中井哲之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中井 哲之(なかい てつゆき、1962年7月6日 - )は広陵高等学校硬式野球部監督、社会科教諭。広島県廿日市市出身。大阪商業大学卒業。

人物・概要[編集]

1980年、甲子園春選抜大会に、広陵高校の1番遊撃手として、夏選手権は1番三塁手として出場。この年広陵は、ロッキングモーションのアンダースローで話題を呼んだ渡辺一博と原伸次(元広島)のバッテリーで優勝候補の一角に挙げられたが、春は準決勝で中西清起らの高知商業に、は準々決勝で藤本博史らのいた天理高校に敗れた。中井も園川一美九州学院)ら全試合で好投手とあたったため、6試合でヒット5本と振るわなかったが、ノーサインで盗塁を許された駿足で効果的な盗塁を何度か決めた。

大阪商業大学を経て1985年、母校・広陵高校の商業科教諭となり野球部コーチに就任。コーチ時代には金本知憲らも指導している。1990年4月、低迷していた同校野球部監督に27歳で就任。厳しい上下関係で有名だった野球部の改革に成功し、翌1991年春選抜で同校を65年ぶりの優勝に導いた。決勝では松商学園高のエース・上田佳範(元中日)を打ち込んだ。

2003年春には西村健太朗巨人)、白濱裕太広島)、上本博紀阪神)らを擁して再び全国制覇した。

歴史の長い名門野球部を率いる心労からか、過去2度監督を辞任しているがすぐに復帰し2010年現在も指揮を執る。選手から兄貴と慕われ選手と強い絆を作る指導法で知られ、毎年のようにプロ野球に指名される選手を輩出する。また、選手にあだ名をつける癖があり、西村の愛称となっている「フランケン」も中井がつけたものである。近年の高校野球界を代表する指導者の一人で、広陵の伝統である強力打線を中心に走、守ともレベルの高いチームを毎年作り上げてくる。ただし毎年先行逃げ切り型のチームカラーで、相手に先制されると挽回は出来ず脆い、という采配には批判もある。近年はノーサインで、選手達自身で考えさせる野球を取り入れている。

2007年夏の甲子園では途中、中井自身が熱中症でダウンするハプニングに見舞われたが、かえってチームはまとまり選抜優勝の常葉菊川を準決勝で下して決勝まで進出。80年前と40年前に果たせなかった夏の全国制覇に挑むも、決勝戦の対佐賀北高戦でエースの野村祐輔広島)が押し出し四球の直後に逆転満塁本塁打を打たれ、敗れた。 なお、この試合後に審判の判定を批判する発言を行ったために中井は高野連から厳重注意処分を受けた[1]

主な教え子[編集]

甲子園での成績[編集]

  • 春:出場10回・18勝8敗1分け・優勝2回
  • 夏:出場7回・14勝7敗・準優勝2回
  • 通算:出場17回・32勝15敗1分け・優勝2回・準優勝2回

キャリア・経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 野村 甲子園リベンジ勝 07年夏“がばい佐賀北”に負けた決勝以来”. スポニチ Sponichi Annex (2013年8月30日). 2013年9月2日閲覧。

関連項目[編集]