米田慶三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
米田 慶三郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市阿倍野区
生年月日 (1943-01-13) 1943年1月13日(76歳)
身長
体重
173 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1967年 ドラフト3位
初出場 1968年5月9日
最終出場 1979年10月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

米田 慶三郎(よねだ けいざぶろう、1943年1月13日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

桃山学院高から社会人野球PL教団を経て、電気化学で活躍。1967年1968年都市対抗野球に連続出場。

1967年プロ野球ドラフト会議大洋ホエールズから3位指名を受け入団。

1年目の1968年イースタン・リーグで本塁打王と打点王の2冠を獲得。主にショートを守り、守備の名手として活躍。1969年に一軍に定着し、松岡功祐と併用されるが、1972年にはレギュラーの座を獲得し85試合に先発出場。1974年まで定位置を守るが、同年に打撃を売りに鳴り物入りで入団した山下大輔の成長とともに、米田の出場機会も減少し1979年限りで現役を引退。

引退後は、大洋・横浜の守備コーチや二軍監督、球団フロントを歴任。2000年に退団。退団後、横浜市青葉区少年野球の指導を行う。2005年、SOLA沖縄硬式野球部監督に就任。2008年東北楽天ゴールデンイーグルス二軍育成コーチ(野手担当)に就任。2010年まで務めた。

米田に加え、ファーストの松原誠、セカンドのジョン・シピン、サードのクリート・ボイヤーが結集した、1970年代前半の大洋内野陣の守備は鉄壁と言われた。一方、打者としての米田は非力で、8番などの下位で打つ事が多かった[1]

横浜コーチ時代の1995年やくみつるの4コマ漫画「やくやくスポーツランド」において、ドラマ「古畑任三郎」のパロディが描かれ、この米田を古畑に見立てたストーリーがある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1968 大洋 39 67 60 5 11 4 0 0 15 3 1 0 1 0 5 0 1 20 0 .183 .258 .250 .508
1969 64 94 83 9 15 2 1 4 31 7 0 0 1 0 9 0 1 19 1 .181 .269 .373 .642
1970 98 176 160 14 33 6 0 7 60 12 0 1 3 1 9 2 3 50 0 .206 .260 .375 .635
1971 101 168 146 14 20 3 0 2 29 15 1 0 3 3 13 1 3 30 3 .137 .218 .199 .417
1972 113 277 255 18 65 10 0 5 90 16 3 0 4 1 15 3 2 36 4 .255 .300 .353 .653
1973 113 383 363 20 77 11 2 3 101 21 5 5 3 1 14 0 2 57 6 .212 .245 .278 .523
1974 109 290 260 25 56 5 0 2 67 12 3 3 9 1 18 1 2 40 8 .215 .270 .258 .528
1975 83 193 178 19 33 5 1 3 49 12 2 2 4 1 9 1 1 43 3 .185 .228 .275 .503
1976 61 75 68 4 10 2 0 3 21 9 0 1 5 0 2 0 0 25 4 .147 .171 .309 .480
1977 42 36 31 5 6 1 0 1 10 5 1 0 2 0 2 0 1 8 0 .194 .265 .323 .587
1978 46 37 36 7 10 2 0 3 21 10 1 0 0 0 0 0 1 9 0 .278 .297 .583 .881
1979 30 14 12 2 1 0 0 1 4 1 0 1 1 0 1 0 0 3 1 .083 .154 .333 .487
通算:12年 899 1810 1652 142 337 51 4 34 498 123 17 13 36 8 97 8 17 340 30 .204 .254 .301 .556

背番号[編集]

  • 34 (1968年 - 1979年)
  • 74 (1980年 - 1996年、2008年 - 2010年)

脚注[編集]

  1. ^ そのため、「守りはいいが攻撃はダメ」ということから『自衛隊』の愛称で呼ばれた。

関連項目[編集]