撃タイトルを獲得した。

一方で兵役で川上がいなかった1943年から1946年途中には投手の名前も見られる。これは戦争の影響による選手不足が主な原因であり、例えば11代ヴィクトル・スタルヒン、12代近藤貞雄が4番に入った1944年には前年在職35名中休職16名の状況からさらに3名の退団者と10名の入営者を出し、解散した球団から譲り受けた選手と新人選手で何とかメンバーを組んでいる状態だった[3]

王・長嶋(ON)時代(V9時代)[編集]

1958年に第25代4番となる長嶋茂雄が入団。同年8月6日の対広島カープ戦で初めて4番に座ると以後は長嶋が4番に固定され、新しい時代を迎えることとなる。翌1959年には後に第28代4番となる王貞治が入団。1962年の開幕戦で初の4番に座ると以後は長嶋と王が交互に4番に座り、「ON砲」と呼ばれた。通算で長嶋は1460試合、王は1231試合で4番を任され、巨人のV9時代の中心を担った。ただし、長嶋の現役中は4番を長嶋が打つ事が多く、王が4番の出場数で長嶋を上回ったのは、終盤に長嶋が怪我をしてしまい、また王自身も初の三冠王を獲得した1973年が初めてであった。

そのV9時代の初期の頃には、試合数こそ少ないが、32代吉田勝豊、33代田中久寿男、34代高倉照幸、35代森永勝也ら移籍選手の名前が連なる。当時の打線補強の形跡が垣間見られる(参考[4])。

この時代、長嶋と王が怪我や調整等でスタメンを外れた試合以外で4番打者に座ったのは、36代柴田勲のみである。

その後、1971年から1973年の3シーズンは新たに4番打者がなく、打線の中軸の固定化が見られる。1974年に長嶋が引退し、以後は主に王が4番を務めた。1976年から1979年にかけては日本ハムファイターズからトレード移籍してきた第39代張本勲が王と3、4番を組んだ(OH砲)。

原時代[編集]

1980年に王が引退した後、1980年代から1990年代初頭にかけては、「若大将」と呼ばれた第48代原辰徳が中心の時代になる。「ONの後継者」というプレッシャーに耐え、原は4番打者として1066試合に出場し、382本の本塁打数を記録した。その原を支えるように、45代中畑清と50代ウォーレン・クロマティが同じ時期にそれぞれ200試合近く4番を務めた。

原は1995年10月8日の東京ドームでの対広島戦終了後に実施した引退セレモニーで「巨人軍には独特の何人も侵すことのできない聖域がある」と「巨人で4番を打つこと」を独特の表現で言い表している[要出典]

FA制度導入から2005年まで[編集]

1993年シーズン終了後からプロ野球ではフリーエージェント(FA)制度が導入され、同制度を活用した選手獲得に積極的な方針をとった巨人では4番の流れも大きく変わることとなった。元々張本を筆頭に他球団からトレードで4番に据えられるだけの大物選手を獲得する事は珍しくなかったが、それにFA制度の獲得も加わり、さらには他球団で活躍していた外国人選手の契約期間が満了して自由契約となると彼らも積極的に獲得するようになった。

落合時代[編集]

端緒となったのは、1994年に球団史上初のFA入団選手となった落合博満である。中日ドラゴンズからFA移籍してきた落合は、1994年から1996年までの3年間、第60代の4番打者として331試合で4番を務めた。落合が在籍した3年間で2度のリーグ制覇を果たした。 1995年には史上最年長で首位打者争いを繰り広げ、8月31日時点で打率.332、最終的にはシーズン打率.311(リーグ4位)本塁打17本65打点をマーク。 翌1996年は、8月31日に野口茂樹から受けた左手首への死球により残りのシーズンを棒に振ったが、打率.301本塁打21本86打点を残し、満43歳になる年における成績としてはNPB史上最高数値となる成績を残した[要出典]。 更に巨人軍史上においても、この落合博満が現在においても巨人軍史上最年長4番打者(1996年8月31日42歳8ヶ月)であり、その記録を保持している。

松井・清原・高橋(MKT)時代[編集]

1996年オフに落合が退団し、入れ替わるように西武ライオンズからFAで清原和博が入団。1997年から2004年頃までは62代松井秀喜、64代清原、66代高橋由伸の3人が主に4番打者を務めることとなった。松井は入団3年目の1995年に初めて4番に座り、翌1996年も開幕当初は4番を務めたがシーズン途中から4番を落合に譲り3番に回っていた。その後1999年まで、清原や高橋、67代ドミンゴ・マルティネスらが4番を打ったこともあった。各種報道等によれば長嶋監督の「次に松井を4番に据える時は、松井一本で行くとき」という方針によるものであり、大きく育てたい思いからであった[要出典]。松井はその後、2000年の開幕戦で4番に座り、以後2002年までの3年間全試合4番としてフルイニング出場を果たし、2度の日本一に貢献した。2002年オフに松井がFA権を行使してニューヨーク・ヤンキースに移籍してからは高橋らが4番に置かれたが、4番固定には至らなかった。

またこの時期は、(松井が4番に固定された3年間を除き)4番打者が乱立した時代でもある。そのメンバーにはFA制度を利用してヤクルトスワローズから61代広澤克実西武ライオンズから64代の清原、トレードによって近鉄バファローズから65代石井浩郎福岡ダイエーホークスから69代小久保裕紀、他球団で活躍した外国人選手として西武(西武自由契約後、メキシカンリーグを経て)から67代のマルティネス、ヤクルトから68代ロベルト・ペタジーニと、他球団に所属経験のある選手が多くみられた。彼らのほとんどは4番打者として長期間起用され続けるには至らなかったが、2004年シーズン後半から2005年にかけては小久保が4番に座り、ようやく一定の安定をみることとなった。

第2次原辰徳体制以降(2006年〜)[編集]

李承燁[編集]

2006年に原が監督(第2次)に就任すると、千葉ロッテマリーンズから自由契約で移籍した第70代李承燁を開幕から4番に据え、各1試合ずつ第71代二岡智宏、小久保、高橋が入っただけで打線を固定化した。

2007年前半も李が4番に座ったが、シーズン中盤には第72代として阿部慎之助が、後半戦になってからは第73代としてこの年日本ハムからFA移籍した小笠原道大が4番を務め、シーズン最終盤では李が4番に戻った。2007年7月29日広島東洋カープ戦はその時点で巨人に在籍していた歴代4番経験者全員が本塁打を放ち(66代高橋ソロ本塁打、70代李ソロ本塁打、71代二岡ソロ本塁打、72代阿部ソロ本塁打と2ラン本塁打、73代小笠原3ラン本塁打)、その得点のみで9-0で勝利するという珍しい試合となった。なおこの試合の4番は小笠原だった。

ラミレス[編集]

2008年も当初は李が4番を務めたが、後にヤクルトから移籍の74代アレックス・ラミレスが4番に固定された。ラミレスは2009年2010年は全試合4番スタメンで出場。2011年7月13日阪神タイガース戦まで469試合連続で4番スタメンを守ったが、この試合で受けた死球の影響で翌14日はスタメンを外れ、75代長野久義が初の4番となった。ラミレスは2011年オフに退団。

阿部慎之助[編集]

ラミレスの退団以降、チームの核となったのが阿部慎之助であった。2012年は阿部がチーム史上初めて「4番・捕手」として開幕戦に出場、しばらく阿部が4番を務めた後、横浜から移籍の村田修一が76代の4番となったが、同年後半からは阿部が4番で固定され、阿部の休養時のみ村田や高橋、2013年にはホセ・ロペス(77代)、ジョン・ボウカー(78代)など、助っ人が4番に座った。

2013年8月24日、横浜DeNAベイスターズ戦でこれまで4番で固定されていた阿部が約1年ぶりに4番を降り「3番・捕手」、代わってこの8月の月間MVPを受賞する好調さを見せていた村田が「4番・三塁手」として出場した。

2014年から2015年にかけては阿部・村田の不調や怪我が重なったことから、2014年にはレスリー・アンダーソン(79代)、フレデリク・セペダ(80代)、など新戦力やベテランの高橋、リーグ優勝決定後には大田泰示(81代)がそれぞれ座り、2015年には阿部が離脱、村田はさらなる不調に見舞われ、坂本勇人(82代)が4番を務めた。しかし、その坂本も故障で離脱すると、中井大介(83代)、亀井善行(84代)と矢継ぎ早に新4番を任命された。しかし、シーズンを通してみれば、4番としての最多出場は阿部が守った格好となった。

2016年は阿部はコンディション不良によって2軍調整となり、高橋監督は新外国人のギャレット・ジョーンズ(85代)に開幕4番を託す。その後、セ・パ交流戦の時期からギャレットに代わり長野が4番を務めていた。しかし、オールスター明け数試合後の打順の見直しにより長野は1番打者に回り、4番にはセ・パ交流戦から復帰していた阿部が返り咲く。阿部は終盤の消化試合2試合を除いて4番を守り抜き、シーズン通算での4番としての最多出場を維持した。

成績[編集]

歴代選手の4番での打撃成績は以下の通り。


選手
期間
試合
打数
安打
本塁打
打点
打率
1 ながさわ/永沢富士雄 1936夏 1 3 0 0 0 .000
2 いとう/伊藤健太郎 1936夏-1943 17 62 14 1 8 .226
3 なかじま/中島治康 1936夏-1948 410 1648 467 34 266 .283
4 つつい/筒井修 1936秋 6 22 3 0 2 .136
5 まえかわ/前川八郎 1937秋 1 2 0 0 0 .000
6 みずはら/水原茂 1937秋 4 15 2 1 2 .133
7 かわかみ/川上哲治 1939-1958 1658 6420 2034 162 1130 .317
8 あおた/青田昇 1943-1952 47 185 39 1 31 .211
9 こぐれ/木暮力三 1943 11 35 5 0 1 .143
10 なかむら/中村政美 1943-1944 27 100 22 1 14 .220
11 スタルヒン/ヴィクトル・スタルヒン 1944 1 5 1 0 0 .200
12 こんどう/近藤貞雄 1944 2 8 2 0 1 .250
13 かわばた/川畑博 1944 6 22 3 0 0 .136
14 くろさわ/黒沢俊夫 1946 37 136 38 0 18 .279
15 こまつばら/小松原博喜 1947 1 4 2 0 0 .500
16 ひらやま/平山菊二 1948 3 11 2 0 2 .182
17 うの/宇野光雄 1951-1953 7 23 5 0 1 .217
18 みなみむら/南村不可止 1951-1952 17 74 20 0 12 .270
19 てづか/手塚明治 1953-1954 5 13 3 0 1 .231
20 みやもと/宮本敏雄 1955-1961 21 71 14 1 5 .197
21 ひがさ/樋笠一夫 1955 4 13 3 0 2 .231
22 ふじお/藤尾茂 1955-1961 13 47 10 2 7 .213
23 かしわえだ/柏枝文治 1955 2 7 0 0 0 .000
24 よなみね/与那嶺要 1958 35 118 34 6 19 .288
25 ながしま/長嶋茂雄 1958-1974 1460 5396 1694 314 1075 .314
26 さかざき/坂崎一彦 1959-1962 12 44 10 2 4 .227
27 くにまつ/国松彰 1960-1968 4 14 3 0 2 .214
28 おう/王貞治 1962-1980 1231 3994 1258 392 1009 .315
29 いけざわ/池沢義行 1963 1 2 0 0 1 .000
30 もり/森昌彦 1964-1965 6 23 6 0 7 .261
31 あいば/相羽欣厚 1965 4 15 6 1 3 .400
32 よしだ/吉田勝豊 1965 1 4 1 0 0 .250
33 たなか/田中久寿男 1967 2 9 3 0 0 .333
34 たかくら/高倉照幸 1967 3 11 2 0 2 .182
35 もりなが/森永勝也 1967 1 3 0 0 0.000
36 しばた/柴田勲 1969 1 3 1 1 2 .333
37 すえつぐ/末次利光 1970-1975 15 59 11 3 6 .186
38 やなぎだ/柳田俊郎 1974 1 1 1 0 0 1.00
39 はりもと/張本勲 1976-1979 126 445 140 27 78 .315
40 あわぐち/淡口憲治 1976 1 1 0 0 0 .000
41 ジョンソン/デーブ・ジョンソン 1976 4 13 2 1 2 .154
42 シピン/ジョン・シピン 1978-1979 52 192 61 12 38 .318
43 やまもと/山本功児 1979-1980 7 29 11 2 6 .379
44 ホワイト/ロイ・ホワイト 1980-1982 77 274 73 11 43 .266
45 なかはた/中畑清 1981-1988 219 850 242 44 147 .285
46 トマソン/ゲーリー・トマソン 1981 26 96 23 3 11 .240
47 まつばら/松原誠 1981 1 2 0 0 0 .000
48 はら/原辰徳 1982-1995 1066 3940 1099 255 729 .279
49 スミス/レジー・スミス 1983-1984 30 98 26 12 27 .265
50 クロマティ/ウォーレン・クロマティ 1984-1990 174 658 219 32 121 .333
51 台湾/ロ/呂明賜 1988 2 6 1 0 0 .167
52 こまだ/駒田徳広 1988-1992 34 133 50 7 14 .376
53 よしむら/吉村禎章 1990-1998 32 114 30 3 21 .263
54 ブラウン/マイク・ブラウン 1990 1 4 1 0 0 .250
55 ブラッドリー/フィル・ブラッドリー 1991 3 12 0 0 0 .000
56 モスビー/ロイド・モスビー 1992-1993 12 43 8 1 7 .186
57 バーフィールド/ジェシー・バーフィールド 1993 22 74 15 4 8 .203
58 おかざき/岡崎郁 1993 3 12 3 0 1 .250
59 おおくぼ/大久保博元 1993 2 7 1 1 1 .143
60 おちあい/落合博満 1994-1996 331 1149 335 48 199 .292
61 ひろさわ/広沢克実 1995-1998 56 204 56 13 38 .275
62 まつい/松井秀喜 1995-2002 470 1660 535 138 349 .322
63 マック/シェーン・マック 1996 18 71 20 4 13 .282
64 きよはら/清原和博 1997-2005 297 1039 259 67 213 .249
65 いしい/石井浩郎 1997-1999 35 126 35 0 16 .278
66 たかはし/高橋由伸 1999-2014 127 493 142 30 81 .288
67 マルティネス/ドミンゴ・マルティネス 1999 63 228 71 12 48 .311
68 ペタジーニ/ロベルト・ペタジーニ 2003-2004 76 253 81 24 60 .320
69 こくぼ/小久保裕紀 2004-2006 172 651 184 40 108 .283
70 韓国/イ/李承燁 2006-2008 233 881 256 57 154 .291
71 におか/二岡智宏 2006 1 3 0 0 0 .000
72 あべ/阿部慎之助 2007- 494 1751 506 94 337 .289
73 おがさわら/小笠原道大 2007 38 148 43 7 24 .291
74 ラミレス/アレックス・ラミレス 2008-2011 511 1978 610 139 407 .308
75 ちょうの/長野久義 2011- 73 278 70 6 26 .252
76 むらた/村田修一 2012-2017 161 602 167 17 81 .277
77 ロペス/ホセ・ロペス 2013-2014 3 11 1 0 0 .091
78 ボウカー/ジョン・ボウカー 2013 1 1 0 0 0 .000
79 アンダーソン/レスリー・アンダーソン 2014-2015 16 56 19 2 9 .339
80 セペダ/フレデリク・セペダ 2014 18 53 9 3 11 .170
81 おおた/大田泰示 2014 12 47 17 0 3 .362
82 さかもと/坂本勇人 2015 48 173 47 5 28 .272
83 なかい/中井大介 2015 1 2 0 0 0 .000
84 かめい/亀井善行 2015 17 63 16 1 7 .254
85 ギャレット/ギャレット・ジョーンズ 2016 41 144 31 7 21 .215
86 クルーズ/ルイス・クルーズ 2016 9 37 11 1 5 .297
87 マギー/ケーシー・マギー 2017- 19 72 19 2 8 .264
88 ゲレーロ/アレックス・ゲレーロ 2018-
89 岡本和真/岡本和真 2018-
  1. 太字の選手は2018年シーズン時の巨人在籍選手。
  2. 期間は最初に4番を務めた年と最後に4番を務めた年を示す。
  3. 成績は、2017年シーズン終了時。

初めて4番に起用した監督[編集]

巨人での初試合で4番に起用された選手[編集]

各年度の歴代4番打者[編集]

各年度の開幕4番打者とシーズンを通して最も多くの試合で4番を務めた打者は次の通り。

年度 開幕4番 最多4番
1936年夏 一塁・永沢富士雄 中島治康
1936年秋 - 1940年 右翼・中島治康 中島治康
1937年春 右翼・中島治康 中島治康(全試合4番スタメンで出場)
1937年秋 右翼・中島治康 中島治康
1938年春 右翼・中島治康 中島治康(全試合4番スタメン)
1938年秋 右翼・中島治康 中島治康
1939年 右翼・中島治康 中島治康
1940年 右翼・中島治康 中島治康
1941年 一塁・川上哲治 川上哲治
1942年 一塁・川上哲治 川上哲治
1943年 一塁・伊藤健太郎 青田昇
1944年 三塁・中村政美 中村政美
1946年 左翼・黒沢俊夫 川上哲治
1947年 一塁・川上哲治 川上哲治
1948年 一塁・川上哲治 川上哲治
1949年 一塁・川上哲治 川上哲治(全試合4番スタメンで出場)
1950年 一塁・川上哲治 川上哲治
1951年 三塁・宇野光雄 川上哲治
1952年 一塁・川上哲治 川上哲治
1953年 一塁・川上哲治 川上哲治
1954年 一塁・川上哲治 川上哲治
1955年 一塁・川上哲治 川上哲治
1956年 一塁・川上哲治 川上哲治
1957年 一塁・川上哲治 川上哲治
1958年 一塁・川上哲治 長嶋茂雄
1959年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1960年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1961年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1962年 一塁・王貞治 長嶋茂雄
1963年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1964年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1965年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1966年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1967年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1968年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1969年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1970年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1971年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1972年 三塁・長嶋茂雄 長嶋茂雄
1973年 三塁・長嶋茂雄 王貞治
1974年 三塁・長嶋茂雄 王貞治
1975年 右翼・末次利光 王貞治
1976年 一塁・王貞治 王貞治
1977年 一塁・王貞治 王貞治
1978年 一塁・王貞治 王貞治
1979年 一塁・王貞治 王貞治
1980年 一塁・王貞治 王貞治
1981年 中堅・ホワイト 中畑清
1982年 一塁・中畑清 中畑清
1983年 三塁・原辰徳 原辰徳
1984年 三塁・原辰徳 中畑清
1985年 三塁・原辰徳 原辰徳
1986年 三塁・原辰徳 原辰徳
1987年 中堅・クロマティ 原辰徳
1988年 三塁・原辰徳 原辰徳
1989年 左翼・原辰徳 原辰徳
1990年 左翼・原辰徳 原辰徳
1991年 左翼・原辰徳 原辰徳
1992年 一塁・原辰徳 原辰徳
1993年 三塁・原辰徳 原辰徳
1994年 一塁・落合博満 落合博満
1995年 一塁・落合博満 落合博満
1996年 右翼・松井秀喜 落合博満(8月31日、42歳8ヶ月で史上最年長4番)
1997年 一塁・清原和博 清原和博
1998年 中堅・松井秀喜 清原和博
1999年 一塁・清原和博 マルティネス
2000年 中堅・松井秀喜 松井秀喜3年間全試合フルイニング4番で出場
2001年 中堅・松井秀喜 松井秀喜3年間全試合フルイニング4番で出場
2002年 中堅・松井秀喜 松井秀喜3年間全試合フルイニング4番で出場
2003年 中堅・高橋由伸 ペタジーニ
2004年 右翼・高橋由伸 高橋由伸
2005年 一塁・清原和博 小久保裕紀
2006年 一塁・李承燁 李承燁
2007年 一塁・李承燁 李承燁
2008年 一塁・李承燁 ラミレス
2009年 左翼・ラミレス ラミレス(全試合4番スタメンで出場)
2010年 左翼・ラミレス ラミレス(全試合4番スタメンで出場)
2011年 左翼・ラミレス ラミレス
2012年 捕手・阿部慎之助 阿部慎之助
2013年 捕手・阿部慎之助 阿部慎之助
2014年 三塁・村田修一 阿部慎之助
2015年 一塁・阿部慎之助 阿部慎之助
2016年 一塁・ギャレット 阿部慎之助
2017年 一塁・阿部慎之助 阿部慎之助
2018年 左翼・ゲレーロ 岡本和真

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長野久義が4番となった試合を報じる以下の新聞記事では「75代の4番」「75代目の4番」などと伝えている。
  2. ^ ただしメディアによる使用例としては、阪神タイガースについて「○○代4番」と報じた以下のような新聞記事もある。 いずれも、関本賢太郎について阪神の「92代の4番」であることを伝えたものである。
  3. ^ 前掲『ジャイアンツの歴史』p.147、148
  4. ^ 上前淳一郎 巨人軍陰のベストナイン 角川文庫 ISBN 978-4-04-326902-0
  5. ^ 代行監督時代の1960年10月3日に4番デビューを果たした27代国松彰を含む。
  6. ^ カメラマン暴行事件で謹慎していた1960年10月3日に4番デビューを果たした27代国松彰は含めない。

外部リンク[編集]

歴代4番打者&成績スポーツ報知より)