全日本軟式野球連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全日本軟式野球連盟
Japan Softball Baseball Association
団体種類 公益財団法人
主要人物 会長 岡部英男
活動地域 日本の旗 日本
ウェブサイト www.jsbb.or.jp
テンプレートを表示

公益財団法人全日本軟式野球連盟(こうえきざいだんほうじんぜんにほんなんしきやきゅうれんめい、英語表記 Japan Softball Baseball Association)とは、日本公益法人アマチュア野球統括団体の1つである。

概要[編集]

通称では「全軟連」あるいは "JSBB" と呼ばれる。現在の連盟名をJOC等で登録する英文の名称には "Japan Rubber Baseball Association" を用いているが、連盟発足時はGHQへの許可申請が必要で、GHQ側の見解は「野球とはベースボール(硬式)かソフトボールのどちらかのみ」というものだったため、日本で誕生した "Rubber Ball"(ゴムのボール)が理解されず許可がおりなかった。そこで、やむなくソフトボールを「ソフトボール部会」として連盟に受け入れ "Japan Softball Baseball Association"(略称 JSBB)とすることで認可が降りた。このような経緯から、現在でも正式名称としては、"Japan Softball Baseball Association" であり、略称も JSBB となっている。(なおソフトボール部会は1949年に日本ソフトボール協会として分離された。)

正しい軟式野球の普及発展・技術向上を目的に1946年に設立。東京都渋谷区千駄ケ谷四丁目の軟式野球会館内に本部を置き、47都道府県に支部を置く。全国大会の運営、審判員発掘養成を主な二本柱として業務しており、加盟チーム総数は、一般(社会人)・少年部(中学生)・学童部(小学生)を含めて57,915チーム(但し前述は直接に各都道府県支部に登録の一般・少年部・学童部のみで、大学協会472校・専門学校218校・還暦連盟330チームは含まない。登録チーム数はいずれも2005年現在。)となっており、硬式の社会人野球大学野球高校野球高野連加盟の軟式の高校野球チーム(高野連に加盟しなければ全軟連への加盟が認められる。)を女子単独の野球チームを除く全ての軟式野球(専門学校のみは硬式も含む)を統括している。但し、女子選手(小・中・高・一般)の参加自体は1994年に連盟として承認している。

軟式野球は日本で生まれたスポーツであり、硬式野球と比べて怪我をすることが少なく、用具も硬式用と比べて安く手に入りやすくて人気があり、競技人口も高い上に硬式の社会人野球チームによくあるチームの休部や廃部、チームの統合が少なく、安定した戦力、チームを保持できる(ただし、怪我やチームの休部、統廃合などはある。)

また全軟連は、日本体育協会と共に日本オリンピック委員会(JOC)にも加盟しており、近い将来、「軟式野球が」オリンピックの正式種目となる可能性がある[要出典]

なお、現在準硬式野球として一般に知られている野球は、従来の中空のゴムボール(いわゆる軟式球)を改良して硬式球に使用感がより近いものに改良したボール(軟式H号球)を使用したもので、誕生当初から軟式野球の一部として発展してきた。運営団体・組織体系においても社会人・学生の全ての準硬式野球チームは全日本軟式野球連盟の統括下になっている。

注)中学校におけるクラブ活動については財団法人日本中学校体育連盟日本高等学校野球連盟加盟の高校軟式野球部の関連については日本高等学校野球連盟の管轄となるので当該項目を参照のこと。

傘下団体・支部[編集]

一般・少年部・学童部[編集]

全国47都道府県支部を予選・連絡会の運営の為に9ブロックに分けて編成。

  • 北海道地区(北海道)
  • 東北地区(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島)
  • 関東地区(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)
  • 北信越地区(長野・新潟・富山・石川・福井)
  • 東海地区(静岡・愛知・岐阜・三重)
  • 近畿地区(滋賀・京都・大阪・奈良・和歌山・兵庫)
  • 中国地区(岡山・鳥取・広島・島根・山口)
  • 四国地区(香川・愛媛・徳島・高知)
  • 九州地区(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄)

大学[編集]

※注記:類似名称の団体である全日本学生軟式野球連盟は関連団体組織ではありません。詳細は各記事中の解説を参照の事。

専門学校[編集]

還暦[編集]

  • 全日本還暦軟式野球連盟
    • 各都道府県還暦軟式野球連盟

全日本還暦軟式野球選手権大会 毎年9月末開催
(各県予選を勝ち抜いたチームなどによって争われる )
※2006年で22回の開催を数える。本年は64チーム参加。

主催大会[編集]

※参加対象は各都道府県47支部に所属の一般(社会人)・少年部(中学生)・学童部(小学生)のみ。大学・専門学校・還暦チームについては当該の項目を参照の事。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]