女子野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

女子野球(じょしやきゅう)は、女性によって行われる野球のこと。狭義では女子チーム同士で行なう野球のこと。男子チーム内の女子選手の活動とは区別されることがある。

概要[編集]

元来野球は男性の競技であり、女性は野球をアレンジしたソフトボールで充分と見なされてきたが、実際には女性による野球も盛んに行われてきた。

1866年ニューヨーク州のバッサ・カレッジにおいて世界初の女子野球チームが誕生したが、危険だと父兄が抗議したため解散となった。1875年には、アメリカで女性のプロチーム「ブロンズ」と「ブルーネッツ」が誕生。入場料を取っての試合を開催する。しかしプレーの質が高くなかったことから4試合で解散した。

その後1890年代に全米で女子野球ブームが起こり、第二次世界大戦下の1943年には全米女子プロ野球リーグ(AAGPBL)が発足し、1954年まで運営された。なお、これらの選手は、その服装から「ブルーマーガールズ」と呼ばれた。

1992年に全米女子野球連盟(AWBF)が創設され、米国のおける女子野球の統括に当たっている。1994年には40年ぶりに女子プロ野球チームコロラド・シルバーバレッツが結成され、1998年にはプロリーグ(Ladies League Baseball)も復活した。しかしそれも長く続かなかった。現在北米ではアマチュアリーグのみが存在しており、女子プロ選手は独立リーグで男子に混じって数名程プレーしている。

2007年には韓国でアマチュア女子野球リーグ(Women's Baseball Association Korea)が発足された。

日本での歴史[編集]

日本では、1910年に結成された佐伯尋常小学校女子部の野球チームが、確認される(当時の雑誌『運動世界』に記事が掲載されている)最初の女子野球チームである。その後も女子のアマチュアチームはいくつか存在しており、1924年には福岡県立直方高等女学校(現・福岡県立直方高等学校)野球部と熊本県立第一高等女学校(現・熊本県立第一高等学校)野球部とが日本初の女子野球試合を予定していたが、前者が県当局の命令で解散させられ実現しなかったという記事が『福岡日日新聞』に掲載されている。

1948年7月、非公式ながら日本初の女子プロ野球チームと言われる「東京ブルーバード」が結成される。1950年にはプロリーグである日本女子野球連盟が発足されたが、1952年にはノンプロに移行。1959年には日本女子野球連盟に代わり、新たに日本女子野球協会が設立されリーグが存続されたものの、1967年を最後にリーグ戦休止、1971年に自然消滅した。

しかし1980年代に入り、1986年全国大学女子軟式野球連盟が、1987年全国女子軟式野球連盟がそれぞれ発足。1987年には第1回全日本大学女子野球選手権大会が開かれ、1990年には第1回全日本女子軟式野球選手権が開催された。女子硬式野球は1997年全国高等学校女子硬式野球連盟が発足され、第1回全国高等学校女子硬式野球選手権大会が開催される。

2002年、日本の女子野球を普及・発展させることを目的とする団体として、新たな日本女子野球協会が発足している。同年秋、埼玉栄高校女子硬式野球部を中心に関東女子硬式野球連盟が発足、4チームによるリーグ戦がスタートした。春、秋の年2回リーグ戦が行なわれ、これを契機にクラブ、大学チームが次々と創部、現在11団体17チームが加盟している。読売ジャイアンツの後援、企業による協賛を受け規模は年々拡大している。2007年には連盟の選抜チームがアメリカ遠征を行いアメリカ・カナダの代表チームと対戦している。2009年からはユースリーグ(13歳から16歳)が創設され、7チームによるリーグ戦が行なわれた。これらは通称ヴィーナスリーグと呼ばれている。

2005年には日本女子野球協会主催で第1回全日本女子硬式野球選手権大会が開催された。

2009年に日本女子プロ野球機構が発足され、2010年より関西基点で女子プロ野球が日本で復活することになった。

国際大会[編集]

2001年国際女子野球協会が発足され、女子野球世界大会が行われた。

2004年には国際野球連盟(IBAF)が主催するIBAF女子ワールドカップの第1回大会が開催された。

2016年以降のオリンピックへの野球競技復帰へ向けて、IBAFにより女子種目の追加を発表。申請内容を変更して国際オリンピック委員会(IOC)に提出する。

著名な女子野球選手[編集]

女子野球を題材とした作品[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 横田順彌『明治おもしろ博覧会』、西日本新聞社、1998年、94-97頁