トリッピー・レッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トリッピー・レッド
Trippie Redd
Trippie Redd Photo by Kris Knesel.jpg
2016年6月のTrippie Redd
基本情報
出生名 Michael Lamar White IV
マイケル・ラマ―・ホワイト4世
別名
  • Lil 14
  • Big 14
  • Slippy Redd
生誕 (1999-06-18) 1999年6月18日(22歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カントン (オハイオ州)
ジャンル ヒップホップ
トラップ
職業
担当楽器 ボーカル
活動期間 2014 - 現在
レーベル
  • TenThousand Projects[1]
  • Caroline
共同作業者 6ix9ine, XXXテンタシオン, Juice WRLD, イアン・ディオール, マシン・ガン・ケリー
公式サイト https://carolineinternational.jp/trippie-redd/

トリッピー・レッド英語: Trippie Redd、本名: マイケル・ラマー・ホワイト4世、1999年6月18日 - )は、アメリカ合衆国ラッパー歌手シンガーソングライター

高校卒業後アトランタに移住し、ラッパーのリル・ウォップ(Lil Wop)に出会い[2]、後にレコード契約[3][4]。自身の「Love Scars」や、6ix9ineをフィーチャーする「Poles1469」、トラヴィス・スコットをフィーチャーする「Dark Knight Dummo」などで良く知られている[5][6]。2018年7月に、ホワイトはデビューアルバム『Life’s a Trip』を発表[7]。アルバムは2018年8月10日に発売され[8][9]Billboard 200で4位を獲得。2018年11月にホワイトのミックステープ『A Lover Lotter to You 3』はBillboard 200で3位を獲得[10]。2019年8月9日には、セカンドアルバム『!』をリリースする[11]。2020年10月30日には、3作目のアルバム『Pegasus』をリリースした[12]

生い立ち[編集]

マイケル・ホワイトは1999年6月18日、カントン (オハイオ州)で生まれた。ホワイトの出産時、父は刑務所にいたため母はシングルマザーとして育てた[13]。彼の音楽への興味は母の聴いていたアシャンティビヨンセ2パックナズから始まった。後に彼はT-ペインキッスニルヴァーナグッチ・メインマリリン・マンソンリル・ウェインを聴いていた[14][13]。リル・タエに影響を受けてホワイトはラップを始めた[14][15]

キャリア[編集]

トリッピー・レッド(2018年)

リル・ウォップはホワイトをレコーディング・スタジオで始めるのを手伝った。コディー・シェインと共に三つのプロジェクトを始めた。『Awakening My Inner Beast』、『Beast Mode』、と『Rock the World Trippie』[13][16]

その後ホワイトはレーベルStrainge Entertainment(現在Elliot Grainge Entertainment)と契約をし、ロサンゼルスへと移住[15][17]

2017年5月、ホワイトはデビューミックステープ『A Love Letter to You』をリリース。リードシングルの「Love Scars」はYouTube上数か月で800万再生を超え[18][19]SoundCloudでは1300万再生を超えた[20]。ホワイトはXXXTENTACIONのアルバム『17』からの曲「Fuck Love」でコラボをした。この曲はBillboard Hot 100で28位を獲得[21][22]

2017年10月、ホワイトは二枚目のミックステープ、『A Love Letter to You 2』をリリース[23]Billboard 200で34位を獲得。同じ月にホワイトはリル・ウォップとのコラボEP『Angels & Demons』をリリース[24]

2017年12月5日、ホワイトはトラビス・スコットをフィーチャーする「Dark Knight Dummo」をリリース[25]Billboard Hot 100で72位を獲得し、ホワイトがリード・アーティストとしては初エントリー[26]。2017年12月25日ホワイトはスコット・ストーチがプロデュースし、スワエ・リーをフィーチャーする「TR666」をSoundCloudにてリリース[27]。11月30日にプレビューされた[28]。ホワイトはバウアー、ウー・イーファンジョージリッチ・ブライアンと共に「18」をリリース[29]

Openair Frauenfeldに出演するトリッピー・レッド(2019年)

2018年3月にビルボードとのインタビューで、ホワイトは自身のデビューアルバムはリル・ウェインエリカ・バドゥをフィーチャーしたコラボレーションにすると言った[30]。2018年7月、ホワイトは26曲を含むデビューアルバムの『Life’s a Trip』をリリースすると発表。後に16曲に変更[7]。2018年6月22日、シングルの「Me Likey」と「How You Feel」[31]、2018年8月7日には「Taking a Walk」をリリース[32]。『Life’s a Trip』は2018年8月10日にリリースし[33][9]Billboard 200アルバムチャートで4位を獲得[34]。シングルの「Taking a Walk」はBillboard Hot 100で49位を獲得。

2019年7月24日、セカンドアルバム『!』のリード・シングルとして、アメリカ人ラッパーのリル・ベイビーとリル・デュークをフィーチャリングしたシングル「Mac 10」をリリースした。アルバムは2019年8月9日にリリースされ、全米初登場3位を記録した[35]

2020年5月15日、ニューアルバムのリード・シングルとしてPartyNextDoorとのシングル「Excitement」をリリースした[36]。9月11日、ニューアルバム2枚目のシングルとして、バスタ・ライムズをフィーチャーしたシングル「I Got You」をリリースした。10月7日には3枚目のリードシングルとなる「Sleepy Hollow」をリリースした。2020年10月30日、3作目のスタジオ・アルバム『Pegasus』(ペガサス)がリリースされた[37]

人物[編集]

トリッピー・レッド(2018年)

トリッピー・レッドことマイケル・ラマー・ホワイト4世はアイルランド系、ネイティブアメリカン系、アフリカ系アメリカ人であることを公表している[38]

ホワイトは2017年3月に700万ドルの資産があり、母親に30万ドルの家を購入したと語っていた[39]

逮捕[編集]

2018年5月下旬、ホワイトはラッパーのFDM Gradyへの暴行容疑によりジョージア州コブ郡で逮捕された[40]。Gradyによると、ホワイトとラッパーのLil WopがGradyのガールフレンドを侮辱し、Gradyはホワイトとの殴り合いの喧嘩になる前に銃器を見せたという。その時点で、FDM GradyはホワイトとLil Wopを含む4人の男に襲われた[41]。ホワイトはアフレア(公共の場での喧嘩)、犯罪不法侵入、暴行の容疑で逮捕された。数週間後の6月初旬、ホワイトはジョージア州で女性をピストルで殴ったとされる暴行容疑で再び逮捕された[42]

確執[編集]

トリッピー・レッド(2018年)

6ix9ine

2017年4月13日、6ix9ineはトリッピー・レッドの楽曲「Poles1469」にフィーチャリングされ、7月にも「Owee」にフィーチャリングされた[43]。その後、6ix9ineに小児性愛者の疑惑が浮上するとホワイトは6ix9ineを糾弾する声明を発表する[44] 。2017年11月11日、ホワイトはニューヨークのホテルで襲われ、6ix9ineのチームのメンバーに待ち伏せされたと主張した[45]。2018年2月、6ix9ineはインスタグラムでホワイトと口論した直後にロサンゼルスの空港の外で複数の男性に暴行を受けた[46]

6ix9ineは、ホワイトが仲間のラッパーであるBhad Bhabieと性的関係を持っていたことを告発する。Bhad Bhabieは2人が過去にキスをしたことを認め「私たちはキスをしたけど、それはそれほど深刻なものではなかったし、彼は当時17歳だったのよ。」と述べている[47]

XXXTentacion

2017年10月、ドレイクの楽曲「God's Plan」のプレビューがソーシャルメディアで公開された。同曲はもともとホワイトがフックを歌った楽曲だった[48]。そこでドレイクとの間に過去に問題を抱えていたフロリダ出身のラッパーXXXテンタシオンが、ホワイトを困らせるために6ix9ineと交遊を始めた[49]。2018年3月、XXXテンタシオンはホワイトがフロリダ州に入ろうとしたら暴行することを宣言し、ホワイトをフロリダ州から追放した。しかしXXXテンタシオンは同月下旬の公演中にホワイトに謝罪し、ホワイトが謝罪を受け入れたことで2人は和解した[50]。2人はその後、複数回のコラボレーションを行っている。6月18日にXXXTentacionが亡くなった際には、ホワイトは追悼の意を表して髪を染めた[51]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 売上
US
[52]
AUS
[53]
CAN
[54]
FIN
[55]
GER
[56]
NOR
[57]
NZ
[58]
SWE
[59]
SWI
[60]
UK
[61]
Life's a Trip
  • 発売日:2018年8月10日
  • レーベル: TenThousand Projects
  • フォーマット: CD, LP, デジタルダウンロード
4 14 5 29 98 10 11 22 39 19
!
  • 発売日:2019年8月9日
  • レーベル: TenThousand Projects
  • フォーマット: CD, デジタルダウンロード
3 24
[63]
10 37
[64]
8
[65]
10
[66]
51
[67]
32 19

ミックステープ[編集]

タイトル アルバム詳細 ピーク最高位 売上
US
[52]
US
R&B
/HH
[69]
AUS
[53]
CAN
[54]
NOR
[57]
NZ
[58]
SWE
[59]
SWI
[60]
UK
[61]
A Love Letter to You
  • 発売日:2017年5月12日[70]
  • レーベル: TenThousand Projects
  • フォーマット: デジタルダウンロード
64 32
A Love Letter to You 2
  • 発売日: 2017年10月6日[71]
  • レーベル: TenThousand Projects
  • フォーマット: デジタルダウンロード
34 19
A Love Letter to You 3
  • 発売日: 2018年11月9日
  • レーベル: TenThousand Projects
  • フォーマット: デジタルダウンロード, LP
3 1 36 10 14
[72]
20
[73]
30
[74]
62 31
Old Self
  • 発売日: 2019年2月28日[75][76]
  • レーベル: TenThousand Projects
  • フォーマット: デジタルダウンロード
A Love Letter to You 4
  • 発売日: 2019年11月22日[77]
  • レーベル: TenThousand Projects
  • フォーマット: CD, streaming, デジタルダウンロード
1 1 47
[78]
6 12
[79]
17
[80]
43 32
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

EP[編集]

  • 『Awakening My Inner Beast』(2016)
  • 『Beast Mode』(2016)
  • 『Rock The World Trippie』(2016)
  • 『White Room Project』(2017)
  • 『A Love Letter You'll Never Get』(2017)
  • 『Angels and Demons (with Lil Wop)』(2017)
  • 『TR666+!$ 1400/800』(2018)

シングル[編集]

リードアーティスト:

  • 「Poles1469 (feat. 6ix9ine)」(2017)
  • 「Love Scars」(2017)
  • 「Bust Down」(2017)
  • 「Dark Knight Dummo (feat. Travis Scott)」(2017)
  • 「How You Feel」(2018)
  • 「Me Likey」(2018)
  • 「Taking A Walk」(2018)
  • 「Topanga」(2018)
  • 「Murder」(2019)
  • 「Under Enemy Arms」(2019)
  • 「Mac 10 (feat. Lil Baby and Lil Duke)」(2019)

フィーチャーアーティスト:

  • 「Ill Nana (DRAM feat. Trippie Redd)」(2017)
  • 「Fuck Love (XXXTentacion feat. Trippie Redd)」(2017)
  • 「18 (Kris Wu, Rich Brian, Joji feat. Trippie Redd and Baauer)」(2018)
  • 「High (Alison Wonderland feat. Trippie Redd)」(2018)
  • 「Jump (Julia Michaels feat. Trippie Redd)」(2018)
  • 「Gone Girl (Iann Dior feat. Trippie Redd)」(2019)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Trippie Redd Is Rap's New Rock Star”. XXL Mag (2018年6月28日). 2018年8月17日閲覧。
  2. ^ Jackson, Shawn (2017年7月18日). “Meet Lil Wop, 2017 Trapper of the year”. https://www.drillking.org/meet-lil-wop-2017-trapper-of-the-year/ 2018年9月8日閲覧。 
  3. ^ Weinstein, Max. “The Break Presents: Trippie Redd”. XXL Mag. 2017年8月9日閲覧。
  4. ^ Moore, Jacob (2017年8月1日). “24 Hours in Miami With Trippie Redd”. PigeonsandPlanes. http://pigeonsandplanes.com/in-depth/2017/08/trippie-redd-interview 2018年9月8日閲覧。 
  5. ^ American certifications: Trippie Redd”. Recording Industry of America. 2018年9月8日閲覧。
  6. ^ Burks, Tosten (2018年6月13日). “Trippie Redd and Travis Scott's "Dark Knight Dummo" Goes Platinum”. XXL Mag. 2018年8月17日閲覧。
  7. ^ a b “Trippie Redd Reveals Tracklist & Artwork for 'Life's A Trip'”. HYPEBEAST. https://hypebeast.com/2018/7/trippie-redd-reveals-lifes-a-trip-tracklist-draft 2018年7月3日閲覧。 
  8. ^ Trippie Redd Shares Release Date For 'Life's A Trip' Album” (英語). Complex. 2018年8月22日閲覧。
  9. ^ a b “Trippie Redd Announces Release Date For Upcoming 'Life's A Trip' Album”. HYPEBEAST. https://hypebeast.com/2018/7/trippie-redd-lifes-a-trip-album-release-date 2018年8月22日閲覧。 
  10. ^ a b Caulfield, Keith (2018年11月18日). “Kane Brown Earns First No. 1 Album on Billboard 200 Chart With 'Experiment'”. Billboard. 2018年11月19日閲覧。
  11. ^ Mendez, Marisa. “Trippie Redd Announces New Album, Releases New Song” (英語). XXL Mag. 2019年8月10日閲覧。
  12. ^ https://hiphopdx.com, HipHopDX- (2020年10月7日). “Trippie Redd's 'Pegasus' Album Release Date, Cover Art & Tracklist Is Here”. HipHopDX. 2020年10月30日閲覧。
  13. ^ a b c Weinstein, Max. “The Break Presents: Trippie Redd”. XXL Mag. 2017年8月9日閲覧。
  14. ^ a b Mass Appeal (June 30, 2017), Open Space: Trippie Redd, https://www.youtube.com/watch?v=BnJn5n1Roc8 2017年8月9日閲覧。 
  15. ^ a b Trippie Redd Is on the Way to Becoming Soundcloud Rap's Frank Sinatra”. Noisey (2017年8月11日). 2018年9月8日閲覧。
  16. ^ Moore, Jacob (2017年8月1日). “24 Hours in Miami With Trippie Redd”. PigeonsandPlanes. http://pigeonsandplanes.com/in-depth/2017/08/trippie-redd-interview 2018年9月8日閲覧。 
  17. ^ Welcome”. Strainge Entertainment. 2017年9月12日閲覧。
  18. ^ “Trippie Redd - A Love Letter To You”. HotNewHipHop. https://www.hotnewhiphop.com/trippie-redd-a-love-letter-to-you-new-mixtape.117163.html 2017年9月12日閲覧。 
  19. ^ Pigeons & Planes (2017-06-25), Trippie Redd - "Love Scars" Official Music Video | Pigeons & Planes Premiere, https://www.youtube.com/watch?v=NUNYcwDkBPc 2017年9月12日閲覧。 
  20. ^ Love Scars/You hurt me [Produced by: Elliott Trent], https://soundcloud.com/trippie-hippie-2/love-scars 2017年9月12日閲覧。 
  21. ^ XXXTentacion – Chart History: Billboard Hot 100”. Billboard. 2017年11月2日閲覧。
  22. ^ “XXXTENTACION - Fuck Love Feat. Trippie Redd”. HotNewHipHop. https://www.hotnewhiphop.com/xxxtentacion-fuck-love-feat-trippie-redd-new-song.1975474.html 2017年9月12日閲覧。 
  23. ^ “Trippie Redd shares new mixtape A Love Letter To You 2”. The FADER. http://www.thefader.com/2017/10/06/trippie-redd-a-love-letter-to-you-2-mixtape 2017年10月17日閲覧。 
  24. ^ Trippie Redd and Lil Wop Release Collab EP 'Angels & Demons' - XXL”. XXL Mag. 2017年12月6日閲覧。
  25. ^ Trippie Redd and Travis Scott Drop New Song Dark Knight Dummo - XXL”. XXL Mag. 2017年12月6日閲覧。
  26. ^ “Travis Scott Chart History”. Billboard. https://www.billboard.com/music/travis-scott/chart-history/hot-100/2 2018年2月10日閲覧。 
  27. ^ “Swae Lee & Trippie Redd Collab On "TR66"”. HotNewHipHop. https://www.hotnewhiphop.com/swae-lee-and-trippie-redd-collab-on-tr66-new-song.1976774.html 2017年12月27日閲覧。 
  28. ^ “Trippie Redd Previews New Song With Swae Lee”. HotNewHipHop. https://www.hotnewhiphop.com/trippie-redd-previews-new-song-with-swae-lee-news.40183.html 2017年12月26日閲覧。 
  29. ^ Trippie Redd Joins Kris Wu, Rich Brian and More in 18 Video - XXL”. XXL Mag. 2018年3月15日閲覧。
  30. ^ “Trippie Redd Says Debut Album Will Include Features From Lil Wayne & Erykah Badu”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/columns/hip-hop/8263173/trippie-redd-debut-album-lil-wayne-erykah-badu 2018年4月5日閲覧。 
  31. ^ “Trippie Redd Releases A New Song Called "Me Likey"”. HotNewHipHop. https://www.hotnewhiphop.com/trippie-redd-releases-a-new-song-called-me-likey-new-song.1979137.html 2018年8月22日閲覧。 
  32. ^ “Trippie Redd Releases New Song 'Taking a Walk,' Reveals 'Life's a Trip' Track List”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/columns/hip-hop/8469105/trippie-redd-lifes-a-trip-track-list-taking-a-walk-song 2018年8月22日閲覧。 
  33. ^ Trippie Redd Shares Release Date For 'Life's A Trip' Album”. Complex. 2018年8月22日閲覧。
  34. ^ “Trippie Redd 'Life's a Trip' LP Debuts in Billboard 200 Top Five - XXL” (英語). XXL Mag. http://www.xxlmag.com/news/2018/08/trippie-redd-lifes-a-trip-billboard-200-top-5/ 2018年8月22日閲覧。 
  35. ^ July 24, Marisa MendezPublished:. “Trippie Redd Announces New Album, Releases New Song” (英語). XXL Mag. 2020年10月30日閲覧。
  36. ^ Excitement - Single by Trippie Redd & PARTYNEXTDOOR” (英語). Apple Music. 2020年10月30日閲覧。
  37. ^ https://hiphopdx.com, HipHopDX- (2020年10月7日). “Trippie Redd's 'Pegasus' Album Release Date, Cover Art & Tracklist Is Here”. HipHopDX. 2020年10月30日閲覧。
  38. ^ The New Wave: Who Is Trippie Redd?”. Beat. 2020年10月30日閲覧。
  39. ^ March 1, Michael SaponaraPublished:. “Trippie Redd Claims He Bought His Mom a New House - XXL” (英語). XXL Mag. 2020年10月30日閲覧。
  40. ^ Trippie Redd was reportedly arrested in Atlanta” (英語). The FADER. 2020年10月30日閲覧。
  41. ^ May 30, Nick MojicaPublished:. “Trippie Redd and Lil Wop Arrested for Fighting in Atlanta - XXL” (英語). XXL Mag. 2020年10月30日閲覧。
  42. ^ Rapper Trippie Redd Arrested Again for Alleged Assault” (英語). TMZ. 2020年10月30日閲覧。
  43. ^ Mass Appeal” (英語). Mass Appeal. 2020年10月30日閲覧。
  44. ^ Mass Appeal” (英語). Mass Appeal. 2020年10月30日閲覧。
  45. ^ Trippie Redd Claims Tekashi 6ix9ine And Crew Jumped Him At His Hotel In New York, Bans Tekashi From LA! | Video” (英語). WORLDSTARHIPHOP. 2020年10月30日閲覧。
  46. ^ February 21, Anna HopkinsPublished:. “6ix9ine Gets Into a Massive Brawl at LAX - XXL” (英語). XXL Mag. 2020年10月30日閲覧。
  47. ^ https://hiphopdx.com, HipHopDX- (2018年5月15日). “Trippie Redd & Bhad Bhabie Deny Tekashi 6ix9ine's Claim They Had Sex”. HipHopDX. 2020年10月30日閲覧。
  48. ^ October 25, Peter A. BerryPublished:. “Are Drake and Trippie Redd Collabing on New Music? - XXL” (英語). XXL Mag. 2020年10月30日閲覧。
  49. ^ February 20, Nick MojicaPublished:. “Trippie Redd and 6ix9ine Trade Shots on Instagram - XXL” (英語). XXL Mag. 2020年10月30日閲覧。
  50. ^ March 13, Lindsey IndiaPublished:. “Trippie Redd Calls XXXTentacion P*!?y for Florida Ban - XXL” (英語). XXL Mag. 2020年10月30日閲覧。
  51. ^ June 21, Nick MojicaPublished:. “Trippie Redd Dyes Hair Like XXXTentacion in Memory of Late Rapper - XXL” (英語). XXL Mag. 2020年10月30日閲覧。
  52. ^ a b Trippie Redd - Chart History: Billboard 200”. Billboard. 2020年1月25日閲覧。
  53. ^ a b Australian Charts: Trippie Redd”. australian-charts.com. 2018年9月8日閲覧。
  54. ^ a b Trippie Redd - Chart History: Canadian Albums Chart”. Billboard. 2020年1月25日閲覧。
  55. ^ Finnish Charts: Trippie Redd”. finnishcharts.com. 2018年9月8日閲覧。
  56. ^ German Charts: Trippie Redd”. Offizielle Charts. 2018年9月8日閲覧。
  57. ^ a b Norwegian Charts: Trippie Redd”. norwegiancharts.com. 2018年9月8日閲覧。
  58. ^ a b New Zealand Charts: Trippie Redd”. charts.nz. 2018年9月8日閲覧。
  59. ^ a b Swedish Charts: Trippie Redd”. swedishcharts.com. 2018年9月8日閲覧。
  60. ^ a b Swiss Charts: Trippie Redd”. hitparade.ch. 2018年9月8日閲覧。
  61. ^ a b Trippie Redd”. Official Charts Company. 2018年9月8日閲覧。
  62. ^ Caulfield, Keith (2018年8月19日). “Travis Scott's 'Astroworld' Spends Second Week at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. 2018年9月8日閲覧。
  63. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2019年8月19日). 2019年8月17日閲覧。
  64. ^ https://www.ifpi.fi/lista/albumit/2019/33/
  65. ^ VG-lista – Topp 40 Album uke 33, 2019”. VG-lista. 2019年8月17日閲覧。
  66. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. Recorded Music NZ (2019年8月19日). 2019年8月17日閲覧。
  67. ^ Veckolista Album, vecka 33”. Sverigetopplistan. 2019年8月16日閲覧。
  68. ^ Caulfield, Keith (2019年8月18日). “Slipknot Ties Up Third No. 1 Album on Billboard 200 Chart With 'We Are Not Your Kind'”. Billboard. 2019年8月19日閲覧。
  69. ^ Trippie Redd - Chart History: Top R&B/Hip-Hop Albums”. Billboard. 2020年1月25日閲覧。
  70. ^ Trippie Redd – A Love Letter To You”. iTunes Store. 2018年9月8日閲覧。
  71. ^ Trippie Redd – A Love Letter To You 2”. iTunes Store. 2018年9月8日閲覧。
  72. ^ VG-lista – Topp 40 Album uke 46, 2018”. VG-lista. 2018年11月17日閲覧。
  73. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. Recorded Music NZ (2018年11月19日). 2018年11月16日閲覧。
  74. ^ Sverigetopplistan – Sveriges Officiella Topplista”. Sverigetopplistan. 2018年11月17日閲覧。 Click on "Veckans albumlista".
  75. ^ Trippie Redd – Old Self”. SoundCloud (2019年2月28日). 2019年2月28日閲覧。
  76. ^ OLD SELF”. Instagram (2019年2月28日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  77. ^ NBA YoungBoy & Trippie Redd Have Some Major Heat In The Oven: Listen”. HotNewHipHop. 2019年9月14日閲覧。
  78. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2019年12月9日). 2019年12月7日閲覧。
  79. ^ VG-lista – Topp 40 Album uke 48, 2019”. VG-lista. 2019年11月30日閲覧。
  80. ^ NZ Top 40 Albums Chart”. Recorded Music NZ (2019年12月2日). 2019年11月30日閲覧。
  81. ^ Caulfield, Keith (2019年12月1日). “Trippie Redd Rules With First No. 1 Album on Billboard 200 Chart”. Billboard. 2019年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]