呂明賜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呂 明賜
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台湾の旗 台湾高雄市
生年月日 1964年10月30日(52歳)
身長
体重
178 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手捕手
初出場 NPB /1988年6月14日
CPBL /1992年3月19日
TML /1997年
最終出場 NPB /1991年
CPBL /1996年10月21日
TML /2000年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
呂明賜
ルー・ミンスー
プロフィール
出生: 1964年10月30日
出身地: 台湾の旗 台湾
職業: プロ野球選手外野手
各種表記
繁体字 呂明賜
簡体字 呂明赐
拼音 Lǚ Míngcì
和名表記: ろ めいし
英語名 Ming-Soo Ro
テンプレートを表示

呂 明賜(ルー・ミンスー、ろ めいし、1964年10月30日 - )は、台湾高雄市出身の元プロ野球選手外野手捕手)、野球中華民国代表監督。右投げ右打ち。日本および台湾のプロ野球で活躍した。

来歴・人物[編集]

台湾の中国文化大学から1988年ドラフト外日本野球機構読売ジャイアンツに入団。呂が1年目につけていた背番号97は、入団時の体重が97kgだったことに由来するが、読売ジャイアンツ在籍の2年目(1989年)以降、背番号を12に変更している。当時、巨人にはウォーレン・クロマティビル・ガリクソンといった元メジャーリーグ選手の外国人選手が在籍していたため、第3の外国人の扱い(当時の日本プロ野球では、出場選手登録できる外国人は1球団につき2人まで)だった。そのため、最初は二軍生活を送った。

ところが、6月に行われた阪神甲子園球場の対阪神タイガース戦で、クロマティが死球を受け右手小指を骨折し離脱したことに伴い、初めて一軍に昇格すると、6月14日明治神宮野球場の対ヤクルトスワローズ戦で、初回にボブ・ギブソンから初打席初本塁打を記録。デビュー9試合で36打数12安打7本塁打(またデビュー17試合で10本塁打)と大暴れし、その年のジュニアオールスターゲームオールスターゲーム(監督推薦)の両方に出場する。当時はオールスターゲームの外国人枠は2人だったが、急遽3人に増設されたほどであった。後半戦は疲労や弱点(内角の速球)を読まれ始めたことが原因で成績が落ちたが、最終的には本塁打を16本放ち、前傾姿勢の打撃フォームから繰り出される豪快な一打から、「アジアの大砲」「怪物」(当時の日刊スポーツコラムより)と評された。元々は捕手のため強肩で、同年にはライトゴロで打者を一塁アウトにした事がある。

しかし翌年の1989年には、クロマティが復帰し他にガリクソン('89年)やマイク・ブラウン1990年)といったほかの外国人選手との外国人枠の兼ね合い、起用方針が若手選手主体に転換されたため二軍暮らしが続き、出場機会に恵まれないままファーム日本選手権MVP獲得直後の1991年のシーズンオフに退団。

1992年、母国のリーグ中華職棒味全ドラゴンズに入団し、持ち前の長打力を遺憾なく発揮し主力打者として活躍した。1997年に台湾プロ野球が内部分裂し、台湾大聯盟に引き抜かれ、この際に中華職棒聯盟から永久追放処分を受ける。2000年まで高屏雷公でプレーした後に引退、以後指導者の道を歩み始める。2003年に台湾大聯盟が中華職棒聯盟と合併し、一度は球界を離れざるを得なくなったが、1000万を聯盟に寄付し球界復帰が認められた。

2006年からは、La Newベアーズの打撃コーチに就いている。またWBC北京オリンピックの台湾代表チーム(チャイニーズタイペイ)の打撃コーチを務めていた。

2013年には、台湾代表チーム監督に就任した。2014年仁川アジア大会では韓国との決勝戦で敗れ準優勝となった。

2016年11月20日に台中インターコンチネンタル野球場で開催された「台湾OB選抜 VS 巨人OB選抜 チャリティー試合」では、郭泰源とのバッテリーで代打・王貞治と対戦。打者としては鹿取義隆に打ち取られ同試合最後の打者となった(11-15で巨人OB選抜の勝利)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 巨人 79 312 274 38 70 12 0 16 130 40 4 5 3 2 32 2 1 43 10 .255 .333 .474 .808
1989 18 41 39 3 11 0 0 2 17 6 1 0 1 0 1 0 0 7 2 .282 .300 .436 .736
1990 7 14 13 0 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .308 .357 .308 .665
1991 9 20 16 0 4 1 1 0 7 3 1 0 0 1 2 0 1 5 0 .250 .350 .438 .788
1992 味全 85 347 287 49 74 15 1 10 121 33 9 3 1 1 57 2 1 38 11 .258 .382 .422 .803
1993 82 342 297 44 87 22 1 7 132 42 6 3 2 1 39 4 3 24 7 .293 .379 .444 .824
1994 54 221 196 17 39 7 1 2 54 16 1 4 5 0 20 0 0 31 6 .199 .273 .276 .549
1995 88 367 326 60 107 20 0 15 172 50 3 2 2 4 35 2 0 28 5 .328 .389 .528 .917
1996 97 415 360 71 122 25 1 16 197 66 13 7 0 4 51 0 0 31 10 .339 .417 .547 .964
NPB:4年 113 387 342 41 89 13 1 18 158 49 6 5 4 3 36 2 2 57 12 .260 .332 .462 .794
CPBL:5年 406 1692 1466 241 429 89 4 50 676 207 32 19 10 10 202 8 4 152 39 .293 .378 .461 .839

表彰[編集]

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 97 (1988年)
  • 12 (1989年 - 1991年)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]