高橋雅裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 雅裕
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊明市
生年月日 (1964-07-10) 1964年7月10日(57歳)
身長
体重
177 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1982年 ドラフト4位
初出場 1985年9月11日
最終出場 1999年10月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

高橋 雅裕(たかはし まさひろ、1964年7月10日 - )は、愛知県豊明市出身の元プロ野球選手内野手外野手)、野球指導者、野球解説者。一時期「高橋 眞裕」と改名したこともある。右投げ右打ち(1993年頃までは両打ち)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

名古屋電気高等学校[1]では2年生の時、1年上のエース工藤公康を擁し、二塁手として1981年夏の甲子園に出場[2]。準決勝に進むが、報徳学園金村義明に抑えられ惜敗[3]。工藤以外のチームメートに捕手山本幸二遊撃手中村稔がいた。翌1982年夏も県予選準決勝に進むが、野中徹博を擁する中京高に敗退、甲子園には届かなかった。

1982年度ドラフト会議にて横浜大洋ホエールズから4位指名を受けて入団。

プロ入り後[編集]

1985年は主に二塁手の控えとして24試合に出場[4]1986年加藤博一の故障により、2番打者としての出場が増える。俊足の持ち主で、犠打などの小技も巧みであったことから“ニュー・スーパーカートリオ”の呼び名もあがった[4]

1987年には古葉竹識監督に重用され、遊撃手のレギュラーに定着。翌1988年に同じ遊撃手であった山下大輔がシーズン開幕前日に引退したのは、高橋のレギュラー定着によるものともいわれている。

1988年5月6日から1番打者として全試合に出場、打率.293(542打数159安打)という成績を残す。守備においては1988年から1989年にかけて、山下を超える遊撃手の連続無失策記録を樹立。しかし、1988年のゴールデングラブ賞中日のルーキー・立浪和義ベストナインも当時パワーヒッターとして活躍していたヤクルトの遊撃手・池山隆寛が獲得した。

1989年の開幕戦で連続無失策が記録が途切れると、昨年見せた堅守が一転し、この年は86試合で18失策を記録するなど、左肘骨折の影響もあって精彩を欠くプレーが多くなった。さらに翌1990年、監督が古葉から須藤豊に代わってからは、進藤達哉石井琢朗など若手の台頭もあって出場機会が減少。以降は右打席に専念して代打や外野を含む守備要員となった。

1997年には千葉ロッテマリーンズへ移籍。ユーティリティープレイヤーとして主に内・外野の控えから犠打要員としてチームを支えた[4]1999年シーズンを最後に現役を引退。

大洋での応援歌は童謡「グリーングリーン」からの採譜で、球団名が横浜ベイスターズに変わった際に別の曲となったが、ロッテへの移籍後に再び使用された。古巣ではその後、ライアン・グリンの応援歌原曲としても使用された。

現役引退後[編集]

引退後はロッテで一軍外野守備・走塁コーチ(2000年, 2002年)、二軍外野守備・走塁コーチ(2001年)を務めた。2005年には新球団・東北楽天ゴールデンイーグルス一軍守備・走塁コーチに就任したが、1年で解任。楽天退団後はJ SPORTStvk解説者(2006年 - 2007年)を経て、2008年は横浜に一軍走塁コーチとして復帰したが、チームが最下位に低迷した為、1年で解任。横浜退団後は東北放送STVラジオスカイ・A sports+解説者(2009年 - 2010年)を経て、2011年から韓国プロ野球起亜タイガース守備コーチに就任したが、同年限りで退任。2012年より東北放送・TBSニュースバード2014年からTBSチャンネル2解説者に就任。2015年からベースボール・チャレンジ・リーグ群馬ダイヤモンドペガサスの内野守備コーチに就任。2016年からは野手コーチとなり[5]、2019年退任[6]

プロ野球マスターズリーグにも参加。2005年から2006年シーズンは札幌アンビシャスの一員としてプレーし、打率.657という驚異的な数字で首位打者を獲得。チームも優勝し、MVPに選ばれる。

選手としての特徴・人物[編集]

俊足・強肩を生かした堅実な内野守備が最大の武器。打撃では犠打などの小技が巧みであった。守備では主に遊撃手を守ったが、1993年頃からは外野手にも回り、常時4種類のグラブを用意するようになった。1994年には一塁手で出場し、捕手を除く全ポジションでの出場を果たしている[4]

盗塁成功率は高かったものの、自分の走力だけを頼みに走る傾向があり、後に高橋は「もうちょっと自分の足に自信を持って、相手バッテリーの考え方が分かっていれば、もっと走れたと思う」と語っている[4]

高校卒業後は社会人トヨタ自動車へ進むことが内定していたが、ドラフト会議で大洋から4位で指名されると、嬉しさのあまり入団を即答したという[4]

1994年の試合で急遽一塁手を守ることになり、ファーストミットを持っていなかったため、その場は外野手用のグラブで対応した。その後、ファーストミットを発注している[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 大洋
横浜
24 39 32 5 8 2 0 0 10 0 2 0 4 0 3 0 0 7 0 .250 .314 .313 .627
1986 103 228 204 29 46 9 2 0 59 8 18 2 15 0 8 0 0 58 2 .225 .255 .289 .544
1987 128 507 438 45 104 9 3 2 125 24 14 9 27 4 36 7 2 102 6 .237 .296 .285 .581
1988 130 585 542 62 159 22 2 3 194 42 16 3 4 5 34 1 0 96 3 .293 .332 .358 .690
1989 86 305 268 25 60 14 0 2 80 27 5 4 2 3 30 6 2 47 4 .224 .304 .299 .602
1990 119 473 385 47 87 16 2 2 113 15 14 4 40 1 44 0 3 76 4 .226 .309 .294 .603
1991 99 307 250 41 57 16 2 0 77 16 17 3 27 0 29 0 1 54 3 .228 .311 .308 .619
1992 22 25 22 3 3 1 0 0 4 1 1 0 0 0 3 0 0 10 0 .136 .240 .182 .422
1993 86 215 185 24 46 5 1 3 62 12 7 4 2 1 24 0 3 45 3 .249 .343 .335 .678
1994 81 159 131 18 26 5 2 1 38 11 1 2 8 1 19 0 0 21 1 .198 .298 .290 .588
1995 68 96 84 20 22 6 0 1 31 6 2 1 3 0 9 0 0 18 3 .262 .333 .369 .702
1996 56 56 45 6 8 2 1 0 12 2 1 3 2 0 9 1 0 13 0 .178 .315 .267 .581
1997 ロッテ 44 15 12 8 3 0 0 0 3 0 1 0 1 0 2 0 0 4 0 .250 .357 .250 .607
1998 4 5 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
1999 51 54 40 13 13 2 0 0 15 4 1 1 6 0 8 0 0 12 0 .325 .438 .375 .813
通算:15年 1101 3069 2642 346 642 109 15 14 823 168 100 36 142 15 258 15 11 564 30 .243 .311 .312 .623
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大洋(横浜大洋ホエールズ)は、1993年に横浜(横浜ベイスターズ)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (1983年 - 1987年)
  • 6 (1988年 - 1996年)
  • 35 (1997年 - 1999年)
  • 80 (2000年 - 2002年、2005年)
  • 82 (2008年)
  • 78 (2011年)
  • 88 (2015年 - 2019年)

登録名[編集]

  • 高橋 雅裕 (たかはし まさひろ、1983年 - 1990年、2005年、2008年、2011年、2015年 - )
  • 高橋 眞裕 (たかはし まさひろ、1991年 - 2002年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

J SPORTS
TBSニュースバード
tvk
東北放送
STVラジオ
スカイ・A sports+

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]