樋笠一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
樋笠 一夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 香川県坂出市
生年月日 1920年3月20日
没年月日 (2007-06-17) 2007年6月17日(満87歳没)
身長
体重
175 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1950年
初出場 1950年3月10日
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

樋笠 一夫(ひがさ かずお、1920年3月20日 - 2007年6月17日)は、香川県坂出市出身の元プロ野球選手外野手)・コーチ

経歴[編集]

旧制高松中学時代に出場した1934年第20回全国中等学校優勝野球大会ではベスト8まで進出するが、準々決勝で川上哲治を擁する熊本工に敗れた。中学卒業後は陸軍騎兵学校へ進んで[1]職業軍人の道を歩み、陸軍大尉まで昇進[2]。戦時中は南方方面の輸送指揮官としてタイバンコクまで軍馬200頭を輸送した。戦後は広島鉄道局三井鉱山美唄でプレーしたのち、地元・香川の尽誠学園高等学校で監督を務める一方、社会体育珠算教師も務めた[3]

1949年暮れに、広島カープ初代監督・石本秀一の命を受けた樋笠より2学年上の中山正嘉の勧誘を受ける。中山の「俺は32歳になるが、今度広島に出来る球団に入る。男は30歳で勝負だ」との言葉に動かされ、1950年に広島へ入団する[3]。新人ながらクリーンナップを打ち、打率こそ.219ながら、白石勝巳を1本上回る21本塁打に72打点でチーム二冠王となった。

当初は1年契約だったが、球団は樋笠の活躍を評価して契約更改第1号に指名するが、樋笠は広島を退団。地元に戻り、坂出市で友人と「樋笠しょうゆ製造業」の経営を始める[4]。しかし、読売ジャイアンツから熱心な勧誘を受け、1951年6月に入団する。この時、広島で地元ファンから「四番打者が広島を見捨てるのか」という反発が起きたことから、巨人は見返りとして石本秀一の秘蔵っ子であった[5]山川武範を広島にトレードした。

当時の巨人外野陣は青田昇与那嶺要南村侑広らで充実していたことから樋笠は控えに回ることが多く、やがて代打の切り札として存在感を高めていく。1952年には代打として31回起用され、26打数9安打の打率.346でリーグトップの代打成功率を収めている[6]。それでも、1953年に青田昇が大洋ホエールズに移ると、若い岩本尭とレギュラーを争って外野手として100試合近くの出場を果たし、1953年は12本、1954年は11本と2年連続で二桁本塁打を記録した。その後は代打での出場が主となるが、1956年3月には中日ドラゴンズ杉下茂から日本プロ野球史上初の代打逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、さらに4月には大阪タイガース小山正明からシーズン2本目となる代打サヨナラ本塁打を打っている[7]1957年引退。

引退後はヤシカ監督(1958年)、近鉄バファロー一軍打撃コーチ(1960年 - 1961年)を務めた。その後は浪速短期大学広報マスコミ課を受講し、球界を離れて巨人の橋本道淳球団代表の紹介で第一広告社に入社。更生部長などを歴任し、1975年に定年退職するまで勤務[8]1977年には東京都月島のイヌイ運送に入社して総務、業務部長、常務取締役を歴任。1988年退職。得意先に出向くと必ず「あのホームラン」の話が出て、商談がスムーズに進んだという。

2007年6月17日死去。87歳没。

日本プロ野球史上初の代打逆転サヨナラ満塁本塁打[編集]

1956年3月25日後楽園球場で行われた対中日ドラゴンズ戦、巨人は中日の先発大矢根博臣から9安打を放ちながら無失点に抑えられ、杉山悟の本塁打などで0対3とされ、迎えた9回裏、無死一、二塁として中日は杉下茂をリリーフに送る。広岡達郎のダブルプレーと思われた当たりを野手がファンブルして満塁とし、続く藤尾茂が三振に倒れ、1死満塁となった場面で、打席に投手の義原武敏の場面で水原茂監督は代打に樋笠を送った。「杉下は必ず直球で勝負する」と読んでいた樋笠は、第3球目の内角高めのストレートを左中間スタンドへ、日本プロ野球史上初となる「代打逆転サヨナラ満塁本塁打」を放った。ホームイン後、桶笠はナインから胴上げされている。スコアは4対3[9]。日本プロ野球ではその後桶笠を入れて8例「代打逆転サヨナラ満塁本塁打」を記録している。このうち3点差をひっくり返したいわゆる「釣り銭無し」は他には2001年の北川博敏藤井康雄がいる。

選手としての特徴[編集]

代打の準備として、以下の取り組みを行っていたという。

  • 試合中にベンチにを下ろすことなく、打席と同じような視線をつくるため立ったまま試合を見て、の前で素振りをして出番に備えていた。
  • ネクストバッターズサークルでは、必ず右のみ地面に突いて、投球のタイミングを計るために左膝は立てていた[10]

人物[編集]

伝統的な服装を好み、ユニフォームズボンの下は一丁で、代打逆転サヨナラ満塁本塁打を打った際も、褌を着用していた[11]。また、丹前を着込んで、30㎝もあるキセル紙巻きたばこを差して、悠々と多摩川土手を散歩していたという[12][13]

「何事も積極的であれば道は開かれる」を身上とした。1954年アメリカ遠征で、チームメイトたちは英語を話せる与那嶺要を道案内に集団でストリップ小屋に繰り出したところ、樋笠は英語も話せず地理も不案内な中を一人で乗り込んで齧り付きで鑑賞しており、チームメイトはみなその行動力に驚いたという[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 広島 133 551 494 61 108 17 5 21 198 72 10 8 1 -- 54 -- 2 52 19 .219 .298 .401 .699
1951 巨人 31 55 46 12 17 3 0 3 29 8 1 4 1 -- 8 -- 0 6 8 .370 .463 .630 1.093
1952 47 79 69 9 16 3 1 3 30 13 3 0 1 -- 9 -- 0 13 2 .232 .321 .435 .756
1953 96 311 270 45 69 12 0 12 117 42 5 5 0 -- 41 -- 0 39 5 .256 .354 .433 .787
1954 92 296 254 33 54 7 0 11 94 32 4 2 1 2 38 -- 1 44 10 .213 .315 .370 .685
1955 69 184 169 13 38 5 2 2 53 20 2 1 2 1 12 0 0 25 9 .225 .275 .314 .589
1956 61 53 49 8 9 0 0 2 15 7 0 1 0 0 4 0 0 14 1 .184 .245 .306 .551
1957 19 28 25 0 4 1 0 0 5 0 0 2 1 0 2 0 0 6 1 .160 .222 .200 .422
通算:8年 548 1557 1376 181 315 48 8 54 541 194 25 23 7 3 168 0 3 199 47 .229 .314 .393 .707

背番号[編集]

  • 10 (1950年)
  • 24 (1951年 - 1957年)
  • 40 (1960年 - 1961年)

脚注[編集]

  1. ^ 人名録、書籍によっては「陸軍士官学校卒業」としているものもある
  2. ^ 『巨人軍の男たち』149頁
  3. ^ a b 『背番号の消えた人生』298頁
  4. ^ 『背番号の消えた人生』298頁
  5. ^ 『背番号への愛着』174頁
  6. ^ 日本野球機構オフィシャルサイト 2013年度セントラルリーグ記録集 代打成績
  7. ^ 『1997 ベースボール・レコードブック』848頁
  8. ^ 『背番号の消えた人生』301頁
  9. ^ 【3月25日】1956年(昭31) 樋笠一夫 史上初の代打逆転サヨナラ満塁弾 - スポニチ
  10. ^ 『背番号の消えた人生』302頁
  11. ^ 『巨人軍の男たち』148頁。なお、同著では著者がプロ野球選手となった戦前の1938年であっても褌を着用している選手はいなかったとしている。
  12. ^ 『背番号の消えた人生』292頁
  13. ^ a b 『巨人軍の男たち』148頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]