わかさ生活

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社わかさ生活
WAKASA SEIKATSU Corporation
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
600-8008
京都市下京区四条烏丸
設立 1998年4月1日
業種 食料品
法人番号 6130001019343
事業内容 サプリメント事業、海外事業(原料卸)、美容事業 、スポーツ事業、医療機関サプリメント事業、店舗卸事業、ぴったり事業(健康セミナー)、女子プロ野球事業、マンガプロモーション事業
代表者 角谷建耀知代表取締役
資本金 1000万円
売上高 164億円(2016年12月期)
従業員数 わかさ生活グループ 全従業員数:412名(2017年3月現在)
外部リンク http://www.wakasa.jp/
テンプレートを表示

株式会社わかさ生活(わかさせいかつ、WAKASA SEIKATSU Corporation)は、京都府京都市下京区に本社を置く、サプリメント及び化粧品を取り扱う企業。

企業概要[編集]

1998年4月23日大阪府高槻市にて創業。主にブルーベリーを利用したサプリメント「ブルーベリーアイ」などの研究開発及び企画、販売を手掛ける企業。ロゴは、太陽の光を浴びた紫色のブルーベリーの実と2枚の葉からなる。枠からはみ出す左の葉は、大きな成長と健康、あふれ出すエネルギーを意味し、背景の薄紫色の枠は精神を安定させる働きや精神力の活性化などを現している。社名は、「若々しく健康的な生活を提供したい」という意味である。[1]

沿革[編集]

  • 1998年
    • 4月- 大阪府高槻市にて『ブルーベリーアイ』の通信販売スタート
    • 5月- 「わかさニュース」創刊
  • 1999年
    • 2月- 「ふれあい広場」 第1回開催~(現在「友の会」として開催)
  • 2000年
    • 7月‐「わかさ生活」商標登録
    • 10月- 有限会社わかさ生活から株式会社わかさ生活へ
    • 11月- 本社を大阪府高槻市から京都市下京区堀川通塩小路上ル北不動堂町の京都駅烏丸口前に移転
    • 12月‐ 「ブルーベリーアイ」商標登録
  • 2001年
    • 9月- 企業ロゴマーク誕生、流通センター(物流センター)を京都市下京区七条堀川に開設
  • 2002年
  • 2003年
    • 1月- 社会貢献活動 ブルーベリーリボンの「一縁のeye基金」設立
    • 7月- 品質管理の国際規格ISO9001:2000認証取得
  • 2004年
    • 11月- 流通センターを京都市伏見区に移転[2]、「わかさ生活京都研究所」を京都リサーチパーク内に設立
  • 2005年
    • 6月- 本社を京都市下京区四条烏丸へ移転
  • 2006年
  • 2007年
    • 4月- ヘルシンキに北欧フィンランド支社開設
    • 11月- グループ会社「わかさハーティング」設立
  • 2010年
    • 10月- ナノビルベリー製法特許取得
  • 2012年
    • 6月- わかさ生活東北支社宮城県仙台市に開所
    • 10月- 「東京支社」が東京都港区に開所
  • 2013年
  • 2014年
    • 9月- 「東日本流通センター」が東京都江東区に開所


ブルーベリーアイの歴史[編集]

角谷建耀知は、18歳の時の脳腫瘍の手術により、視野を半分失った。その経験から商品開発を決意し、ブルーベリーが目に良い果実ということに辿り着く。その後、現在「ブルーベリーアイ」に使用されている北欧産野生種のブルーベリー「ビルベリー」に着目し、「ブルーベリーアイ」を開発。創業の1998年に誕生したブルーベリーアイは、幾度かの商品改良を行っている。商品改良の起源としては、顧客からの「1ヶ月分と書いているが、1ヶ月分持たない」という声に対して30粒入り商品を31粒入り商品にしたことから始まる。[3]2014年4月には新成分アサイーを配合し「ブルーベリーアイ デラックス」へ名称変更している。

医療機関サプリメント[編集]

眼科や薬局などの医療機関等で取り扱われているサプリメント。 医師や薬剤師に症状やサプリメントについて相談することができる。「目の健康を保つために、食事や栄養で補ってほしい」という医師と、「目の健康を維持したい」という患者に応えるべく研究・開発され、2010年に誕生した。[4] 機能性表示食品としても届出し受理されている商品がある。2016年11月に取扱医院数1,000件を超えた。[要出典]

主な商品[編集]

  • ブルーベリーアイ
    • ブルーベリーアイ デラックス
  • アイケア商品
    • ルテインα
    • カシスα
    • アスタキサンチンα
  • ヘルスケア商品
    • 乳酸菌1000億
    • DNA核酸
    • さらさら美流
  • 医療機関サプリメント
    • ブルーベリーアイプロ
    • ルテインプロ
    • グルコサミン&コンドロイチンプロ
    • レスベラトロールプロ
  • レスベラトロール商品
    • レスベラトロール ピュア
    • レスベラトロールの水
  • スポーツ商品
    • Asto ボディ リカバリー

友の会[編集]

わかさ生活の商品を利用している消費者を対象とした催し。1999年2月に「ふれあい広場」 として始まった。現在「友の会」と名称が変更されている。2014年10月から「わかさHappy隊」を結成し、わかさ生活のスタッフと一緒に友の会の開催をする消費者を募集している。

社会貢献活動(ブルーベリーリボン)[編集]

わかさ生活では様々な社会貢献活動を総称して「ブルーベリーリボン」と呼んでいる。また、顧客が購入した商品1袋につき1円を積み立てる「一縁のeye基金」を設立している。

視覚障がい者支援[編集]

アイバンク啓発活動[編集]

アイバンク登録の呼びかけ」「アイバンクへの寄付活動」、また「アイバンク愛の光基金管理会」と共にアイバンク啓発活動を推進している[5]

視覚障がい者マラソン大会[編集]

視覚障がい者マラソン大会に協賛し、現在では、企画運営にも携わっている。

盲導犬育成支援[編集]

継続的な盲導犬育成への支援や啓発活動を実施。活動の一環として、2004年には映画「クイール」にも協賛し、 2015年7月には、盲導犬の一生を描いた漫画『盲導犬ベリー』を発行している。

児童支援[編集]

ひとみ元気教室[編集]

2007年から始まった出張授業。小学校・幼稚園・保育園の子どもたちを対象にブルーベリーの植樹、収穫、調理までを学ぶ「植樹・食育活動」と、体験学習を通じて目の大切さを伝える「視育活動」を行っている。開催した小学校の中には文部科学省から表彰を受ける学校もある。[6]

児童養護施設支援[編集]

児童養護施設に暮らす子ども達との交流を深める活動。2005年秋からわかさ生活で働く従業員が定期的に実施している。

日本フィンランド友好プロジェクト[編集]

フィンランドのサンタの森に、2005年にもみの木の植樹を行う。[7]その活動をきっかけにフィンランド政府公認のサンタクロースが毎年来日するようになる。お互いの国の歴史や文化を紹介する「小百科事典」贈呈、両国の伝統音楽交流、フィンランドの教育を日本に広めるための講演会などを行っている。

地域への取り組み[編集]

被災地支援[編集]

わかさ生活は創業当初から国内外での大震災・台風などの自然災害の被災地、被災者の復興支援、災害義援金の寄付を行っている。義援金・寄付金総額は、2014年4月時点で累計10億9000万円。これらの活動に対し、国より紺綬褒章、新潟県と京都府大江町(現・福知山市)からなど様々な感謝状が贈られている。

  • 2000年3月 台湾地震救援金に100万円の義援金を寄付
  • 2004年10月 台風23号の被災地(京都・兵庫県北部)に赴き、救援物資をお届けし、200万円の義援金を寄付
  • 2005年12月 新潟中越地震被災地への支援に対して紺綬褒章、感謝状受章
  • 2011年2月 ニュージーランド地震義援金として25万7133円の義援金を寄付
  • 2011年9月 台風12号(紀伊半島)の災害に1億円の義援金を寄付
  • 2011年 東日本大震災後、三億円の義援金を寄付、サプリメントの支援、雇用支援[8][9][10]
  • 2013年9月 台風18号(京都府北部)の災害では、従業員による清掃支援活動[11]と5,000万円の義援金を寄付[12]

環境への取り組み[編集]

葵プロジェクト[編集]

京都・上賀茂神社にかつて自生していた葵の葉(二葉葵)を育成するべく発足したプロジェクトに2007年より賛同し、支援をしている。

関連書籍[編集]

  • 社史『ブルーベリーアイのわかさ生活です。』(2009年7月発売)
  • エッセイ『角谷建耀知』(2009年7月発売)
  • 対談集『角谷建耀知の病は気から』(2009年7月発売)
  • ~人類に新しい力を~ナノビルベリー(2010年12月発売)
  • 日本女子プロ野球リーグの挑戦~ガラスのスパイクを届けに~(2010年4月発売)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 2014年6月29日京都新聞 日曜経済
  2. ^ 月刊マテリアルフローNo.632(2012年11月1日発行)
  3. ^ 月刊ばんぶう 2012年11月号(2012年11月1日発行)
  4. ^ 和漢医薬学雑誌 20(Supplement), 63, 2003-08-05
  5. ^ 10月の「目の愛護月間」に合わせて アイバンクミュージカル「パパからもらった宝もの」開催!|株式会社 わかさ生活のプレスリリース
  6. ^ 教育現場からも注目を集めるわかさ生活の『ひとみ元気教室』参加児童30,000人を突破!!|株式会社 わかさ生活のプレスリリース”. PR TIMES. 2016年2月3日閲覧。
  7. ^ わかさ生活とサンタクロースが今年も京都・神戸・丹波を訪問します|株式会社 わかさ生活のプレスリリース”. PR TIMES. 2016年2月3日閲覧。
  8. ^ 東日本大震災復興支援のため仙台市に新たに支社を開設いたします!|株式会社 わかさ生活のプレスリリース”. PR TIMES. 2016年2月3日閲覧。
  9. ^ 月刊マテリアルフローNo.632(2012年11月1日発行)・DIME No.1(2011年12月20日発売)・京都商工会議所会報 京ビジネスレビューNo.700(2011年7月20日発行)立石会頭の会員訪問レポート おじゃまします!
  10. ^ 梶彩夏 (2016年3月1日). “仕事増えても人は足りず”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/local/miyagi/feature/CO022011/20160302-OYTAT50071.html 2016年3月17日閲覧。 
  11. ^ http://www.ryoutan.co.jp/news/2013/09/21/007031.html
  12. ^ 台風18号被災地域(京都府福知山市・舞鶴市・綾部市)への復興支援活動を実施|株式会社 わかさ生活のプレスリリース”. PR TIMES. 2016年2月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]