小林敦 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 敦
2011marines kobaatsu.jpg
小林敦(2011年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県島田市
生年月日 1986年2月24日(30歳)
身長
体重
178 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト3位
初出場 NPB / 2011年6月8日
最終出場 2011年10月12日
年俸 850万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小林 敦(こばやし あつし、1986年2月24日 - )は、静岡県島田市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

東海大翔洋中学校時代は2年次に三塁手として第16回全日本少年軟式野球大会でベスト8。3年次からエース投手となる。その後東海大相模高に進学。2年秋からエースとして活躍し、3年夏は県大会ベスト4で敗退。甲子園の出場は叶わなかった。東海大学進学後は3年秋の4勝を挙げるも、4年時は不振だったこともありプロからの指名は無かった。

大学卒業後は七十七銀行に入行。1年目から日本選手権東京スポニチ大会などで全国経験を果たす。第81回都市対抗野球東北2次予選では、第2代表決定戦の対TDK戦で3安打7奪三振無四球完封で敢闘賞を受賞した。その一方で、銀行員として、同行の県庁支店で窓口業務に就いていた。

2010年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから3巡目指名を受けたことを機に入団[1]。七十七銀行出身者では初めてのプロ野球選手[2]で、入団後には、海外FA権の行使によってこの年限りで退団した小林宏之から背番号41を引き継いだ。なお、指名直後の11月には、広州アジア大会に日本代表として出場。銅メダルを獲得した。

プロ入り後[編集]

2011年には、チームの新人投手で唯一、春季キャンプを一軍でスタート。公式戦の開幕を二軍で迎えたが、6月8日の対阪神タイガース戦(QVCマリンフィールド)に3番手投手として一軍デビューを果たすと、同月30日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)から先発に転向。7月14日の対埼玉西武ライオンズ戦(QVCマリンフィールド)に先発で登板すると、7回を被安打2の無失点に抑えて一軍初勝利を記録した[3]。一軍公式戦では先発で6試合に登板したが、この年を最後に一軍のマウンドから遠ざかった。

2012年には、イースタン・リーグ公式戦で主に先発を任されると、5月下旬までの登板で5勝を挙げた。しかし、5月31日の対日本ハム戦(鎌ケ谷スタジアム)では、打者6人に4つの四球を与えた末に1回0/3で降板。この試合を最後に実戦を離れると、8月15日に右肩関節の腱板修復手術を受けた[4]。このため、2013年には実戦から離れて、右肩のリハビリに専念した。

2014年には、イースタン・リーグ公式戦で2年振りに実戦へ復帰。通算で13試合に登板したが、11回3分の1を投げただけで、勝敗は付かなかった。

2015年には、イースタン・リーグ公式戦27試合に登板。0勝1敗、防御率4.67という成績を残した。しかし、10月3日に球団から戦力外通告を受けた[5]ことを機に、現役を引退した。

ちなみにロッテでは、1988年小林茂生が入団してから、小林敦に戦力外を通告するまで、28年連続で小林姓の現役選手が必ず1名在籍していた(延べ9名で全て投手)。小林敦が引退した2016年シーズンからは、現役時代にクローザーとして活躍した小林雅英が、一軍の投手コーチとして復帰する。ただし、小林敦への戦力外通告後(2015年12月時点)にドラフト会議トレードなどで小林姓の選手を獲得していないため、2016年には小林姓の選手が29年振りに在籍しない可能性がある[6]

現役引退後[編集]

2015年12月10日に、スカウトとしてロッテと契約することが球団から発表された[7]。地元の東海地区に加えて、北陸地区も担当する[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 ロッテ 9 6 0 0 0 1 5 0 0 .167 160 35.2 42 5 10 0 0 22 2 0 25 23 5.80 1.46
通算:1年 9 6 0 0 0 1 5 0 0 .167 160 35.2 42 5 10 0 0 22 2 0 25 23 5.80 1.46
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 41 (2011年 - 2015年)

登場曲[編集]

  • 「Lifestyles Of The Rich And Famous」Good Charlotte(2011年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト
  2. ^ a b ロッテ小林敦 ケガに泣いた5年間生かすスカウトに日刊スポーツ(2016年1月3日)
  3. ^ 「雅」でも「宏」でもない 小林敦がプロ初勝利スポーツニッポン(2011年7月15日)、2015年12月22日閲覧。
  4. ^ 小林投手の手術について」 千葉ロッテマリーンズ公式サイト(2012年8月15日)、2012年11月26日閲覧。
  5. ^ 来季契約について 千葉ロッテマリーンズ公式サイト 2015年10月3日閲覧。
  6. ^ ロッテの意外な危機!? “小林”のバトン、途切れると29年ぶりBASEBALL KING(2015年10月3日)、2015年12月22日閲覧。
  7. ^ 来季スタッフ契約について 千葉ロッテマリーンズ公式サイト(2015年12月10日)

関連項目[編集]