山口幸司 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
山口 幸司
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県浦和市(現:さいたま市
生年月日 (1970-04-29) 1970年4月29日(48歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1988年 ドラフト3位
初出場 1989年9月9日
最終出場 1999年4月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

山口 幸司(やまぐち こうじ、1970年4月29日 - )は、埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

大宮東高校では、2年生時の1987年夏の甲子園県予選で決勝に進出するが、鈴木健のいた浦和学院に大敗[1]。翌1988年夏の県予選でも準決勝で市川口高に敗れ甲子園出場は果たせなかった。高校通算56本の本塁打を放ち、超高校級のスラッガーとして有名だった。1988年のドラフト3位で中日ドラゴンズに入団。ドラフト1位候補だった山口は法大進学を表明しプロ拒否と思われたが、すんなり入団。中日のドラフト戦略が成功したと言えよう。

1991年には一軍に定着。強肩俊足を買われ、主に中堅手として35試合に先発出場。長嶋清幸南牟礼豊蔵らと定位置を争う。翌年も準レギュラーとして活躍するが、その後は伸び悩み、故障もあって出場機会が減る。しかし1995年には復活し、チャンスメーカーとして35試合に先発出場、打率.285の好成績を記録した。その後も外野手として活躍するが、故障が多くレギュラーには届かなかった。『彦野2世』と呼ばれていた。1999年限りで現役引退。

1991年6月18日ナゴヤ球場での対大洋戦で、彦野利勝盛田幸妃からサヨナラ本塁打を放った際、一塁ベース付近で左膝靭帯を負傷して走塁できなくなり退場、山口が代走に送られホームインした。90年以降、代走に起用されたランナー、現在は一塁と三塁のベースコーチも塁上、コーチャーズボックスではヘルメット着用が義務付けられているが、急遽山口に代走が告げられたことや、本塁打の代走であるためか、山口はヘルメットは被らず、帽子を被ったまま、ベースを一周している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 中日 23 49 47 7 9 2 0 1 14 1 1 0 1 0 1 0 0 13 2 .191 .208 .298 .506
1990 4 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1991 84 188 161 26 34 5 1 3 50 15 2 3 13 0 11 0 3 44 2 .211 .274 .311 .585
1992 88 120 108 14 29 4 0 1 36 14 3 2 2 0 10 0 0 27 1 .269 .331 .333 .664
1993 26 14 13 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .154 .214 .154 .368
1994 15 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
1995 35 154 137 18 39 4 0 6 61 12 4 3 3 0 12 0 2 22 1 .285 .351 .445 .796
1996 1 1 1 1 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 1.000 2.000
1997 65 129 110 16 25 2 0 2 33 5 1 0 4 1 13 0 1 19 5 .227 .312 .300 .612
1998 72 136 113 12 25 6 0 2 37 8 4 2 10 0 12 0 1 17 1 .221 .302 .327 .629
1999 4 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:11年 417 800 699 95 165 23 1 15 235 56 15 10 33 1 60 0 7 150 12 .236 .302 .336 .639

記録[編集]

  • 初出場:1989年9月9日、対ヤクルトスワローズ18回戦(ナゴヤ球場)、8回表に彦野利勝に代わり中堅手として出場
  • 初打席・初安打:同上、9回裏に川崎憲次郎から
  • 初先発出場:1989年9月10日、対ヤクルトスワローズ19回戦(ナゴヤ球場)、7番・左翼手として先発出場
  • 初本塁打・初打点:1989年9月11日、対ヤクルトスワローズ20回戦(ナゴヤ球場)、3回裏に岡幸俊からソロ

背番号[編集]

  • 9 (1989年 - 1994年)
  • 00 (1995年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]