全国高等学校軟式野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全国高等学校軟式野球選手権大会
開始年 1956
主催 日本高等学校野球連盟
参加チーム数 16
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 中京学院大学附属中京高等学校(8回目)
最多優勝 作新学院高等学校(9回)
サイト 高野連公式サイト
テンプレートを表示

全国高等学校軟式野球選手権大会(ぜんこくこうとうがっこうなんしきやきゅうせんしゅけんたいかい)は、日本高等学校野球連盟(高野連)が主催する、毎年8月に行われる日本の高校野球大会。現在は兵庫県明石市兵庫県立明石公園第一野球場(明石トーカロ球場)を主会場に行われ、高校軟式野球日本一を競う。後援朝日新聞社・毎日新聞社・全日本軟式野球連盟

軟式野球の甲子園」「もう一つの甲子園」とも称されている。

最多優勝は作新学院(栃木)の9回である。それに中京学院大中京(岐阜)8回、龍谷大平安(京都)6回と続く。

概要[編集]

全国47都道府県を16の地区に分け、各地区1校ずつ、合計16校の代表で争われる。7月上旬から8月上旬にかけて行う都道府県大会、都道府県代表が争う地区大会を勝ちあがった学校が出場できる。大会は都道府県、地区大会、全国大会全てトーナメント方式で開催する。全国大会の16地区の区分には、「東中国・西中国」の区分や、北海道東京都のほか大阪府兵庫県も1都道府県で1地区とするなどの特色がある。軟式野球部の偏在なども考慮されているため、この区割は最大の南関東と最小の東中国では6倍以上の人口差がある。

地区 都道府県
北海道 北海道
北東北 青森岩手秋田
南東北 宮城山形福島
北関東 茨城栃木群馬
南関東 埼玉千葉神奈川山梨
東京 東京
北信越 新潟富山石川福井長野
東海 岐阜静岡愛知三重
近畿 滋賀京都奈良和歌山
大阪 大阪
兵庫 兵庫
東中国 鳥取島根岡山
西中国 広島山口
四国 徳島香川愛媛高知
北九州 福岡佐賀長崎大分
南九州 熊本宮崎鹿児島沖縄

上記の通り北海道、東京都、大阪府、兵庫県を除き複数県で1地区を組むため出場権に恵まれない県もあり、現時点では三重・沖縄の2県が本大会への出場経験がない。

日程としては、高野連が主催する全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の終了後から夏休みの期間中に開催される。多くの地区で夏休みの終了する8月31日(もしくは9月1日・2日)までに全日程を終わらせることになっており、この日までに決勝戦が決着しなかった場合は優勝預かり(両チーム準優勝扱い)となる。優勝預かりとなった事例は過去に1度ある(後述)。

試合は9回で同点の場合には延長戦。ただし延長15回でも決着しない場合には、準決勝までの試合ではサスペンデッドゲームとして翌日延長16回から再開され、決着がつくまで行う(サスペンデッドゲームでも決着がつかない場合は15イニングごとに翌日に持ち越し)。ただし、2014年の第59回大会準決勝では大会日程消化を優先させた関係[注 1]から特別ルールが導入された(後述)。この影響で2015年の第60回大会から決勝戦を除きタイブレークを導入することが決定され、延長13回ノーアウト・ランナー1・2塁の状態から攻撃を始める[2]。なお、決勝戦はサスペンデッドとはせず再試合とする。

都道府県大会・地方大会では得点差によるコールドゲーム制度が実施されている。但し地方大会決勝戦と全国大会の全ての試合については適用されない。

その他[編集]

全国大会の優勝校には持ち回りの優勝旗、準優勝校には楯が贈呈される。優勝旗は翌年大会の開会式で返還され、記念楯が贈呈される。

この大会の上位入賞チームなどは秋に各都道府県持ち回りで開かれる国民体育大会に出場できるチャンスがある。但し現在高校野球は軟式・硬式の何れも公開競技として行われており、正式な天皇杯加算ポイントには反映されない。

使用球場[編集]

現在[編集]

過去[編集]

  • 藤井寺球場(1956年 - 1972年、1974年 - 1980年、1956年から1958年までは同球場のサブグランドも使用)
  • PL学園球場(1959年 - 1980年)
  • 高砂市野球場(1981年 - 2015年)

歴史[編集]

  • 1956年(第1回大会) - 藤井寺球場に15地区の代表が集まり、第1回全国高等学校軟式野球優勝野球大会が開幕。第1回の代表校選出は北海道を除き複数県でブロックを組んで行われていた。
  • 1957年(第2回大会) - 東京都と大阪府が1ブロックとなり、17校で開催。
  • 1958年(第3回大会) - 兵庫県が1ブロックとなり、18校で開催。これ以降、1県1ブロックになったケースはない。
  • 1959年(第4回大会) - 藤井寺球場のサブグランドが宅地造成のため使用停止となり、PL教団球場(翌年PL学園球場に改称)との併用開催となる。
  • 1960年(第5回大会) - 平安が大会初の連覇(翌年も優勝し3連覇を果たす)。
  • 1962年(第7回大会) - サスペンデッドゲームの規定が設けられ、準決勝の広島市商日田商戦が適用第1号となる(当初は18回で打ち切り、19回から再開のルール)。この試合は19回の1イニングで決着(広島市商 1-0 日田商)。なお、決勝戦は従来通り再試合となる。
  • 1966年(第11回大会) - コールドゲームの規定が設けられ、決勝を除き7回以降に7点以上点差がついた場合に適用される(現在はその規定は廃止)。
  • 1968年(第13回大会) - 下関商(西中国・山口)対静岡商(東海・静岡)の決勝戦が延長18回、0-0で決着がつかず、この日が夏休み最終日の9月1日となった[注 2]ことから再試合とせず優勝預かりとなる(過去の大会で唯一の「優勝預かり」事例)。
  • 1973年(第18回大会) - 藤井寺球場がナイター用の夜間照明設備を設ける工事に着手した[注 3]影響により、この大会に限りPL学園球場のみの使用となった。
  • 1974年(第19回大会) - 福井ろう学校が、聾学校チームとして初めて本大会に出場。福井ろう学校は福井県大会を優勝したものの、「都道府県内の試合に限り」の内規のため北陸大会に出場できなかった。その後理事会で内規が改正され、特例として出場が認められた。このため、この年の大会は例年より1校多い19校が出場した。また、硬式の大会と同様に金属バットの使用が認められる。
  • 1978年(第23回大会) - 大会名が「全国高等学校軟式野球選手権大会」に変更される。
  • 1981年(第26回大会) - 開催地が大阪府から兵庫県の明石公園野球場と高砂市野球場に移転する。この大会より準決勝・決勝が同日開催から2日に分けて開催される。
  • 1996年(第41回大会) - 出場校が18校から16校に減る。信越(長野・新潟)と北陸(富山・石川・福井)が統合し北信越に、北近畿(滋賀・京都)と南近畿(奈良・和歌山)が統合し近畿のブロックに変更される。
  • 2000年(第45回大会) - 開・閉会式の司会進行を高校生が行うようになる。
  • 2009年(第54回大会) - 名城大付の小林雄太が大会史上初めて完全試合を達成する。
  • 2014年(第59回大会) - 準決勝の中京(東海代表・岐阜)対崇徳(西中国代表・広島)の試合がサスペンデッドゲームとなり、2日目も15イニング(延長30回)を戦っても決着がつかず、大会初の「再サスペンデッドゲーム」に。3日目も15イニング(延長45回)を終えて0-0と互いに譲らず、史上初の「再々サスペンデッドゲーム」になると共に、日程の関係から「最大延長54回(同日の9イニング目)で打ち切り・同点の場合は抽選で決勝進出チーム決定」「準決勝と同日に決勝を実施し、9回で同点の場合は優勝預かり」の特別ルールが導入される[注 4]。4日目の試合で延長50回表(この日の5イニング目)に中京が3点を挙げ、3-0で勝利した[3]。それまでの記録は第26回大会(1981年)の大津(西中国・山口) - 口加(北部九州・長崎)と、第28回大会(1983年)の平工(南東北・福島) - 松商学園(信越・長野)で記録した延長25回[4]
  • 2015年(第60回大会) - タイブレーク制が導入され[2]、準決勝の能代(北東北・秋田)対上田西(北信越・長野)戦で初めて適用される[5]
  • 2016年(第61回大会) - 準々決勝と準決勝の間に休養日を設ける[6]。加えてサブ会場だった高砂市野球場が老朽化に伴い姫路球場に変更。

歴代優勝校[編集]

開催年 優勝校 スコア 準優勝校 備考
1 1956年 土佐 高知 1 - 0 中京商 愛知
2 1957年 早稲田実 東京 8 - 5 岐阜商 岐阜
3 1958年 中京商 愛知 7 - 0 新宮 和歌山
4 1959年 平安 京都 8 - 1 早稲田実 東京
5 1960年 平安 京都 3 - 1 市川 千葉
6 1961年 平安 京都 1 - 0 広陵 広島 大会3連覇
7 1962年 徳島工 徳島 0 - 0 広島市商 広島 延長14回日没引分
1 - 0 再試合:延長10回
8 1963年 平安 京都 2 - 0 兵庫工 兵庫
9 1964年 慶応 神奈川 3 - 0 静岡商 静岡
10 1965年 中京商 愛知 4 - 2 千葉商 千葉
11 1966年 北海 北海道 1x - 0 中京商 愛知 延長12回
12 1967年 黒沢尻工 岩手 1 - 0 静岡商 静岡
13 1968年 -- 0 - 0 下関商 山口 延長18回引分
両校準優勝扱い
静岡商 静岡
14 1969年 平安 京都 2 - 1 萩商 山口
15 1970年 岩瀬農 福島 7 - 0 小野田工 山口
16 1971年 口加 長崎 5 - 2 浜田 島根
17 1972年 飾磨工 兵庫 5 - 2 渋川工 群馬
18 1973年 九州工 福岡 10 - 0 宇都宮学園 栃木
19 1974年 県岐阜商 岐阜 5 - 1 宇久 長崎
20 1975年 三重農 大分 4 - 1 大津 山口
21 1976年 平安 京都 4x - 3 静岡商 静岡 延長12回
22 1977年 広陵 広島 4 - 1 蒲江 大分
23 1978年 飾磨工 兵庫 3 - 1 法政二 神奈川
24 1979年 静岡商 静岡 4 - 2 能代 秋田 延長13回
25 1980年 静岡商 静岡 4x - 3 千葉商 千葉 延長11回・大会2連覇
26 1981年 大津 山口 2 - 0 松山商 愛媛
27 1982年 能代 秋田 4 - 3 玉野 岡山 延長13回
28 1983年 河浦 熊本 2x - 1 平工 福島 延長10回
29 1984年 新宮 和歌山 2 - 1 広陵 広島
30 1985年 県岐阜商 岐阜 0 - 0 河浦 熊本 延長18回
2 - 1 再試合
31 1986年 作新学院 栃木 2 - 0 平安 京都
32 1987年 松山商 愛媛 4 - 0 横浜商 神奈川
33 1988年 広陵 広島 3 - 0 新宮 和歌山
34 1989年 作新学院 栃木 3 - 2 PL学園 大阪
35 1990年 作新学院 栃木 2 - 0 兵庫工 兵庫 大会2連覇
36 1991年 中京商 岐阜 8 - 3 松商学園 長野
37 1992年 四日市 大分 5 - 4 松商学園 長野
38 1993年 富山商 富山 8 - 2 神戸弘陵 兵庫
39 1994年 作新学院 栃木 2 - 1 平安 京都
40 1995年 作新学院 栃木 6 - 1 能代 秋田 大会2連覇
41 1996年 中京商 岐阜 4 - 0 松山商 愛媛
42 1997年 育英 兵庫 4 - 0 仙台商 宮城
43 1998年 中京商 岐阜 4 - 3 平安 京都
44 1999年 中京商 岐阜 7 - 0 浜田 島根 大会2連覇
45 2000年 広陵 広島 4x - 3 四日市 大分 延長11回
46 2001年 PL学園 大阪 4 - 0 仙台育英 宮城
47 2002年 仙台育英 宮城 3 - 1 日出学園 千葉
48 2003年 大津 山口 2x - 1 作新学院 栃木 延長13回
49 2004年 四日市 大分 2 - 0 文星芸大付 栃木
50 2005年 神港学園 兵庫 3 - 0 朝倉東 福岡
51 2006年 作新学院 栃木 1 - 0 中京 岐阜
52 2007年 新見 岡山 3 - 0 富山商 富山
53 2008年 作新学院 栃木 1 - 1 中京 岐阜 延長15回
5 - 1 再試合
54 2009年 作新学院 栃木 3 - 1 名城大付 愛知 大会2連覇
55 2010年 能代 秋田 2x - 1 新田 愛媛
56 2011年 中京 岐阜 2x - 1 作新学院 栃木 延長11回
57 2012年 中京 岐阜 2 - 1 文徳 熊本 延長10回・大会2連覇
58 2013年 横浜修悠館 神奈川 3x - 2 新田 愛媛 延長11回
59 2014年 中京 岐阜 2 - 0 三浦学苑 神奈川
60 2015年 作新学院 栃木 2 - 0 能代 秋田
61 2016年 天理 奈良 5 - 0 早大学院 東京
62 2017年 中京学院大中京 岐阜 1 - 0 茗溪学園 茨城

完全試合[編集]

開催日 投手 所属校 スコア 対戦校 球場 試合
2009年8月26日 第54回 小林雄太 名城大付(東海・愛知 7 - 0 初芝富田林大阪 高砂市野球場 1回戦
2011年8月26日 第56回 下田巧 中京(東海・岐阜 4 - 0 河浦(南部九州・熊本 高砂市野球場 準々決勝

エピソード[編集]

1968年の第13回大会決勝の下関商と静岡商の決勝は、延長18回0-0の引き分けとなり、優勝預かり(両校準優勝)となったが、29年後の1997年11月23日に静岡商創部50周年の記念行事として、静岡・草薙球場の当時の選手が集まって記念試合を行った。試合は12-6で静岡商が勝利した[7]

中継[編集]

テレビ中継に関しては、2014年現在はGAORAスカイ・Aで隔年ごとに決勝戦が録画放送(GAORA2002年、スカイA2007年まで生中継)されている。1990年代頃までは朝日放送でテレビ中継されていた。

ラジオ中継に関しては、近畿地方と決勝戦に進出した当該地区のNHKラジオ第1放送国会中継等でラジオ第1放送で中継できない場合はNHK-FM放送)が決勝戦を生中継する。

なお、NHK・GAORAとも2014年の大会は準決勝の中京高校対崇徳高校の試合が3日間連続のサスペンデッドゲームとなり、4日目の試合が決勝戦の前に行われたことから急遽準決勝(4日目の試合分)の中継を行った[8]

参考文献[編集]

  • 全国高等学校軟式野球選手権大会50年史 (財)日本高等学校野球連盟、2006年

脚注[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サスペンデッドゲームが4日にわたった一方で、大会については8月31日までに終わらせる必要があった[1]
  2. ^ この年行われた第50回全国高等学校野球選手権大会が記念大会のため48校が出場し、かつすべての試合を阪神甲子園球場で開催したことに伴い大会期間が延びたため例年より開会日が繰り下がり、さらに大会期間中に雨天順延が続いたため予備日をすべて消化し尽くしてしまっていた。
  3. ^ 結果的にこれらの工事は地元住民の反対により工事が中断されている。藤井寺球場の項目参照。
  4. ^ これはこの日のうちに決勝戦を含めて日程を消化させなければいけないという理由と共に、ダブルヘッダーの場合でも最大で1日18イニングまでしか試合をすることが出来ないとする規定の関係[1]から、このような特別ルールが定められたものである。

出典[編集]

  1. ^ a b “延長45回決着つかず、ルール整備の必要性言及 高野連”. 朝日新聞. (2014年8月30日). http://www.asahi.com/articles/ASG8Z34FVG8ZPTQP001.html 2014年8月31日閲覧。 
  2. ^ a b “高校軟式野球、タイブレーク制導入へ 夏の選手権大会で”. 朝日新聞. (2015年1月22日). http://www.asahi.com/articles/ASH1Q5JMCH1QUTQP026.html 2015年9月22日閲覧。 
  3. ^ ““世紀の死闘”ついに決着…延長50回 中京が3 - 0で勝利”. スポーツニッポン. (2014年8月31日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/31/kiji/K20140831008844980.html 2014年8月31日閲覧。 
  4. ^ “延長30回で決着つかず!高校軟式野球準決勝 3日目に突入へ”. スポーツニッポン. (2014年8月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/29/kiji/K20140829008833460.html 2014年8月30日閲覧。 
  5. ^ “高校軟式野球:タイブレーク制を初適用”. 毎日新聞. (2015年8月25日). http://mainichi.jp/sports/news/20150825k0000e050182000c.html 2015年9月22日閲覧。 
  6. ^ “高校軟式野球:全国選手権で休養日導入 準々決勝翌日”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2015年9月17日). http://mainichi.jp/sports/news/20150917k0000m050044000c.html 2015年9月17日閲覧。 
  7. ^ 高校野球軟式歴代全記録1
  8. ^ “全国高校軟式野球・準決勝も放送決定!” (プレスリリース), NHK大阪放送局, (2014年8月31日), http://www.nhk.or.jp/osaka/voice/blog/2014_0831.html 2014年8月31日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]