長谷川繁雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長谷川 繁雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県竹原市
生年月日 1932年10月2日
没年月日 (1966-06-24) 1966年6月24日(33歳没)
身長
体重
172 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1956年
初出場 1956年
最終出場 1963年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

長谷川 繁雄(はせがわ しげお、1932年10月2日 -1966年6月24日 )は、1950年代半ばから1960年代前半にかけて活躍したプロ野球選手一塁手外野手)である。広島県竹原市出身。

経歴[編集]

竹原高校を卒業後、法政大学に進学。東京六大学野球リーグでは中心打者として活躍したが、優勝には届かず、1954年秋季リーグの2位が最高成績であった。大学同期に中野健一、1年下に斎田忠利古川啓三がいる。

1956年南海ホークスへ入団。同年は開幕直後から一塁手、五番打者に抜擢され、寺田陽介とレギュラーを争う。四番打者としても11試合に出場した。1957年のシーズン後半から中堅手に回る。1958年には122試合に出場し規定打席にも到達、打率.276(リーグ9位)、16本塁打の好成績を残した。翌1959年400フィート打線の五番打者として打率.302をマークする活躍で、4年ぶりのリーグ優勝に貢献。読売ジャイアンツとの日本シリーズでも第2戦で2点適時打を放ち、シリーズ優勝の美酒を味わった。1961年までレギュラーの座を守るが、1962年寺田陽介カールトン半田(半田春夫)と共に、井上登との交換トレードで中日ドラゴンズへ移籍。同年はシーズン序盤に三番打者として起用されるが、後半には出場機会が減少。翌1963年には近鉄バファローズに移り、同年オフに引退した。

打力はあったが、本来は一塁手であるため、外野の守りが欠点であった。また左投手の先発時には、同期の大沢啓二らに定位置を譲る場面も多かった。

引退後は大阪市でレストランを経営していたが、3年後の1966年6月24日和歌山市内で乗用車を運転中にハンドル操作を誤り、車ごと海岸に転落して死亡した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1956 南海 125 321 284 33 80 16 2 4 112 37 7 5 1 0 31 0 5 36 2 .282 .363 .394 .757
1957 99 243 224 28 57 15 5 3 91 28 3 0 0 1 17 0 1 36 2 .254 .310 .406 .716
1958 122 447 387 72 107 22 4 16 185 60 9 7 0 4 55 4 1 63 1 .276 .368 .478 .846
1959 115 385 341 52 103 22 5 8 159 43 5 2 1 2 39 1 2 51 6 .302 .377 .466 .843
1960 110 336 303 41 83 9 1 8 118 25 9 2 0 2 30 2 1 51 3 .274 .341 .389 .731
1961 118 269 229 49 60 6 0 7 87 22 11 5 2 1 36 2 1 49 3 .262 .365 .380 .745
1962 中日 79 165 114 18 33 3 2 6 58 15 0 0 0 0 21 1 0 38 0 .289 .400 .509 .909
1963 近鉄 69 95 82 11 14 3 0 2 23 10 3 1 0 2 10 0 1 18 3 .171 .269 .280 .549
通算:8年 837 2261 1994 304 537 96 19 54 833 240 47 22 4 12 239 10 12 342 20 .269 .351 .418 .769

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (1956年 - 1962年)
  • 27 (1963年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]