全日本少年軟式野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全日本少年軟式野球大会(ぜんにほんしょうねんなんしきやきゅうたいかい)は、横浜市と全日本軟式野球連盟主催で毎年8月中旬に横浜スタジアムで開催される中学年代の軟式野球全国大会。

同じく中学年代の軟式野球全国大会である全国中学校軟式野球大会日本中学校体育連盟主催)は参加資格が中学校単位で活動している野球部に限定されているのに対し本大会では、中学単位のチームの他にも都道府県単位の選抜チームや地域単位のクラブチームにも参加資格が与えられている。なお、中学校単位の野球部の出場に際しては「○○中学クラブ」のチーム名で参加することとなる。

予選は各市町村大会から始まり、都道府県、ブロック大会を勝ち抜き本大会へと進出する。なお、本大会では「開催地枠」として、神奈川県から、別途1チームが参加する。主催である全日本軟式野球連盟の関係者間を中心に「中学生の甲子園」と称される場合がある。また、全国中学校軟式野球大会と比較して出場チームが16と少ないうえに、大会最終日に準決勝と決勝戦がまとめて執り行われる過密日程のため、指導者や関係者の間では、大会への出場や優勝へ到る厳しさは全国中学校軟式野球大会のそれを上回るとの声がある。

大会の歴史[編集]

本大会の前身は1975年初開催の全日本少年軟式野球大会である。1981年全日本学童軟式野球大会が創設されたことにより一時休止状態となったが、1984年に、第1回全日本少年軟式野球大会の名で再び開催されて現在に至る。

2003年度は20回記念大会であったこと、2009年度は横浜市開港150周年記念であったことから開催地である神奈川県からの代表枠が例年より2つ多い4つ設けられた。内訳は、神奈川県代表の中学校ならびにクラブチーム、横浜市代表の中学校ならびにクラブチームがそれぞれ1つずつである。

出場経験のある主な野球選手[編集]

歴代優勝校[編集]

年度(西暦) 年度(和暦) 優勝 地区
1 1984 昭和59 都賀町立都賀中学校 栃木県代表
2 1985 昭和60 佐野市立城東中学校 栃木県代表
3 1986 昭和61 都賀町立都賀中学校 栃木県代表
4 1987 昭和62 横浜市立下瀬谷中学校 横浜市代表
5 1988 昭和63 高砂市立松陽中学校 兵庫県代表
6 1989 平成元 桐蔭学園中学校 横浜市代表
7 1990 平成2 壬生町立壬生中学校 栃木県代表
8 1991 平成3 松永ヤンキース 広島県代表
9 1992 平成4 小山市立桑中学校 栃木県代表
10 1993 平成5 宮崎市立大塚中学校 宮崎県代表
11 1994 平成6 鏡町立鏡中学校 熊本県代表
12 1995 平成7 鳴門市立瀬戸中学校 徳島県代表
13 1996 平成8 星稜中学校 石川県代表
14 1997 平成9 宿毛市立片島中学校 高知県代表
15 1998 平成10 全流山(流山市内の中学生で構成された選抜チーム) 千葉県代表
16 1999 平成11 鹿島市立東部中学校 佐賀県代表
17 2000 平成12 桐蔭学園中学校 横浜市代表
18 2001 平成13 二見町立二見中学校 三重県代表
19 2002 平成14 本部市立上本部中学校 沖縄県代表
20 2003 平成15 多久町立中央中学校 佐賀県代表
21 2004 平成16 福井クラブ(福井県内の中学生で構成された選抜チーム) 福井県代表
22 2005 平成17 相模原市立上溝中学校 神奈川県代表
23 2006 平成18 彦根クラブ(彦根市内の中学生で構成された選抜チーム) 滋賀県代表
24 2007 平成19 星稜中学校 石川県代表
25 2008 平成20 高知中学校 高知県代表
26 2009 平成21 西京ビッグスターズ 京都府代表
27 2010 平成22 茨城オール県南クラブ 茨城県代表
28 2011 平成23 高知中学校 高知県代表
29 2012 平成24 西京ビッグスターズ 京都府代表
30 2013 平成25 豊後高田市立高田中学校 大分県代表
31 2014 平成26 波佐見町立波佐見中学校 長崎県代表
32 2015 平成27 豊見城市立豊見城中学校 沖縄県代表
33 2016 平成28 星稜中学校 石川県代表
34 2017 平成29 西京ビッグスターズ 京都府代表
35 2018 平成30 神戸市立兵庫中学校 兵庫県代表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]