佐野泰雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐野 泰雄
Yasuo Sano
埼玉西武ライオンズ #34
基本情報
国籍 タイ王国の旗 タイ
日本の旗 日本
二重国籍
出身地 タイ王国の旗 タイ
バンコク
生年月日 (1993-01-18) 1993年1月18日(25歳)
身長
体重
177 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト2位
初出場 2015年5月13日
年俸 1,500万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

佐野 泰雄(さの やすお、1993年1月18日 - )は、タイ王国バンコク出身のプロ野球選手投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

タイ人の母を持つ。バンコクで生まれ、2歳の時に埼玉県和光市に移り住んだ[2]

和光市立第三小学校に入学し、3年生の時に「和光リバーツインズ」で野球を始め、中学では「和光リトルシニア」でプレーした[3][4]。中学では主に外野手をやっていたが、3年生の夏以降投手の練習を初め、埼玉県立和光高等学校入学後は投手になった[5]。2年生時の春季県大会のさいたま市立浦和高等学校戦で15奪三振を、第91回全国高等学校野球選手権大会・埼玉大会の2回戦(和光はシード校だったため初戦)・埼玉県立小鹿野高等学校戦で18奪三振を記録した[6]。チームは3回戦で栄北高等学校に敗れた[7]。3年生時の春季県大会の慶應義塾志木高等学校戦で17奪三振を記録[6]第92回全国高等学校野球選手権大会・埼玉大会の2回戦(和光はシード校だったため初戦)では埼玉県立朝霞高等学校を相手に9奪三振・2失点で完投勝利を挙げた[8]。チームは3回戦で所沢北に敗れた[9]

平成国際大学では1年時から登板機会を与えられ[10]、4年生の春に関甲新学生リーグの最多勝利投手賞(7勝)とベストナイン賞を受賞[11]、秋の上武大学戦では個人通算勝利数の新記録となる29勝目を挙げた[12](その後記録を30に伸ばしている)。秋のリーグは最終的に5勝3敗で、春に続き最多勝とベストナインを獲得した[13]。大学通算では68試合457イニングを投げ30勝24敗[10]

西武時代[編集]

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズに2巡目で指名され[14]、契約金7,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[15]。背番号は「34」に決まった[16]。同じ西武の牧田和久は大学の先輩にあたり[17]、佐野のドラフト指名が決定した際には牧田が電話でエールを送った[18]

2015年5月13日に一軍登録され[19]、同日の対北海道日本ハムファイターズ戦でプロ初登板初先発。4回を投げ被安打4、奪三振4、与四球4、失点3(自責点2)で勝敗はつかなかった[20][21]

2016年6月3日の対阪神タイガース戦において6点リードの6回に3番手で登板し、3回を投げ無失点でプロ初勝利を挙げた。また、7回にプロ初打席に立ち、遊撃手へのゴロで凡退した[22]。8月4日に婚姻届けを提出し、入籍した[23](相手は東京都出身の一般女性[24])。

2017年5月13日の対オリックス・バファローズ戦で先発登板し、5回を投げ1失点の成績でプロ初先発勝利を記録した[25][26]。6月3日の対東京ヤクルトスワローズ戦において先発登板し、5回表の第3打席でプロ初安打(右前安打)を放った[27]。17日の対中日ドラゴンズ戦に先発登板した際、初回に左膝の違和感を訴えて降板したが、その後左膝の外側半月板損傷と診断され、28日に同部の手術が成功したことが発表された[28]

選手としての特徴[編集]

ややスリークォーター気味の投球フォーム[29]。大学生時で直球は最速149km/h。変化球の持ち球はカーブスライダーカットボールチェンジアップフォーク[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 西武 2 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 26 5.0 6 1 5 0 0 4 0 0 4 3 5.40 2.20
2016 15 1 0 0 0 1 1 0 0 .500 116 27.1 22 2 15 0 1 11 1 0 14 10 3.29 1.35
2017 6 6 0 0 0 3 1 0 0 .750 110 23.2 29 1 11 0 3 12 2 0 14 12 4.56 1.69
通算:2年 23 8 0 0 0 4 2 0 0 .667 252 56.0 57 4 31 0 4 27 3 0 32 25 4.02 1.57
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2015 西武 2 0 3 0 0 1.000
2016 15 1 2 0 0 1.000
2017 6 1 4 0 0 1.000
通算 23 2 9 0 0 1.000
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 34 (2015年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年5月25日閲覧。
  2. ^ 西武2位 左腕佐野 タイ出身の母に感謝「日本語もあまりしゃべれないのに」 スポニチ Sponichi Annex 2014年10月23日掲載
  3. ^ 近年の成績 和光リトルシニア公式ホームページ
  4. ^ 2014年ドラフト ◇西武2位指名 スポニチ Sponichi Annex
  5. ^ 野球太郎 No.13 廣済堂出版 149頁
  6. ^ a b 検証 甲子園コラム 和光vs朝霞 高校野球ドットコム 埼玉版
  7. ^ 2009年 第91回埼玉県大会 高校野球ドットコム 埼玉版
  8. ^ 和光・佐野19人スカウト熱視戦/埼玉大会 日刊スポーツ 2010年7月14日紙面から
  9. ^ 2010年 第92回埼玉県大会 高校野球ドットコム 埼玉版
  10. ^ a b 野球太郎 No.013 廣済堂出版 148頁
  11. ^ a b 硬式野球部の佐野泰雄選手がプロ野球ドラフト会議で2位指名 平成国際大学 大学からのお知らせ 2014年10月24日掲載
  12. ^ 平成国際大の“プロ注”左腕・佐野、好投でリーグ新29勝目 スポニチ Sponichi Annex 2014年10月11日掲載
  13. ^ 週刊ベースボール 12・10号増刊 「大学野球秋季リーグ戦決算号」P80 ベースボール・マガジン社発行
  14. ^ 2014年ドラフト会議 全指名選手 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  15. ^ 西武がドラ2佐野と合意「1軍でやるのが目標」 SANSPO.COM 2014年11月13日掲載
  16. ^ 本日12/11「2014ドラフト新入団選手発表会」を開催! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年12月11日配信
  17. ^ 牧田は2010年に卒業しているため、直接の繋がりは無い。
  18. ^ 西武2位の佐野、大学先輩・牧田のエールにカチカチ/ドラフト SANSPO.COM 2014年10月24日掲載
  19. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  20. ^ 西武、ドラ2ルーキー佐野が初登板初先発 4回3失点で降板 スポニチ Sponichi Annex 2015年5月13日掲載
  21. ^ 2015年5月13日 北海道日本ハム 対 埼玉西武 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  22. ^ 2016年6月3日 阪神 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  23. ^ 佐野泰雄投手 入籍のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年8月4日掲載
  24. ^ タイ出身の西武・佐野投手が結婚 お相手は29歳の一般女性 スポニチ Sponichi Annex 2016年8月4日掲載
  25. ^ 潮崎2軍監督の一喝が転機に 西武・佐野 先発では3年目初白星 スポニチ Sponichi Annex 2017年5月14日掲載
  26. ^ 2017年5月13日(土)埼玉西武 vs オリックス 成績詳細(出場選手成績) 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  27. ^ 2017年6月3日(土)埼玉西武 vs 東京ヤクルト 成績詳細(出場選手成績) 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  28. ^ 西武・佐野の手術は成功 ランニング再開まで3カ月の見込み BASEBALL KING 2017年6月28日掲載
  29. ^ 2014プロ野球ドラフト会議特集 佐野泰雄 週刊ベースボールONLINE ベースボール・マガジン社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]