西川健太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西川 健太郎
CD-Kentaro-Nishikawa20130306.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県金沢市
生年月日 (1993-04-18) 1993年4月18日(24歳)
身長
体重
184 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト2位
初出場 2012年6月14日
最終出場 2015年8月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

西川 健太郎(にしかわ けんたろう、1993年4月18日 - )は、石川県金沢市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。血液型はA型。現在は中日ドラゴンズ打撃投手を務めている。

経歴[ソースを編集]

プロ入り前[ソースを編集]

星稜中学校時代は軟式野球部に所属。2年夏の第24回全日本少年軟式野球大会では主に左翼手として、3年夏の第30回全国中学校軟式野球大会では中学生ながら最速135km/hを記録するエース兼4番打者として2度の全国制覇に貢献。3年夏の全中大会では予選である北信越予選で優勝した翌日に父を病気で亡くす悲しみを乗り越えての全国制覇であった。

星稜高等学校進学後は、1年秋からエース。2年春の春季大会では北信越大会でベスト4まで進出。3年夏は、石川県予選準決勝で釜田佳直擁する金沢高に2-5で敗れる。6月に骨折した左手甲の影響で、先発は務めずリリーフとして登板した[1]。しかし、在学中には春夏とも、阪神甲子園球場での全国大会に出場できなかった。

2011年のプロ野球ドラフト会議で、中日ドラゴンズから2巡目で指名[2]。中日が1巡目で高橋周平の交渉権を獲得できなかった場合に、西川を1巡目で指名することが事前に報じられるほど、高い評価を受けていた。結局、中日は1巡目で高橋の交渉権を獲得。西川自身も、契約金6,000万円、年俸660万円(金額は推定)という条件で、高橋と揃って入団した。背番号は32

中日時代[ソースを編集]

2012年には、ウエスタン・リーグ公式戦で、開幕から先発投手に起用。6月14日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)6回裏に、救援投手として一軍デビューを果たした[3]。シーズン通算では、一軍公式戦3試合に登板するとともに、防御率1.29を記録した。また、7月19日フレッシュオールスターゲームHARD OFF ECOスタジアム新潟)では、ウエスタン・リーグ選抜の先発投手として2回を無失点に抑えた[4]

2013年には、5月19日の対ソフトバンク戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)で、シーズン初の一軍マウンド経験。7月31日の対阪神タイガース戦(甲子園)に先発で登板すると、7回裏2死まで阪神打線から1人の走者も出さないほどの好投を見せた末に、7回1安打1四球無失点という内容で一軍初勝利を挙げた[5]。その後も一軍公式戦に登板したが、1勝6敗、防御率6.26という成績でシーズンを終えた。

2014年には、春季キャンプ中に右足の内転筋を痛めた[6]。ウエスタン・リーグ公式戦では20試合の登板で3勝5敗、防御率5.24という成績を残したが、一軍公式戦への登板機会はなかった。

2015年には、前年に続いて、右足の内転筋痛で春季キャンプを離脱した[6]5月28日の対ソフトバンク戦で、2年振りに一軍公式戦へ登板。シーズン6試合目の登板であった8月5日の対横浜DeNAベイスターズ戦(いずれもナゴヤドーム)で一軍公式戦2年振りの勝利を挙げたが、この試合を最後に一軍から遠ざかった。

2016年には、ウエスタン・リーグ公式戦11試合に登板。2勝0敗ながら、防御率が10.97に達するほど振るわず、一軍公式戦への登板機会がなかった。10月1日に球団から戦力外通告を受けた[7]が、NPB他球団での現役続行を希望していたため、2016年11月12日には甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加。シートバッティング形式の対戦で、打者3人を無安打に抑えたほか、1つの三振を奪った[8]。しかし、NPB他球団から獲得のオファーを受けるまでに至らなかったため、現役からの引退を決意した[9]12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示[10]

現役引退後[ソースを編集]

前述のトライアウト直後に、中日から打撃投手への転身を打診。2016年11月24日に、打撃投手として正式に契約した[9]

選手としての特徴[ソースを編集]

柔軟性のあるしなやかなフォームから、最速147km/h常時140km/h手前のストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップを投げていた。

中日時代の終盤には、2年続けて右足の内転筋を痛めたため、トレーニングによって強化[6]。また、投球時の右肘の位置を変えたことによって、コントロールが安定したという[8]

人物[ソースを編集]

家族は母と姉2人で、趣味はDVD鑑賞。

ライバル校である金沢高校のエースで、自身が中日に指名された2011年のドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスからの2巡目指名を受けた釜田佳直と仲が良い。西川自身は、指名の時点で、「将来性では釜田より上」とも言われていた[1]

中日ファンである[11]。ドラフト指名時には「中日は小さいころから憧れだった。若い投手が育っている球団という印象がある。肘をしなやかに使えるフォームには、自信を持っている。プロでは結果にこだわり、勝てる投手になる」と発言している。ちなみに2010年末、名古屋の治療院で後にチームメイトとなる吉見一起と偶然顔を合わせたが、「プライベートだと思ったので声はかけませんでした」[12]

2015年のシーズン終了後に、自身と同じ年齢で石川県出身の女性と結婚。別々の高校に通っていた17歳の時から交際を続けた末の結婚[6]で、2017年の初めに第1子の出産を予定している。2016年12月30日TBSテレビ制作・全国ネットで放送された『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』では、夫婦への密着取材映像を交えながら、妻との馴れ初めから中日打撃投手への転身を決意するまでの経緯を紹介していた[13]

詳細情報[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2012 中日 3 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 24 7.0 1 1 2 0 0 4 0 0 1 1 1.29 0.43
2013 12 9 0 0 0 1 6 0 0 .143 207 46.0 50 8 19 0 0 27 2 0 35 32 6.26 1.50
2015 6 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 33 7.1 7 0 6 0 0 6 0 0 3 3 3.68 1.77
通算:3年 21 10 0 0 0 2 6 0 0 .250 264 60.1 58 9 27 0 0 37 2 0 39 36 5.37 1.36

記録[ソースを編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打:2013年10月1日、対阪神タイガース24回戦(阪神甲子園球場)、3回表に能見篤史から中前安打[18]

背番号[ソースを編集]

  • 32 (2012年 - 2016年)
  • 117 (2017年 - )

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b 【中日2位】西川健太郎 素材はライバル釜田以上 まだまだ球は速くなる!”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月27日). 2012年5月15日閲覧。
  2. ^ ドラフト会議速報 Vol.2”. 中日ドラゴンズ (2011年10月27日). 2012年5月15日閲覧。
  3. ^ 【中日】ドラ2西川キラリ☆プロデビュー日刊スポーツ(2012年6月14日配信)2016年4月22日閲覧。
  4. ^ 2012年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果日本野球機構公式サイト 2016年11月16日閲覧。
  5. ^ 中日 2年目の西川7回2死まで完全!プロ初勝利、連敗止めた スポーツニッポン2014年7月31日配信
  6. ^ a b c d 中日・西川健太郎投手「特に力を入れているのが右足内転筋のトレーニング」週刊ベースボールONLINE2016年2月18日配信
  7. ^ 来季の契約について”. 中日ドラゴンズ公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  8. ^ a b “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.html 2016年11月13日閲覧。 
  9. ^ a b “中日西川健太郎が引退、打撃投手で「選手の力に」”. 日刊スポーツ. (2016年11月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1742638.html 2016年11月24日閲覧。 
  10. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  11. ^ ずっと中日ファン!西川「憧れていた」”. スポニチ Sponichi Annex (2011年10月28日). 2012年5月15日閲覧。
  12. ^ 中日スポーツ 2011年10月28日付
  13. ^ 『プロ野球戦力外通告クビを宣告された男達』2016年12月30日放送回
  14. ^ 【中日】ドラ2西川キラリ☆プロデビュー日刊スポーツ(2012年6月14日配信)2016年4月22日閲覧。
  15. ^ 中日西川、巨倒の秘密兵器完全デビュー日刊スポーツ(2012年6月15日配信)2016年4月22日閲覧。
  16. ^ 高木監督が西川絶賛!来年の開幕2戦目日刊スポーツ(2012年9月24日配信)2016年4月22日閲覧。
  17. ^ 【中日】西川プロ初勝利7回1安打無失点日刊スポーツ(2013年7月31日配信)2016年4月22日閲覧。
  18. ^ 日本プロ野球記録2013

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]