クレイグ・ブレスロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クレイグ・ブレスロウ
Craig Breslow
トロント・ブルージェイズ (マイナー)
Craig Breslow on June 7, 2011.jpg
オークランド・アスレチックス時代
(2011年6月7日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州ニューヘイブン
生年月日 (1980-08-08) 1980年8月8日(38歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 MLBドラフト26巡目
初出場 2005年7月23日 フィラデルフィア・フィリーズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イスラエルの旗 イスラエル
WBC 2017年

クレイグ・アンドリュー・ブレスロウCraig Andrew Breslow, 1980年8月8日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。ユダヤ系アメリカ人である[要出典]

経歴[編集]

プロ入りとメジャーデビューまで[編集]

2002年MLBドラフト26巡目(全体769位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名を受け、6月6日に契約。契約後、傘下のパイオニアリーグのルーキー級オグデン・ラプターズ英語版でプロデビュー。23試合に登板して6勝2敗2セーブ・防御率1.82・56奪三振の成績を残した。

2003年はA級ベロイト・スナッパーズ英語版でプレーし、33試合に登板して3勝4敗2セーブ・防御率5.12・80奪三振の成績を残した。

2004年はA+級ハイデザート・マーベリックスでプレーし、23試合に登板して1勝3敗・防御率7.19・41奪三振と振るわず、7月6日に自由契約となった[1]。自由契約となった後は独立リーグ・ノースイーストリーグニュージャージー・ジャッカルズに加入。19試合に登板して3勝1敗1セーブ・防御率4.10・37奪三振の成績を残した[要出典]

パドレス時代[編集]

2005年3月3日サンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ[1]7月23日にパドレスとメジャー契約を結び[2]、この年は14試合に登板。防御率は2.20だった。オフの12月21日にノンテンダーFAとなった[3]

レッドソックス時代[編集]

2006年2月1日ボストン・レッドソックスとマイナー契約を結んだ[4]。開幕をAAA級ポータケット・レッドソックスで迎え、7月13日にレッドソックスとメジャー契約を結んだ[5]。この年は13試合に登板して0勝2敗・防御率3.75・12奪三振の成績を残した。

2007年3月17日にAAA級ポータケットへ異動し[6]、開幕を迎えた。この年はAAA級ポータケットで49試合(先発1試合)に登板して2勝3敗1セーブ・防御率4.06・73奪三振の成績を残した[1]

2008年3月6日にレッドソックスと1年契約に合意した[7]

インディアンス時代[編集]

2008年3月23日ウェイバー公示を経てクリーブランド・インディアンスへ移籍した[8]。開幕後は7試合に登板したが、5月23日ジョー・ボロウスキーの復帰に伴ってDFAとなった[9]

ツインズ時代[編集]

2008年5月29日にウェイバー公示を経てミネソタ・ツインズへ移籍した[10]。移籍後は42試合に登板して0勝2敗1セーブ・防御率1.63・32奪三振の成績を残した。

2009年は17試合に登板して1勝2敗・防御率6.28・11奪三振の成績を残した[1]

アスレチックス時代[編集]

2009年5月29日にウェイバー公示を経てオークランド・アスレチックスへ移籍。移籍後は60試合に登板して7勝5敗・防御率2.60・44奪三振の成績を残した。

2010年3月8日にアスレチックスと1年契約に合意[11]。この年は75試合に登板し、4勝4敗5セーブ・防御率3.01・71奪三振の成績を残した。

2011年1月25日にアスレチックスと140万ドルの1年契約に合意した[12]。この年は67試合に登板して0勝2敗・防御率3.79・44奪三振の成績を残した[1]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2011年12月9日ライアン・クックコリン・カウギルジャロッド・パーカーとのトレードで、トレバー・ケーヒルと共にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[13]

2012年2月8日にダイヤモンドバックスと179万5000ドルの1年契約に合意[14]。開幕後はトレードまでの間で40試合に登板して2勝0敗・防御率2.70・42奪三振の成績を残した[1]

レッドソックス復帰[編集]

ボストンでの優勝パレードでダックボートに乗って手を振る。右から上原、田澤、ブレスロー。(2013年11月2日)

2012年7月31日スコット・ポドセドニックマット・アルバースとのトレードで、古巣のレッドソックスへ移籍した[15]。移籍後は23試合に登板して1勝0敗・防御率2.70・19奪三振の成績を残した[1]

2013年1月24日にレッドソックスと総額625万ドル[16]の2年契約(2015年・400万ドルの球団オプション付き)を結んだ[17]。左肩腱炎のため開幕から故障者リスト入りしたが、5月7日からセットアッパーとして復帰し、右腕の田澤純一上原浩治等と共にレッドソックスのリリーフ陣を牽引した。このシーズンは61試合の登板で、5勝2敗・防御率1.81(ア・リーグ左腕の救援投手3位)[18]、WHIP1.12と優秀な成績を残した。特に後半戦は自責点2と、クローザーの上原と遜色の無い成績だった。ポストシーズンにおいてもその活躍は衰えず、ディビジョンシリーズでは3試合に登板し、2安打無失点4奪三振2四死球、WHIP0.82の成績でレッドソックスの勝利に貢献。続くリーグチャンピオンシップシリーズでも4試合に登板し、1安打無失点2奪三振4四球、WHIP1.50の成績を残し、対戦相手であるデトロイト・タイガースジム・リーランド監督から、“レッドソックスの先発投手陣は良いが、救援陣は圧倒的だ”と賞讃された[19]。しかしながらワールドシリーズでは、4試合の登板で、3安打3失点3四死球、WHIP15.0という散々たる成績に加え、アウトは第2戦での犠飛1つしか奪えておらず、しかもその際には三塁への暴投により2点目を献上するなど、絶不調に陥った。しかしながらチームは踏ん張り、レッドソックスはワールドシリーズを制覇した。

2014年3月27日に左肩の故障で、15日間の故障者リスト入りした[20]。4月3日にリハビリのため、AAA級ポータケットへ異動した。同月9日にメジャーへ昇格[21]。以降リリーフとしてコンスタントに登板を重ねた。8月までは防御率4.65であったが、9月は8試合に登板して11失点(自責点10)、防御率22.5、WHIP3.75と絶不調に陥った。6年連続の60試合登板を達成した一方で、終盤の不調が大きく響き、防御率5.96、WHIP1.86はそれぞれ自己ワースト記録を更新した。オフの10月31日にレッドソックスが球団オプションを破棄したため、FAとなった[22]

2015年1月6日にレッドソックスと200万ドルの1年契約で再契約した[23][24]。不振からの脱却を期する同シーズンは、45試合に投げて通算500試合登板を達成した。投球内容は、0勝4敗と未勝利に終わったが、防御率を4.15まで低下させて、やや復調の兆しを見せた。一方、65.0イニングで、自身初の二桁被弾となる12本もの本塁打を打たれ、球の軽さが目立った。11月2日にFAとなった[25]

マーリンズ時代[編集]

2016年2月12日マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ[26]。開幕メジャー入りするも、5月11日にDFAとなり[27]、13日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級ニューオーリンズ・ゼファーズへ配属された。7月18日に自由契約となった[1]

レンジャーズ傘下時代[編集]

2016年7月24日テキサス・レンジャーズとマイナー契約を結んだ[28]8月9日に自由契約となった[1]

ツインズ復帰[編集]

2017年2月8日にツインズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[29]。同日には第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)本戦のイスラエル代表に選出された[30]。イスラエル代表敗退後の3月20日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[31]7月24日にDFAとなり、29日に自由契約となった[1]

インディアンス復帰[編集]

2017年8月4日にインディアンスとマイナー契約を結んだ[32]。傘下のAAA級コロンバス・クリッパーズで7試合に登板後、8月26日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[33]。オフの11月2日にフリーエージェント(FA)となった[34]

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2018年2月12日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んでスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[1]が、3月24日に自由契約となった[35]

4月3日にブルージェイズと再びマイナー契約を結んだ[1]

投球スタイル[編集]

速球は最速148km/hほどであり、ツーシームフォーシームを投げる。 また、変化球としてはスライダーを得意としており、以前より球速も上がっているため、カッターと思われやすい。他には、100km/h台のカーブと、約120km/hのチェンジアップを投げる。 奪三振は多くなく、K/BBは2.00、ゴロ/フライ比率は1.00程度であり、打たせて取る傾向のある投手である[36]

人物[編集]

名門イェール大学出身であり、2010年にスポーツ専門メディア『Sporting News』が特集した“20 smartest athletes in sports”(スポーツ界で最も賢い20人)では、堂々の1位に輝いた[37]。同僚のライアン・ラバーンウェイ捕手もイェール大学出身であり、2013年8月18日にはMLB史上初となるイェール大学出身者同士のバッテリーが実現した[38]。イェール大学出身者がチームメイトになるのは、63年ぶり2度目であった[39]。また、“Strike 3 Foundation”というチャリティ財団を自ら設立、運営しており、2013年9月には、ロベルト・クレメンテ賞にノミネートされた[40]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 SD 14 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 78 16.1 15 1 13 0 1 14 1 0 6 4 2.20 1.71
2006 BOS 13 0 0 0 0 0 2 0 3 .000 55 12.0 12 0 6 1 1 12 2 1 5 5 3.75 1.50
2008 CLE 7 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 40 8.1 10 1 5 0 0 7 0 0 3 3 3.24 1.80
MIN 42 0 0 0 0 0 2 1 5 .000 149 38.2 24 0 14 2 0 32 4 1 9 7 1.63 0.98
'08計 49 0 0 0 0 0 2 1 5 .000 189 47.0 34 1 19 2 0 39 4 1 12 10 1.91 1.13
2009 17 0 0 0 0 1 2 0 2 .333 64 14.1 11 3 11 0 1 11 3 0 11 10 6.28 1.53
OAK 60 0 0 0 0 7 5 0 13 .583 217 55.1 37 5 18 0 2 44 0 1 20 16 2.60 0.99
'09計 77 0 0 0 0 8 7 0 15 .533 281 69.2 48 8 29 0 3 55 3 1 31 26 3.36 1.11
2010 75 0 0 0 0 4 4 5 16 .500 304 74.2 53 9 29 4 0 71 0 1 26 25 3.01 1.10
2011 67 0 0 0 0 0 2 0 8 .000 261 59.1 69 4 21 1 2 44 3 0 29 25 3.79 1.52
2012 ARI 40 0 0 0 0 2 0 0 4 1.000 180 43.1 38 5 13 0 1 42 1 0 15 13 2.70 1.18
BOS 23 0 0 0 0 1 0 0 5 1.000 81 20.0 14 0 9 2 1 19 1 0 7 6 2.70 1.15
'12計 63 0 0 0 0 3 0 0 9 1.000 261 63.1 52 5 22 2 2 61 2 0 22 19 2.70 1.17
2013 61 0 0 0 0 5 2 0 14 .714 237 59.2 49 3 18 0 2 33 2 0 16 12 1.81 1.12
2014 60 0 0 0 0 2 4 1 2 .333 260 54.1 73 8 28 1 2 37 3 1 40 36 5.96 1.86
2015 45 0 0 0 0 0 4 1 1 .000 280 65.0 69 12 23 5 2 46 2 0 33 30 4.15 1.42
2016 MIA 15 0 0 0 0 0 2 0 2 .000 63 14.0 21 1 4 0 0 7 0 0 9 7 4.50 1.79
2017 MIN 30 0 0 0 0 1 1 0 0 .500 143 31.0 38 4 12 2 2 18 1 0 19 18 5.23 1.61
CLE 7 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 16 4.1 3 0 2 0 0 5 0 0 2 2 4.15 1.15
'17計 37 0 0 0 0 1 1 0 1 .500 159 35.1 41 4 14 2 2 23 1 0 21 20 5.09 1.56
MLB:12年 576 0 0 0 0 23 30 8 77 .434 2428 570.2 536 56 226 18 17 442 25 5 250 219 3.45 1.34
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 49(2005年、2008年途中 - 2009年途中)
  • 54(2006年)
  • 58(2008年 - 同年途中)
  • 56(2009年途中 - 2011年)
  • 32(2012年 - 2015年)
  • 17(2016年)
  • 47(2017年 - 同年7月22日)
  • 40(2017年8月26日 - 同年終了)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l MLB公式プロフィール参照。2018年2月13日参照。
  2. ^ “Breslow recalled, Burroughs demoted” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2005年7月23日), http://sandiego.padres.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20050723&content_id=1141845&vkey=pr_sd&fext=.jsp&c_id=sd 2016年4月6日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ “Padres non-tender Craig Breslow, Dewon Brazelton and Miguel Olivo” (英語) (プレスリリース), MLB.com (San Diego Padres), (2005年12月21日), http://sandiego.padres.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20051221&content_id=1285757&vkey=pr_sd&fext=.jsp&c_id=sd 2016年4月6日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ Mike Petraglia (2006年2月1日). “Kapler among Sox's non-roster invitees”. MLB.com. 2016年4月6日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ “Red Sox purchase the contract of lefthander Craig Breslow from Triple-A Pawtucket” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2006年7月13日), http://boston.redsox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20060713&content_id=1555077&vkey=pr_bos&fext=.jsp&c_id=bos 2016年4月6日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ “Red Sox make six Spring Training roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2007年3月17日), http://boston.redsox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20070317&content_id=1847531&vkey=pr_bos&fext=.jsp&c_id=bos 2016年4月6日閲覧。 [リンク切れ]
  7. ^ “Red Sox agree to terms with 18 players on 2008 contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2008年3月6日), http://boston.redsox.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20080306&content_id=2409195&vkey=pr_bos&fext=.jsp&c_id=bos 2016年4月6日閲覧。 [リンク切れ]
  8. ^ Anthony Castrovince (2008年3月23日). “Indians claim Breslow off waivers”. MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  9. ^ “Indians activate RHP Joe Borowski from 15-day disabled list” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Indians), (2008年5月23日), http://cleveland.indians.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20080523&content_id=2753976&vkey=pr_cle&fext=.jsp&c_id=cle 2016年4月6日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ “Twins claim lefthanded pitcher Craig Breslow” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Minnesota Twins), (2008年5月29日), http://minnesota.twins.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20080529&content_id=2793688&vkey=pr_min&fext=.jsp&c_id=min 2016年4月6日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ “A's Agree to Terms with All Pre-Arbitration Players” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2010年3月8日), http://oakland.athletics.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20100308&content_id=8712232&vkey=pr_oak&fext=.jsp&c_id=oak 2016年4月6日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ Oakland A’s reach agreement with reliever Craig Breslow, the last of five arbitration-eligible players to sign with A's”. The Mercury News (2011年1月25日). 2018年2月13日閲覧。
  13. ^ Dan Mennella (2011年12月10日). “D-backs acquire Cahill, Breslow from A's” (英語). MLB Trade Rumors. https://www.mlbtraderumors.com/2011/12/dbacks-acquire-cahill-breslow-from-as.html 2018年2月13日閲覧。 
  14. ^ D-backs, Breslow avoid arbitration with deal” (英語). FoX Sports (2012年2月9日). 2018年2月13日閲覧。
  15. ^ Red Sox To Acquire Craig Breslow, (英語), MLB Trade Rumors, (2012年7月31日), https://www.mlbtraderumors.com/2012/07/red-sox-to-acquire-craig-breslow.html 2018年2月13日閲覧。 
  16. ^ 2013年は232万5000ドル、2014年は382万5000ドル。
  17. ^ Ian Browne (2013年1月24日). “Red Sox lock up lefty Breslow with two-yeardeal” (英語). MLB.com. 2018年2月13日閲覧。
  18. ^ Edes, Gordon (2013年10月1日). “12 notable player achievements – Boston Red Sox”. ESPN. http://espn.go.com/blog/boston/red-sox/post/_/id/31565/12-notable-player-achievements 2013年10月1日閲覧。 
  19. ^ “タ軍リーランド監督がレ軍救援陣に脱帽”. nikkansports.com. (2013年10月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20131021-1207101.html 2013年10月21日閲覧。 
  20. ^ “Red Sox announce roster moves” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年3月27日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/70276102 2016年4月6日閲覧。 
  21. ^ Tony Lee (2014年4月9日). “Sox notes: Breslow up, Workman down”. ESPN. 2014年10月14日閲覧。
  22. ^ “Red Sox decline 2015 contract option on left-handed pitcher Craig Breslow” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2014年11月1日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/100209542/red-sox-decline-2015-contract-option-on-left-handed-pitcher-craig-breslow 2016年4月6日閲覧。 
  23. ^ “Red Sox and left-handed pitcher Craig Breslow agree to one-year contract” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2016年4月6日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/105756078/red-sox-and-left-handed-pitcher-craig-breslow-agree-to-one-year-contract 2015年1月1日閲覧。 
  24. ^ Ian Browne (2016年4月6日). “Breslow inks 1-year, $2 million deal with Red Sox”. MLB.com. 2016年4月6日閲覧。
  25. ^ Transactions | redsox.com” (英語). MLB.com (2015年11月2日). 2016年4月6日閲覧。
  26. ^ “Craig Breslow agrees to minor league contract with Marlins”. US News. (2016年2月15日). http://www.usnews.com/news/sports/articles/2016-02-15/craig-breslow-agrees-to-minor-league-contract-with-marlins 2016年4月6日閲覧。 
  27. ^ Joe Frisaro (2016年5月11日). “All right with all righties: Breslow out, McGowan in” (英語). MLB.com. 2016年5月16日閲覧。
  28. ^ https://twitter.com/Evan_P_Grant/status/757250641689473024
  29. ^ Rhett Bollinger (2017年2月8日). “Stubbs, Breslow join Twins on Minors deals”. MLB.com. 2017年2月15日閲覧。
  30. ^ Team Israel WBC Roster Announced” (英語). Israel Association of Baseball - האיגוד הישראלי לבייסבול (2017年2月9日). 2017年12月30日閲覧。
  31. ^ Twins' Craig Breslow: Officially added to 40-man roster” (英語). CBS Sports (2017年3月20日). 2017年7月26日閲覧。
  32. ^ Paul Hoynes (2017年8月4日). “Cleveland Indians sign lefty Craig Breslow to minor league contract”. Cleveland.com. 2018年2月13日閲覧。
  33. ^ William Kosileski (2017年8月26日). “Tribe adds lefty specialist Breslow to bullpen” (英語). MLB.com. 2017年8月27日閲覧。
  34. ^ David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2017年12月30日閲覧。
  35. ^ Blue Jays PR on Twitter”. Twitter (2018年3月24日). 2018年3月24日閲覧。
  36. ^ “Craig Breslow’s Importance No Longer Flying Under Radar and Other Red Sox...”. nesn.com. (2013年10月9日). http://nesn.com/2013/10/craig-breslows-importance-no-longer-flying-under-radar-and-other-red-sox-notes-from-game-4-of-alds/ 2013年10月9日閲覧。 
  37. ^ “球界一の秀才!上原、田沢に続く「第三の男」に注目”. 日刊SPA!. http://nikkan-spa.jp/525188 2013年10月22日閲覧。 
  38. ^ Boola Boola battery: Breslow & Lavarnway
  39. ^ RED SOX: Ryan Lavarnway, Craig Breslow just second Yale duo to be major-league teammates The New Haven Register
  40. ^ “Craig Breslow named Red Sox nominee for 2013 Roberto Clemente Award presented by Chevrolet” (プレスリリース), MLB.com (Boston Red Sox), (2013年9月16日), http://m.redsox.mlb.com/news/article/60782054 2016年4月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]