国際ソフトボール連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加盟国・地域の分布図

国際ソフトボール連盟(こくさいそふとぼおるれんめい、英語"I"nternational "S"oftball "F"ederation "ISF")は、世界各国のソフトボール協会が加盟している国際組織のことである。今後は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)と統合される予定[1]

概要[編集]

1949年10月16日に設立され、日本を含む14ヶ国が加盟した。アメリカフロリダ州プラントシティに本部がある。2006年現在、ドン・E・ポーターが会長を務めており、127の国と地域が加盟している。

加盟国・地域一覧[編集]

アジア[編集]

22ヶ国・地域

アフリカ[編集]

17ヶ国

アメリカ(北・中・南)[編集]

34ヶ国・地域

オセアニア[編集]

14ヶ国・地域

ヨーロッパ[編集]

40ヶ国・地域

脚注[編集]

  1. ^ “野球・ソフトの統合団体設立 五輪復帰目指す”. SANSPO.COM. (2013年4月14日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20130414/oth13041420060001-n1.html 2013年4月24日閲覧。 
  2. ^ 「世界野球ソフトボール連盟」に=五輪復帰目指す統合団体”. 時事ドットコム (2012年12月18日). 2012年12月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]