寺田陽介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺田 陽介
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市
生年月日 (1934-11-19) 1934年11月19日(82歳)
身長
体重
180 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

寺田 陽介(てらだ ようすけ、1934年11月19日 - )は、福岡県福岡市出身の元プロ野球選手一塁手)。右投右打。

経歴[編集]

博多工業から濃人渉が監督を務める日鉄二瀬に進む。1954年から2年連続で都市対抗野球大会に出場。1955年大会では東洋高圧大牟田に補強され、日立製作所との1回戦で決勝本塁打を放つなど活躍。準々決勝で全鐘紡に敗退する[1]が好打者として注目を集める。この時のチームメートに小淵泰輔がいた。

1956年南海ホークスに入団。入団に当たっては地元の西鉄ライオンズとの間で激しい争奪戦があり、西鉄が投手の島原幸雄を獲得の見返りに日鉄に譲渡するという噂まで流れたほどであった[要出典]。当時、南海の監督であった鶴岡一人は、守備はよい一方で、「穴が多く、いい投手にかかると打てないという欠点」があり、期待ほどの実績はあげられなかったと評しているものの[2]、南海が400フィート打線と称していた打線の担い手の一人と位置づけられていた[3]

1年目の1956年には開幕から一塁手として出場、同じく新人の長谷川繁雄との併用ながら41試合に先発出場を果たす。翌1957年は長谷川が外野手に回り、八番打者、一塁手に定着、初の規定打席(24位、打率.234)にも達した。1959年にはオールスターゲームに初出場、第1戦で二塁打を記録。同年のリーグ優勝に貢献し、読売ジャイアンツとの日本シリーズでは全4試合に先発、15打数7安打4打点の活躍で首位打者賞を獲得、チーム日本一を支える。

1961年は五番打者として起用される試合も多く、打線の中軸として自身2回目のリーグ優勝を経験。読売との日本シリーズでも第1戦で堀内庄から本塁打を放つなど活躍。第4戦、9回裏二死の場面で、この打者を抑えれば勝利だったが、代打藤尾茂の打ち上げた飛球を一塁手の寺田が落球。このあと二死満塁となって迎えた宮本敏雄の打席で球審・円城寺満の判定をめぐるトラブルの後、宮本に適時打を打たれサヨナラ負けとなった。寺田は第5戦でも伊藤芳明から本塁打を放ち気を吐くが、結果的に第4戦の失策がシリーズの流れを変えてしまい巨人が優勝、まさに南海にとっても寺田にとっても痛恨の失策だった[3]

1962年に、半田春夫、長谷川繁雄と共に、井上登との交換トレード中日ドラゴンズへ移籍(南海監督であった鶴岡一人は、「このまま南海にいたら、ヤジなどで苦しむ」と思ってトレードに出したと言っている[4])。同年のシーズン前半はレギュラーとして起用されるが、打撃不振が続きドン・ニューカムらに定位置を譲る。1964年山本久夫との交換トレードで、東映フライヤーズに移籍するが、あまり活躍の場はなく同年限りで引退した。

鶴岡によると、中日で1シーズンだけプレーしたあとに鶴岡のところにやってきて、「フライを捕るたびに、あのことを思い出します」と言って、選手を続ける自信を失っていたという[4]

引退後は完全に球界と絶縁同然の状態にあったが、1989年テレビ朝日で放送された両リーグ発足40年を記念したドキュメンタリー番組に落球事件の証言者として出演、久々に公の場に姿を見せた(当時石材加工業を営んでおり、仕事場で取材に答えていた)。また、南海OBを中心に運営されている少年野球チーム『ジュニアホークス』の選手がTBS筋肉番付」の「ストラックアウト」に挑戦した際も、同チームの関係者として登場していた。現在も同業(平尾石材店)を続けている。

上記の落球事件が有名であるが、1956年8月14日の西鉄戦では、逆に寺田が打ち上げた凡フライを西鉄の関口清治が落球し、逆転打となった経験もある[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 南海 144 306 267 23 66 9 0 7 96 32 3 3 4 3 26 2 6 56 3 .247 .328 .360 .687
1957 129 440 406 42 95 19 1 13 155 39 0 0 3 1 28 1 2 76 15 .234 .287 .382 .668
1958 112 387 348 34 78 9 2 9 118 41 2 2 4 2 30 2 3 51 12 .224 .291 .339 .630
1959 129 476 440 55 115 13 3 13 173 61 3 1 2 6 26 1 2 72 12 .261 .306 .393 .699
1960 124 452 414 42 103 19 1 10 154 52 3 3 3 4 30 5 1 61 17 .249 .301 .372 .673
1961 126 426 399 36 102 16 1 8 144 54 2 1 5 2 18 0 2 68 14 .256 .291 .361 .652
1962 中日 125 281 264 14 54 6 0 5 75 24 1 0 3 2 10 0 2 50 13 .205 .239 .284 .523
1963 60 57 56 3 10 3 0 1 16 9 0 0 0 0 1 0 0 15 0 .179 .193 .286 .479
1964 東映 77 89 83 6 17 3 1 2 28 7 0 1 0 0 6 1 0 16 2 .205 .258 .337 .596
通算:9年 1026 2914 2677 255 640 97 9 68 959 319 14 11 24 20 175 12 18 465 88 .239 .290 .358 .648

表彰[編集]

記録[編集]

節目の記録
  • 1000試合出場:1964年7月5日 ※史上86人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 3 (1956年 - 1961年)
  • 23 (1962年 - 1963年)
  • 14 (1964年)

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 鶴岡一人 『御堂筋の凱歌―栄光と血涙のプロ野球史』 ベースボール・マガジン社、1983年ISBN 978-4583023465p.p.236~237
  3. ^ a b 福岡ソフトバンクホークス公式サイト[1]2015年7月17日閲覧
  4. ^ a b 鶴岡、他 『私の履歴書 プロ野球伝説の名将』 日本経済新聞出版社、2007年ISBN 978-4-532-19386-7p.p.102~103
  5. ^ あのころ僕らは若かった(豊田泰光)スポニチアネックス2009年9月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]