ミゲル・ゴンザレス (1984年生の投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はゴンサレス第二姓(母方の)はマルティンです。
ミゲル・ゴンザレス
Miguel González
テキサス・レンジャーズ #36
Miguel González White Sox 2017.jpg
ホワイトソックス時代(2017年5月5日)
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ハリスコ州グアダラハラ
生年月日 (1984-05-27) 1984年5月27日(33歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 アマチュア・フリーエージェントとしてアナハイム・エンゼルスと契約
初出場 2012年5月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2017年

ミゲル・アンヘル・ゴンサレス・マルティンMiguel Ángel González Martín, 1984年5月27日 - )は、メキシコ合衆国ハリスコ州グアダラハラ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBテキサス・レンジャーズ所属。

愛称はエル・ハリスシエンセ[1]

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2004年アナハイム・エンゼルスに入団。

2008年ルール・ファイブ・ドラフトボストン・レッドソックスに移籍した。しかし、2008年は膝の手術、2009年トミー・ジョン手術でそれぞれ全休している[2]

オリオールズ時代[編集]

2012年3月にボルチモア・オリオールズとマイナー契約。2012年5月29日トロント・ブルージェイズ戦でメジャーデビュー。7月6日のエンゼルス戦で初先発し、メジャー初勝利を挙げた[2]。後半戦は先発に定着して9勝を挙げ、オリオールズの15年ぶりのポストシーズン進出に大きく貢献した。

2013年は、5月に指にまめが出来て故障者リスト入りしたが[3]、それ以外の期間は先発ローテーションに定着。特に前半戦は16試合中12試合でQSを決める[3]安定感を見せ、規定投球回に到達して自身初の2桁勝利 (11勝) を挙げた。

2014年3月11日にオリオールズと1年契約に合意した[4]。この年は、ウバルド・ヒメネスが復帰する際に、好調を維持しながらマイナー降格[5]という不運にも見舞われ、2年連続の規定投球回到達はならなかったが、前年から防御率を改善させ、2年連続で2桁勝利を記録した。同年は、特にケイレブ・ジョゼフとバッテリーを組んだ時に好投し、15試合で防御率2.74という成績だった[5]

2015年は26試合全てに先発登板したが、投球イニングが2年連続で減少したほか、防御率は自身初の4.00台 (4.91) 、9勝12敗と負け越したのも自身初と、メジャーデビュー後ではワーストのシーズンを送った[6]

2016年1月17日にオリオールズと1年契約に合意したが、3月31日に自由契約となった[7]

ホワイトソックス時代[編集]

2016年4月3日シカゴ・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだ[8]4月25日にメジャー契約を結び昇格した[6]。ホワイトソックスでは先発ローテーションの一角に入り、24試合に登板した。5勝8敗で2年連続負け越したが、防御率3.73・FIP3.71・WHIP1.24という成績が示すように、投球内容は前年より改善した。特に、3シーズン連続24本以上あった被本塁打を、半減以下の11本まで抑えた。

2017年2月8日第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)メキシコ代表に選出された[9]

レンジャーズ時代[編集]

2017年8月31日ティクアン・フォーブス英語版とのトレードで、テキサス・レンジャーズへ移籍した[10]

投球スタイル[編集]

オーバースローから、最速球速94.9mph(約153km/h)・平均91mph(約146km/h)の2種類の速球 (フォーシームツーシーム) を中心に、平均85mph(約137km/h)のスライダー、平均84mph(約135km/h)のスプリッター、平均77mph(約124km/h)カーブを投げる。メジャー通算の対右被OPSは.724、対左被OPSは.736と左右を苦にしないのも特徴の1つである[3][5][11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 BAL 18 15 0 0 0 9 4 0 0 .692 434 105.1 92 13 35 2 5 77 3 2 38 38 3.25 1.21
2013 30 28 1 0 0 11 8 0 0 .579 712 171.1 157 24 53 3 3 120 4 0 81 72 3.78 1.23
2014 27 26 1 1 0 10 9 0 0 .526 671 159.0 155 25 51 1 8 111 4 1 61 57 3.23 1.30
2015 26 26 0 0 0 9 12 0 0 .429 622 144.2 151 24 51 2 8 109 4 0 81 79 4.91 1.40
2016 CWS 24 23 0 0 0 5 8 0 0 .385 566 135.0 132 11 36 1 6 95 3 0 61 56 3.73 1.24
MLB:5年 125 118 1 1 0 44 41 0 0 .518 3005 715.1 687 97 225 9 30 512 18 3 322 302 3.80 1.28
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 50(2012年 - 2015年)
  • 58(2016年 - 2017年8月30日)
  • 36(2017年9月6日 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sox Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月30日閲覧
  2. ^ a b Gonzalez honors Adenhart in victorious first start” (英語). MLB.com (2012年7月6日). 2016年4月26日閲覧。
  3. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版2014年、71頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  4. ^ “Orioles agree to terms with 19 players on one year contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2014年3月11日), http://m.mlb.com/news/article/69107880 2016年4月27日閲覧。 
  5. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、33頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  6. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2016年4月26日閲覧。
  7. ^ Miguel Gonzalez: Granted unconditional release Wednesday”. CBSSports.com (2016年3月30日). 2016年4月7日閲覧。
  8. ^ Scott Merkin (2016年4月3日). “Gonzalez signs Minors deal with White Sox”. MLB.com. 2016年4月26日閲覧。
  9. ^ A-Gon, Davis lead Mexico's WBC '17 roster MLB.com (英語) (2017年2月8日) 2017年8月30日閲覧
  10. ^ Scott Merkin (2017年9月1日). “Gonzalez traded to Rangers for Minor Leaguer” (英語). MLB.com. 2017年9月2日閲覧。
  11. ^ FanGraphs

関連項目[編集]

外部リンク[編集]