メルビン・ニエベス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はラモス第二姓(母方の)はニエベスです。
メルビン・ニエベス
Melvin Nieves
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区サンフアン
生年月日 (1971-12-28) 1971年12月28日(45歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 1988年
初出場 MLB / 1992年9月1日
NPB / 1999年4月13日
最終出場 MLB / 1998年9月14日
NPB / 2000年10月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

メルビン・ラモス・ニエベスMelvin Ramos Nieves , 1971年12月28日 - )は、プエルトリコ出身の元プロ野球選手外野手)。

サンディエゴ・パドレスに所属するウィル・ニエベスは実弟。

経歴[編集]

米国時代[編集]

1988年アトランタ・ブレーブスと契約。1992年メジャー初昇格。翌1993年7月に他2選手とともにフレッド・マグリフとの交換トレードでサンディエゴ・パドレスに移籍。

以降、デトロイト・タイガースシンシナティ・レッズでプレー。タイガース時代はクリーンアップとして活躍した。

ダイエー時代[編集]

1999年

開幕直前に福岡ダイエーホークスに入団。すでにダイエーは親会社の経営難が表面化しており、高年俸の選手のリストラを進めていたが、そんな中でメジャー通算63本塁打と実績十分のニエベスが入団したのは王貞治監督の強い要望があったからである。しかし年俸は、このクラスの選手としては格安である5,000万円に抑えられた。

実際、パワーは王監督がほれ込むのもうなずけるほどのものがあったが確実性に欠け、デビュー戦は4打数安打3三振。その後もさっぱり打てずに3試合で二軍降格となる。しかし、6月下旬に再昇格してからはある程度打率も残せるようになり、チームの福岡移転後初優勝、さらには日本一に大きく貢献した。打率.257、17本塁打、43打点と残留は微妙な数字であったが、この年のダイエー打線は主砲の小久保裕紀が一時打率1割台に落ち込むなど大不振で、松中信彦城島健司ら若手も成長途上にあり、ニエベスが日本シリーズ岩瀬仁紀から価値あるヒットを放ったこともあって、まだ27歳(当時)という年齢から、伸びしろも期待されての残留となった。

2000年

オープン戦では絶好調で、チームリーダーの小久保を押しのけ開幕4番に抜擢されたが、いざシーズンが始まってみると不振が続いた。小久保が好調でほどなく4番に復帰し、松中も大きく成長を見せたこともあり、徐々に出番は減っていった。典型的な一発屋の割に見逃し三振が多かったことも首脳陣の心証を悪くした。そして、7月9日の対西武ライオンズ16回戦(札幌市円山球場)、この日も序盤で見逃し三振を喫したニエベスは、7回無死満塁のチャンスで初球のストライクを見逃した直後に代打・松中(その後、西武側が左腕の橋本武広を投入したため、代打の代打で大道典良が起用された)を送られたことに激怒し、試合途中で宿舎に帰ってしまう。職場放棄を犯したニエベスに待っていたのは二軍降格処分であった。

その後、ニエベスの代わりに昇格していたブライアン・バンクスが戦力にならなかったことからニエベスは一軍に復帰。読売ジャイアンツとの日本シリーズにも主力として出場し、第1戦(東京ドーム)で槙原寛己から9回に看板直撃の代打決勝本塁打[1]、第4戦(福岡ドーム)でも斎藤雅樹から初回に同点本塁打を放ったが、結局チームは第6戦で敗戦。シリーズ最終戦最終打者もまたニエベスであった(岡島秀樹から三振を喫し、20世紀の日本シリーズ最後の打者となる)。

シーズン終了時点では解雇の方針であったが、シリーズの活躍で一旦首脳会議に進退が持ち越された。結局シリーズ終了後に解雇されることになったが、この年のチーム優勝旅行には参加している[2]

日本では2.41打数に1三振のペースである。単純比較は出来ないが、これはラルフ・ブライアント(2980打数1186三振→2.51打数に1三振)以上のペースである。

ダイエー退団後[編集]

独立リーグを中心にプレーし、2005年にはワシントン・ナショナルズマイナー契約を結んでいる(メジャー再昇格はならず)。2012年4月10日に古巣ホークスに表敬訪問している[3]

プレースタイル・人物[編集]

王貞治はニエベスのパワーを絶賛していたが、それ故にもう少し確実性を身に付けてほしいという思いが強く、「飛距離だけならメジャーでもベスト10に入るだろう」と度々話しており、ニエベスの退団時も「飛距離で夢を見させてくれた」とコメントしている。ただし、右打席の時は意外に逆方向へのバッティングも見せており、1999年の中日ドラゴンズとの日本シリーズ第1戦(福岡ドーム)では、左投げの岩瀬仁紀から右中間にタイムリーヒットを打っている。

  • 例えば東京ドームの外野席の看板の上を行く本塁打を打った時には、王は「あそこまで飛ばさなくていいから、もっと効率よく…」と苦笑し、「飛ばしすぎ」で賞金(看板直撃に対する)をもらい損ねたニエベスも「そんなのが(賞金が)あったのか? しまった!」とそれぞれ苦笑いしていた。ちなみにこの試合でのニエベスの残り打席は全て三振であった。なお、この試合では小久保が看板直撃弾を放って賞金を得ている。
  • 試合前のフリー打撃では当時助監督であった黒江透修はニエベスが打席に入る際に「ショータイム!」と叫んでいた。

守備はお世辞にもうまいとは言えなかったが、指名打者での出場はあまりない。当時のダイエーは一塁手左翼手・指名打者の3ポジションを松中・大道・吉永幸一郎とニエベスの4人で担当していたが、吉永は一塁しか守れず、大道の外野も相当な不安があった。1999年は松中が左翼を守ることもあったが、この4人の中で考えればニエベスでも外野守備はうまい方だったことから、左翼を守ったり、秋山幸二が休養などでスタメンを外れた時にはニエベスが右翼手に就くことがあった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1992 ATL 12 21 19 0 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 2 0 0 7 0 .211 .286 .263 .549
1993 SD 19 51 47 4 9 0 0 2 15 3 0 0 0 0 3 0 1 21 0 .191 .255 .319 .574
1994 10 22 19 2 5 1 0 1 9 4 0 0 0 0 3 0 0 10 0 .263 .364 .474 .837
1995 98 262 234 32 48 6 1 14 98 38 2 3 1 3 19 0 5 88 9 .205 .276 .419 .695
1996 DET 120 484 431 71 106 23 4 24 209 60 1 2 0 3 44 2 6 158 10 .246 .322 .485 .807
1997 116 405 359 46 82 18 1 20 162 64 1 7 0 2 39 6 5 157 3 .228 .311 .451 .762
1998 CIN 83 147 119 8 30 4 0 2 40 17 0 0 0 2 26 1 0 42 3 .252 .381 .336 .717
1999 ダイエー 84 290 245 37 63 16 1 17 132 43 0 0 0 0 42 0 3 105 4 .257 .372 .539 .911
2000 91 287 232 32 50 8 0 15 103 38 1 1 0 0 51 2 4 93 6 .216 .366 .444 .810
MLB:7年 458 1392 1228 163 284 53 6 63 538 187 4 12 1 10 136 9 17 483 25 .231 .314 .438 .752
NPB:2年 175 577 477 69 113 24 1 32 235 81 1 1 0 0 93 2 7 198 10 .237 .369 .493 .862

背番号[編集]

  • 7 (1992年)
  • 10 (1993年)
  • 3 (1994年 - 1995年)
  • 30 (1996年 - 1997年)
  • 46 (1998年)
  • 42 (1999年 - 2000年)

個人成績[編集]

NPB

脚注[編集]

  1. ^ 【10月21日】2000年(平12) 20世紀最後はONシリーズ “問題児”の一撃で勝負アリ”. スポーツニッポン (2007年10月12日). 2013年1月4日閲覧。
  2. ^ 2000年は前年度よりもバッティングが粗くなったが、王は「もし今年で(ダイエー在籍が)終わりになったとしても、アメリカに帰ってから日本での経験を生かしてもらいたい」と熱心にアドバイスを送った。ニエベスは豪快なホームランとは裏腹に謙虚な性格であり、同年の優勝旅行にも参加。「このチームでプレーできて本当によかった。マネージャー(王)には感謝している」と述べている。
  3. ^ 【ソフトB】ニエベス氏が表敬訪問

関連項目[編集]

外部リンク[編集]