高松宮賜杯全日本軟式野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

高松宮賜杯全日本軟式野球大会(たかまつのみやしはいぜんにっぽんなんしきやきゅうたいかい)は、全日本軟式野球連盟主催の野球大会。同じく全日本軟式野球連盟主催の天皇賜杯大会に次ぐ権威を持つ。第1回大会は昭和32年に実施され、第3回(昭和34年)に高松宮記念杯が下賜された。開催地は毎年各都道府県で持ち回り。

現在、大会は1部・2部制をとって行われ、1部はBクラスに登録のチーム、2部はCクラスに登録のチームで、所属する各都道府県支部の予選大会で優勝したのち、ブロック大会の代表となったチームによって優勝が争われる。この大会で優勝・準優勝したチームは、次年度よりAクラスへと昇格される。

歴代優勝チーム[編集]

年度 1部優勝 2部優勝
1957年 1 下関市役所 豊羽鉱山
1958年 2 PL教団B 富士重工宇都宮
1959年 3 山田無線 曽根自衛隊
1960年 4 赤金鉱業所 手稲町役場
1961年 5 日立造船神奈川 国策木材
1962年 6 田川市役所 勝田自衛隊
1963年 7 大促スパロー 明治商事
1964年 8 日本スピンドル 東北容器工場
1965年 9 明治屋札幌支店 三菱アセテート
1966年 10 東京電力 ミネクラブ
1967年 11 出光徳山 沖電気工業
1968年 12 佼成出版社 大船渡パイレーツ
1969年 13 カワニ 東京ライガース
1970年 14 武田薬品清水工場 山鹿市役所
1971年 15 東芝電気器具前橋 三井造船千葉
1972年 16 中富良野町役場 浮穴体協
1973年 17 高松電話局 浦和市役所
1974年 18 進藤病院 キッコーマン醤油
1975年 19 銚子信用金庫 山形県信連
1976年 20 高見沢サイバネ 国見クラブ
1977年 21 龍ヶ崎信用金庫 上対馬漁協
1978年 22 信州精器 戸田中央総合病院
1979年 23 サンクス 広島大洲電報電話局
1980年 24 日産ディーゼル工業 太平洋金属八戸工場
1981年 25 松山電話局 本田技術研究所
1982年 26 黒沢通信工業 松本市役所
1983年 27 直方市役所 鷺宮製作所
1984年 28 鷺宮製作所 東芝深谷
1985年 29 ケンショー 我孫子市役所
1986年 30 井上塗装クラブ 太陽ステンレススプリングB
1987年 31 アローズ 平内町体育協会
1988年 32 NTT金沢電話局 川内市役所
1989年 33 パイオニア所沢工場 スリーボンドURC
1990年 34 和久商店 三菱金属秋田製作所
1991年 35 九州日本電気ソフトウェア 自動車機器野球部
1992年 36 JA福岡信連 キッセイ薬品工場
1993年 37 オーム川辺 帝国通信工業赤穂工場
1994年 38 金沢クレンズ 大願寺
1995年 39 JA長野厚生連北信総合病院 栃木銀行
1996年 40 六本木企画隼クラブ 佐川急便九州支店
1997年 41 佐川急便九州支店 神出ハウス
1998年 42 九州電力BBC 六花亭マルセイズ
1999年 43 三菱重工名誘 鴨部たけし軍団
2000年 44 ボッシュブレーキシステム 明治乳業北陸事業所
2001年 45 倶楽部メインズ エアージン
2002年 46 筑波病院 石巻倶楽部
2003年 47 MBCカザ 熊本赤十字病院
2004年 48 サニクリーン九州 菊池工務店
2005年 49 グローリー機器 神出設計ポプリ
2006年 50 神出設計ポプリ ユメックス
2007年 51 福岡銀行 アクセス・ジャパン1
2008年 52 リョーユーパン 日亜鋼業B
2009年 53 Y・Sクラブ 山下ゴム
2010年 54 JAいるま野 ごろすけ倶楽部
2011年 55 ふくおかフィナンシャルグループ 東京バンバータ
2012年 56 アスレチックス倶楽部 足立建設
2013年 57 関東西濃運輸 長寿館
2014年 58 T-Five 佐川印刷BF
2015年 59 埼玉西部消防局 ヤマカミ
2016年 60 オール愛媛 空挺ブルーレンジャーズ
2017年 61 AKIRA 鹿児島サニクリーン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]