再試合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

再試合(さいしあい)とは、競技において何らかの事情により勝負が決しなかった場合、勝敗を決するために改めて行う試合のことである。

競技別の再試合[編集]

野球[編集]

メジャーリーグにおいては、雨天等の理由により再試合を行う場合がある。

日本プロ野球においては一時期、引き分けに終わった場合は再試合というルールが設けられていた。最近では1990年から2000年までセントラル・リーグで実施されていた。この場合、チーム賞・個人賞の記録は再試合が行われた分を含めた全試合が対象となった。(例:140試合+引き分け再試合3試合があった場合は143試合分の成績で決定。チーム順位は引き分けの分を実質削って計算するため、単純に勝ち星の多い順番で優勝を決めたことになる)

日本の高校野球においては、現在は延長15回まで戦って勝負が決しなかった場合引き分けのまま打ち切り、後日再試合を行う事となる。高校野球における再試合については、1933年夏の第19回全国中等学校優勝野球大会における「中京商対明石中延長25回」を契機に検討された。それから25年後、1958年の春季四国大会において、徳島商板東英二投手が2日間で40イニングを投げた事態を見かねた高野連役員が本部に働きかけ、「選手の体力は2試合分が限度」と判断して、同年より「延長18回で勝敗が決まらない場合は翌日再試合」というルールが導入された。

さらに、それから40年経過した1998年の夏、第80回全国高等学校野球選手権大会における「PL学園対横浜延長17回」の試合で、両校選手の疲労感(特に横浜松坂大輔投手は一人だけで延長17回全てを完投)から、「延長18回は長すぎる」という意見が多数出る事となる。その3年後、2001年の春選抜大会・夏選手権大会より、延長戦は18回制から最大15回制までに3回短縮された。詳細は「延長引き分け再試合規定 (高校野球)」を参照。

大学野球では、勝ち点制(1カード3戦2勝制)を採用している大会が多い(地区により異なる方式がある)が、その場合でも、引き分けとなった場合は事実上再試合となる。また、優勝決定戦(プレーオフ)も優勝を完全に決するため同点で試合が終わった場合は再試合となることが多い。その代表例として1960年の「早慶六連戦」(レギュラーリーグでは早稲田が勝ち越して勝ち点4・9勝4敗で慶応と並んだ。その後規定により同点決勝が行われたが、2試合連続引き分け。第3試合目で早稲田が勝ち上がって優勝を決めたというもの)が挙げられる

サッカー[編集]

サッカーの場合は、基本的に天候に関わらず試合が開催されるが、台風や競技施設の設備故障等を理由に、試合が中断した結果、別の日に再試合を行った例がある。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)における事例はJリーグの試合中止例を参照。

イングランドのFAカップなどでは引き分けの場合は延長戦PK戦を行わず、相手チームのホームで再試合(リプレイ)を行う。以前は決着がつくまで何度もリプレイを行っていたが、現在は第2試合も引き分けた場合は延長戦及びPK戦を行う。なお、準決勝以降は再試合は行われない(中立地開催、必ず1戦で決着)。

判定トラブルによる再試合もまれに見受けられる。2005年9月3日に行われた2006 FIFAワールドカップ・アジア予選 5位決定戦ウズベキスタン代表-バーレーン代表戦では、ウズベキスタンの選手がPKを決めるも、味方競技者がペナルティーエリアに入っていたためゴールは取り消された。しかし、審判を務めた吉田寿光はPKを再び行うべきところを、バーレーンの間接FKで試合を再開したため、後日再試合となった。

格闘技[編集]

格闘技においては「再戦」あるいは「リマッチ」と呼ぶ。なお、「リターンマッチ」は過去に敗れた相手との「雪辱戦」を意味する。

プロレス総合格闘技では無効試合や引き分け、その他灰色決着となった試合においてリマッチを行うケースがしばし見られる。

プロボクシングタイトルマッチでは他選手との試合を挟まないいわゆる「ダイレクトリマッチ」を原則禁止しているが、判定が微妙だったり試合運営が不公正だった場合は稀に団体の判断で特例として認められることがある。また、正規王座休養王座の統一戦が引き分けに終わった場合、ダイレクトリマッチとして改めて決着を付ける。以前は前王者にダイレクトリマッチの権利が与えられていたが、代替として「オプション」と呼ばれる権利が与えられ、これを行使して現王者の2度目の防衛戦で前王者とリマッチを行うケースが見られる。

他の競技[編集]

試合の結果の公平性等を理由に再試合が行われる場合がある。近年ではハンドボール北京オリンピックアジア予選で中東の笛等を理由に再試合が行われた例がある。

オージーフットボールでは1948年、1977年、2010年のAFLグランドファイナルで引き分けたため、規定により、翌週に再試合を行った。

関連項目[編集]