全日本女子野球連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
全日本女子野球連盟
Women's Baseball Federation of Japan
団体種類 一般社団法人
設立 2014年
所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目22-8
名取ビル9階
法人番号 3011005005807
起源 日本女子野球協会
主要人物 会長 長谷川一雄
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 女子野球の統括
親団体 日本野球連盟
国際女子野球協会
ウェブサイト https://www.wbfj.website/
特定非営利活動法人日本女子野球協会より改組
テンプレートを表示

一般社団法人全日本女子野球連盟(いっぱんしゃだんほうじんぜんにほんじょしやきゅうれんめい)は、日本女子野球に関わる団体。女子野球日本代表の編成や派遣、全日本女子硬式野球選手権大会を主催する。

概要[編集]

IBAF女子野球ワールドカップ国際野球連盟が主催)および女子野球世界大会(国際女子野球協会が主催)に派遣する女子硬式野球日本代表チーム(かつてはチーム・エネルゲンの愛称で呼ばれた)の編成・育成と、全日本女子硬式野球選手権大会の実施を行っている。

沿革[編集]

  • 1999年2月 - アメリカ・フロリダで開催される春季全米大会に日本代表チーム(第1期チーム・エネルゲン)を派遣すべく、任意団体として「全日本女子硬式野球チーム実行委員会」を組織。
  • 2002年4月 - 「日本女子野球協会」と改組。
  • 2003年3月 - 特定非営利活動法人(NPO法人)の認可を富山県より受ける。
  • 2004年4月 - 日本野球連盟への加盟が承認。全日本野球会議の構成団体の一員になる。
  • 2004年7月 - 国際野球連盟(IBAF)主催のIBAF女子野球ワールドカップ(カナダ・エドモントン)に女子硬式野球U-18日本代表チームが出場し、準優勝。
  • 2005年8月 - 全日本野球会議普及振興委員会の協力で、第1回全日本女子硬式野球選手権大会を実施(参加チームは、高校5、一般11)。
  • 2006年4月 - 女子野球日本代表が全日本野球会議の代表派遣事業として承認される。
  • 2006年7月 - 第2回IBAF女子野球ワールドカップ(台湾・台北)に女子野球日本代表チームが出場。
  • 2006年10月 - 市原市長杯第1回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会を実施。
  • 2014年2月 - 「全日本女子野球連盟」と改組。一般社団法人となる。

運営構成[編集]

※地区連盟等は未整備

  • 女子硬式野球日本代表チームの編成と育成
  • 全日本女子硬式野球選手権大会の主催 (高校女子硬式チームと一般女子硬式チームの合同)
  • 全国高等学校女子硬式野球選手権大会 (全国高等学校女子硬式野球連盟が主催)への開催協力
  • 全日本大学女子野球選手権大会 (全日本大学女子野球連盟が主催)への開催協力

関連項目[編集]

外部リンク[編集]