塩谷和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
塩谷 和彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県高砂市
生年月日 (1974-05-27) 1974年5月27日(44歳)
身長
体重
183 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手外野手二塁手捕手
プロ入り 1992年 ドラフト6位
初出場 NPB / 1995年7月31日
KBO / 2006年4月8日
最終出場 NPB / 2005年5月1日
KBO / 2006年5月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

塩谷 和彦(しおたに かずひこ、1974年5月27日 - )は、兵庫県高砂市出身の元プロ野球選手内野手外野手捕手)。愛称は「シオ」など。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1992年神港学園高校時代に捕手として第74回全国高等学校野球選手権大会に出場。同年秋のプロ野球ドラフト会議にて阪神タイガースから6位指名を受けて入団。入団時に「契約金で母の墓を建てる」と発言した。

プロ入り後[編集]

阪神時代[編集]

当時の阪神の捕手には山田勝彦木戸克彦関川浩一らが在籍しており、塩谷は捕手としては出場機会に恵まれず二軍暮らしが続いていた。

1996年10月9日のシーズン最終戦となる中日ドラゴンズ戦で塩谷が1回裏に中西清起への代打で起用[1]され、プロ初本塁打となる満塁本塁打を打ったことで阪神は日本プロ野球史上初となる「1イニング満塁本塁打2本」を記録した。(なお、同じ回に1本目となる満塁本塁打を打ったのは新庄剛志であった。)

塩谷の入団後にも同じ捕手の矢野輝弘吉本亮が阪神へ移籍してきた。

翌年1998年に出場機会を増やすべく内野手(主に三塁手)に転向すると打撃が安定して、たびたび公式戦に出場するようになり、14試合に出場した。

1999年は44試合に出場し、3本塁打をマークし、打率も.282を記録した。

2000年は48試合に出場したが、これが阪神でのシーズン最多出場であった。打率は前年より下がった。

2001年は29試合の出場に終わった。オフに斉藤秀光との交換トレードでオリックス・ブルーウェーブへ移籍。移籍時の記者会見で「(阪神に)放出して惜しかったと思わせたい」「見返したい」などと発言している。

オリックス時代[編集]

移籍1年目の2002年は就任1年目の石毛宏典のもと,14試合で4番打者として起用されるなど99試合に出場した。しかし、谷佳知が3割超えを記録したものの新外国人フェルナンド・セギノールが序盤は打ちまくったが徐々に低迷し打率.203 23本塁打 47打点に終わり、同じくスコット・シェルドンも26本塁打を放つも打率.256 59打点にとどまり、155三振を喫するなどこの年のオリックス打線は貧打に喘いだ。一方の塩谷も打率.230とチーム打率.235と足並みを揃えてしまう打率となってしまった。

2003年に自身初の規定打席到達を果たす。7月下旬から9月上旬にかけて24試合連続安打を記録するなど本塁打8、打点46、盗塁7、打率.307の成績を残し、オールスターゲームへの初出場も果たした。

2004年、7月16日、17日の対西武戦(ヤフーBB)では2試合続けてのサヨナラ勝ち(16日は満塁でサヨナラ押し出し死球、17日はサヨナラ本塁打)に貢献している[2]。同年は101試合の出場で規定打席到達はならなかったものの本塁打は自己最多の9本で、打点48、盗塁2、打率.269の成績を残す。同年末の分配ドラフトにより引き続きオリックスの選手となる。

だが、翌年2005年は合併によって近鉄の選手が入団したことでライバルが増え、16試合の出場に留まった。オフに戦力外通告を受け、KBOSKワイバーンズへ移籍。入来智らに続いて3人目、野手としては初の「日本人選手」(韓国名での登録名でない選手)だった。

韓国時代[編集]

移籍したSKでは2006年5月初旬に左手甲に死球を受けて骨折し戦線から離脱した。しかし、復帰に時間がかかるために戦力にならないと6月中旬にはウェーバーにかけられ、その後帰国とともに現役を引退した。

引退後[編集]

2010年福井ミラクルエレファンツベースボール・チャレンジ・リーグ)の打撃・守備コーチに就任したがシーズン開幕の前日である4月2日、一身上の都合を理由に突然辞任を表明した。

選手としての特徴[編集]

元々は長打力が自慢のパワーヒッターであったが、阪神時代は安定した打撃成績は残せずレギュラーとして定着できなかった。オリックスに移籍後は、右方向のバッティングなどの巧打のセンスが開花し、内角の球は長打狙い、外角は流し打ちのスタイルに変わっていった。足は特別速くはないが、2003年に7盗塁を記録するなど標準的な走力はあった。

なお、塩谷は日本プロ野球で13年間プレーしたが、その間自身の所属球団は1回もAクラス(3位以上)になれなかった。1995年から2004年までの10年間で、7年連続(阪神・1998 - 2001年、オリックス・2002 - 2004年)を含む9回の最下位を経験している。阪神は塩谷が退団した2002年に最下位を脱し、2003年には18年振りとなるセントラル・リーグ優勝を達成した。一方のオリックスは2001年まで前身の阪急時代を含めても1963年の1回しか最下位を経験していなかったが、塩谷が入団した2002年から3年連続最下位となってしまった。また、塩谷は2006年にはSKに所属したが、2005年に3位、2007年と2008年に優勝(2007年は初優勝)であったSKは、2006年は主力選手の相次ぐ負傷や不調によりシーズン6位(8球団中)に終わっている。

オリックス・バファローズ初年度の応援歌は塩谷が退団した後、歌詞を変更し、個人テーマのない選手向けの汎用応援歌「メインテーマ」として流用されている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 阪神 8 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1996 9 8 8 1 2 0 0 1 5 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .250 .250 .625 .875
1997 5 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1998 14 19 19 1 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .105 .105 .105 .211
1999 44 127 117 11 33 3 0 3 45 7 1 1 0 0 10 0 0 23 2 .282 .339 .385 .723
2000 48 120 107 11 27 2 0 2 35 12 1 0 1 0 12 0 0 15 1 .252 .328 .327 .655
2001 29 88 81 2 17 6 0 1 26 4 2 0 0 0 6 1 1 15 3 .210 .273 .321 .594
2002 オリックス 99 301 274 22 63 13 1 5 93 20 2 0 8 0 17 2 2 50 2 .230 .280 .339 .619
2003 123 483 436 58 134 15 1 8 175 46 7 4 5 4 37 1 1 74 13 .307 .360 .401 .761
2004 101 389 360 40 97 12 1 9 138 48 2 3 8 2 14 5 5 48 20 .269 .304 .383 .688
2005 16 36 34 2 6 3 0 0 9 3 0 0 0 0 2 0 0 3 3 .176 .222 .265 .487
2006 SK 23 103 91 15 27 4 0 3 40 19 1 0 -- -- 7 -- 2 12 2 .297 .350 .440 .789
NPB:11年 496 1580 1445 148 381 54 3 29 528 145 15 8 22 6 98 9 9 235 45 .264 .313 .365 .679
KBO:1年 23 103 91 15 27 4 0 3 40 19 1 0 -- -- 7 -- 2 12 2 .297 .350 .440 .789

記録[編集]

NPB初記録
NPBその他記録
  • 24試合連続安打 (2003年)
  • ※チーム1イニング2満塁本塁打 (上記、初本塁打 1本目:新庄剛志、2本目:塩谷) ※史上初
  • オールスターゲーム出場:1回 (2003年)

背番号[編集]

  • 62 (1993年 - 1998年)
  • 40 (1999年 - 2001年)
  • 41 (2002年)
  • 6 (2003年 - 2005年)
  • 10 (2006年)
  • 76 (2010年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この試合は中西と木戸克彦引退試合であったため、中西は元々1イニングのみ登板する予定だった。
  2. ^ ベースボールマガジン2005年冬季号133ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]