徳元敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳元 敏
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県糸満市
生年月日 (1976-09-20) 1976年9月20日(42歳)
身長
体重
180 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト5位
初出場 1999年4月6日
最終出場 2007年4月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

徳元 敏(とくもと さとし、1976年9月20日 - )は、沖縄県糸満市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

沖縄水産高から、北海道学生野球連盟に加盟する東農大生産学部に進学。東京農業大学では生物産業学部生物生産学科に所属した。

1998年プロ野球ドラフト会議で、オリックス・ブルーウェーブから5位指名を受け入団。

プロ入り後[編集]

オリックス時代[編集]

2002年8月10日の対大阪近鉄バファローズ戦でプロ初勝利を収める。シーズン終盤には先発でのチャンスも与えられ、9月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦では敗れはしたが初完投も記録した。最終的に29試合に登板し、そのうち5試合に先発した。1勝4敗、防御率3.34の成績を残した。

2003年は開幕ローテ入りを果たし、開幕第5戦の3月31日の対西武ライオンズ戦では、9回途中2失点の好投で初先発勝利を挙げる。

2004年9月11日の対西武戦では5年ぶりにセーブをあげ、これがオリックス・ブルーウェーブとしての最後のセーブ投手となった。シーズン終了後、球団合併に伴う選手分配ドラフトで、新設された東北楽天ゴールデンイーグルスに入団する。

楽天時代[編集]

2005年は開幕一軍に選ばれ、チームは千葉ロッテマリーンズとの開幕戦で球団初勝利を挙げたが、続く開幕2戦目で移籍後初登板するも打ち込まれ即二軍落ちとなった。2戦目は0-26と歴史的大敗を喫した。同年は8試合の登板に終わり、防御率も8点台と低迷した。

2006年はボールの縫い目に指を掛けないノーシームを武器に好調を持続し、6月16日の対巨人戦で2年ぶりの白星を挙げた。シーズン中盤は特に好調で起用されることが多く、最終的に28試合に登板して自己最多の3勝1敗、防御率1.37の好成績を挙げた。被打率はトータルでも.182と非常に低く、特に左打者に強いところを見せた。

2007年4月3日北海道日本ハムファイターズ戦でシーズン初登板し、この試合は無失点に抑えた。しかし、2日後の同戦では金子誠にソロ本塁打を打たれた[1]。直後に二軍降格となった。その後はベテランの吉田豊彦が不調で二軍落ち、後半には抑えの福盛和男、ベテランの小倉恒が2度の二軍落ちするなどリリーフ陣に陰りが見えても1軍に昇格できず、僅か2試合の登板に終わり、10月2日に球団から戦力外通告を受けた。

楽天退団後[編集]

2008年1月18日、地元の沖縄電力に入社したと発表される。同時に同社の野球部に入部。2010年には、高見澤考史(元オリックス)が代表取締役を務める埼玉県のアーデルバッティングドームに入社。同会社の運営するアーデル野球塾の投手スタッフとして投手クラス・個人レッスンを中心に指導を行っていたが、2012年1月に退社した。[1]

その後、中学硬式野球クラブである東練馬シニアのコーチに就任し、2014年より監督を務める[2]

選手としての特徴・人物[編集]

サイドスローから繰り出されるスライダーシュートを武器にした強気の投球が身上。ボールの勢いで押さえつけて打ち取るタイプ。「究極的には一球でしとめること」と語るように奪三振へのこだわりはなく、また数自体も多くない。制球力にやや不安があり、四球は多めである。

シーズンオフのトレーニングでは平仲明信のボクシングジムに通っていた。

オリックスと楽天時代の背番号の43は、出身地沖縄で広く知られるシーサーの語呂合わせ。

楽天のファームブログでは、EXILEのATSUSHIに似ているからか徳ザイルと呼ばれていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 オリックス 35 0 0 0 0 0 5 1 -- .000 216 48.2 43 7 24 4 5 23 0 0 33 32 5.92 1.38
2000 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 29 6.0 8 0 2 0 1 2 0 0 4 1 1.50 1.67
2001 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 35 8.0 11 1 2 0 1 6 0 0 6 6 6.75 1.63
2002 29 5 1 0 0 1 4 0 -- .200 288 67.1 67 9 25 2 1 29 2 0 29 25 3.34 1.37
2003 26 7 0 0 0 1 3 0 -- .250 333 68.1 99 13 27 0 10 32 2 0 56 51 6.72 1.84
2004 12 2 0 0 0 1 2 1 -- .333 134 28.2 37 4 8 0 4 25 2 0 17 16 5.02 1.57
2005 楽天 8 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 49 8.2 11 0 12 0 2 1 0 0 8 8 8.31 2.65
2006 28 0 0 0 0 3 1 0 5 .750 104 26.1 16 0 11 0 1 10 0 0 7 4 1.37 1.03
2007 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 4 0.2 1 1 1 0 0 0 0 0 1 1 13.50 3.00
通算:9年 148 15 1 0 0 6 15 2 5 .286 1192 262.2 293 35 112 6 25 128 6 0 161 144 4.93 1.54

記録[編集]

背番号[編集]

  • 40 (1999年 - 2000年)
  • 43 (2001年 - 2007年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この試合は田中将大の本拠地初登板初先発の試合でもあった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]