大阪府立河南高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大阪府立河南高等学校
正門前
過去の名称 富田林高等小学校付設裁縫女学校
学校組合立女子技芸学校
南河内郡立実科高等女学校
南河内郡立河南高等女学校
大阪府立河南高等女学校
大阪府立富田林高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
設立年月日 1906年4月1日
創立記念日 5月1日
創立者 南河内郡
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 27165K
所在地 584-0038
大阪府富田林市錦が丘町1-15
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大阪府立河南高等学校(おおさかふりつかなんこうとうがっこう、英称:Osaka Prefectural Kanan High School)は、大阪府富田林市にある公立高等学校

全日制普通科を設置する高等学校である。かつては工業科などを併設する総合制高等学校だったが、1960年代に普通科単科の高等学校に改編されている。

進路指導に力を入れている。

概要[編集]

50分6限授業。週31-34限授業。

沿革[編集]

1901年に当時の南河内郡の郡議会が、郡立女学校を設置する決議を出した。しかし時期尚早として無期延期となった。そこで「まず裁縫女学校を設置して将来の女学校創設に備える」という構想を立て、1906年に富田林高等小学校付設裁縫女学校を開設した。これが学校の起源となっている。1912年になり南河内郡立実科高等女学校に改編された。

1921年には大阪府に移管され大阪府立河南高等女学校へと改称した。さらに1928年には大阪府立富田林高等女学校と改称している。

河南(富田林)高等女学校は現在の富田林市立第一中学校の場所に校舎があったが、1944年に現在地に移転した。旧敷地は大阪第二師範学校女子部(大阪教育大学の前身校の一つ)として使用されたのち、1951年から富田林市立第一中学校が使用している。

学制改革により1948年に大阪府立河南高等学校が発足した。大阪府立富田林高等学校と生徒・教職員を交流して男女共学となった。男女共学化に伴う準備作業が完了し、開校式が実施された1948年5月1日創立記念日としている。また新制富田林町立中学校(現在の富田林市立第一中学校)に河南高校校舎を転用することになったため、一時期富田林高等学校内に移転して同校と同居していた。

新制高等学校発足直後には、普通科のほか工業科・商業科・家庭科を擁する総合制高等学校となっていた。しかし商業科・家庭科は短期間で廃止された。また工業科は、1962年に新設された大阪府立河南工業高等学校(現在の大阪府立藤井寺工科高等学校)に移管・継承する形で1962年に募集停止となり、在籍者が卒業した1965年に廃止された。

また1951年には、当時の中河内郡松原町立中学校(現在の松原市立松原中学校)に併設する形で[1]、定時制松原分校を設置した。松原分校は現在の松原市上田3丁目・松原市立第三保育所付近にあった。しかし松原分校は1966年に廃校となり、廃校当時在籍していた生徒は大阪府立河南工業高等学校定時制課程へ移籍措置がとられた。

年表[編集]

交通[編集]

主な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松原中学校は1956年に別の場所に移転し、それ以降は松原分校が校舎を単独使用していた。

外部リンク[編集]