大分県立宇佐高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大分県立宇佐高等学校
大分県立宇佐高等学校
過去の名称

大分県中津尋常中学校宇佐分校

大分県立宇佐中学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大分県の旗 大分県
併合学校 大分県立四日市高等学校
校訓 剛健・友愛・創造
設立年月日 1897年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 44161K
所在地 872-0102
大分県宇佐市大字南宇佐1543
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大分県立宇佐高等学校(おおいたけんりつ うさこうとうがっこう)は、大分県宇佐市にある高等学校である。2007年(平成19年)4月には、大分県立四日市高等学校と統合され、新たな大分県立宇佐高等学校となった。略称は、宇佐高。

概要[編集]

旧制大分県立宇佐中学校を前身とする。1948年(昭和23年)、新学制により大分県立宇佐高等学校(男女共学)となった。

校地は宇佐神宮付近の老上ヶ丘(ろうじょうがおか)にあり、付近には国宝宇佐神宮、大楽寺、円通寺など寺社が多い。

沿革[編集]

1897年(明治30年)、中津尋常中学校(現大分県立中津南高等学校)の宇佐分校として開校した。当時は大分、中津、杵築、臼杵、竹田に次ぐ県内6番目の中学校であり、宇佐以外はいずれも城下町であることから、宇佐の地の教育熱の高さ、地元有力者の努力の跡が窺える。 1901年 (明治34年)、大分県立宇佐中学校と改称し、県下で六中学校時代となった。 1948年 (昭和23年)、新学制により男女共学の大分県立宇佐高等学校となる。 2007年(平成19年)4月には、大分県立四日市高等学校と統合された。[1]

年表[編集]

  • 1894年(明治27年) - 大分尋常中学校中津分校設置。
  • 1897年(明治30年) - 大分県中津尋常中学校宇佐分校設置。宇佐神宮宣教館(能舞台)を仮校舎とする。
  • 1899年(明治32年) - 老上ヶ丘(現校地)に校舎を建設。
  • 1901年(明治34年) - 大分県立宇佐中学校と改称。
  • 1948年(昭和23年) - 新学制により大分県立宇佐高等学校となる。
  • 2007年(平成19年) - 大分県立四日市高等学校と統合。[2]

設置学科[編集]

施設・設備[編集]

  • 管理棟 (昭和55年)
  • 普通教室棟 (平成23年)
  • 特別教室棟 (昭和57年)
  • 体育館 (平成元年)
  • 柔剣道場 (昭和47年)
  • 屋内相撲場 (昭和47年)
  • ウエイトリフティング場 (平成19年)
  • テニスコート (平成5年)
  • 卓球場 (平成19年)
  • 弓道場 (昭和56年)
  • プール (昭和63年)
  • 老上ヶ丘会館 (平成8年)[3]

部活動[編集]

  • 運動系部活動
    • 硬式野球部
    • 軟式野球部
    • 相撲部
    • ウエイトリフティング部
    • サッカー部
    • バスケットボール部
    • 卓球部
    • 弓道部
    • 剣道部
    • テニス部
    • 陸上部
    • バレー部
    • バドミントン同好会
  • 文化系部活動
    • 新聞部
    • 美術部
    • 生花部
    • 茶道部
    • 放送部
    • 家庭部
    • ESS部
    • JRC部
    • 書道部
    • 文芸部
    • 科学部
    • 吹奏楽部
    • プログラミング同好会

所在地[編集]

  • 大分県宇佐市大字南宇佐1543

北緯33度31分51秒東経131度22分41秒

交通[編集]

最寄駅:九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線宇佐駅 宇佐駅より国道10号を中津方面へ、車で約5分。国道10号宇佐高校入口交差点を右折。

主な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新・宇佐ふるさとの歴史
  2. ^ 新・宇佐ふるさとの歴史
  3. ^ 施設・設備”. 公式サイト. 2015年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]