野中徹博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野中 徹博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県加茂郡坂祝町
生年月日 (1965-05-22) 1965年5月22日(53歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト1位
初出場 NPB / 1985年4月20日
CPBL / 1993年3月12日
最終出場 NPB / 1998年5月22日
CPBL / 1993年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 佐久コスモスターズ硬式野球クラブ

野中 徹博(のなか てつひろ、1965年5月22日 - )は、岐阜県加茂郡坂祝町出身の元プロ野球選手投手)。1989年のみ登録名野中 崇博台湾プロ野球での登録名は野中 尊制

来歴・人物[編集]

アマチュア時代[編集]

小学校2年生の時に野球を始め、5年生から投手を務める。この頃から中日ドラゴンズファンになり、鈴木孝政に憧れていたという。中学時代には全国大会で準優勝を果たし、注目を集めた。中京高では2年次の1982年からエース(控え投手は同級生の紀藤真琴森昌彦)となり、甲子園には春夏合わせて3回出場。真っ向から投げ下ろす速球と大きなカーブは威力があり、3年次の1983年に開かれた夏の甲子園ではエース・水野雄仁を擁する池田高を阻止する筆頭と目され、「事実上の決勝戦」という呼び声も上がるほどであった準々決勝で対戦。敗退したものの甲子園では通算10勝3敗、防御率0.79の成績を残した。

プロ入りから引退まで[編集]

1983年ドラフト会議阪急ブレーブスから1位指名を受け、入団。阪急について知識がなく予想外の指名であり、あまり情熱が沸かなかったという。1年目は二軍の投手コーチの指導で投球フォームを改造したが肩を故障。将来のエース候補として2年目の1985年には一軍登板を果たしたが、ウイルス性肝炎を患い1か月余り入院。オフには肩を手術するが完治せず練習生に格下げとなる。翌年以降は肩やひじの故障に悩まされて満足な成績が残せなかった。

球団がオリックスに身売りされた1989年、内野手に転向しウエスタン・リーグで打率3割を残したが一軍出場はなく、自由契約となり現役を引退。引退後は地元に帰って健康器具の販売やテレビクルーの助手などを経験した後、札幌でラーメン店の修行を積んだり、東京に出ては広告代理店業にも従事。会社員の傍ら水島新司主宰の草野球チームでプレーした[1]。水島のチームでは野手を務めていたが、芸能人チームとの対戦で投手を務めた際の投球が138km/hを計測。肩の痛みもなかったため再度プロで投げたいとの気持ちが沸いてきたという。

日本球界への復帰[編集]

1993年、知り合いの新聞記者の紹介で台湾の中華職業棒球聯盟(CPBL)の俊国ベアーズの入団テストを受け合格。ここで実績を残し3年後に日本球界から誘いを受けるつもりでいたが、1年目に15勝を挙げたことで在京チームから獲得を打診される。保有権の問題でこのチームへの移籍はならなかったが、1994年中日ドラゴンズの入団テストに合格し、日本プロ野球への復帰を果たした[2]読売ジャイアンツとの10.8決戦では8・9回の2イニングを無失点に抑えた。野中はこの試合がプロ生活での一番の思い出と語っている。

この年は21試合に登板して初セーブを挙げ翌年も20試合に登板したが、監督が星野仙一に交代した1996年は機会に恵まれずオフに戦力外通告を受ける。1997年ヤクルトスワローズの入団テストを受け合格。5月27日の対横浜ベイスターズ9回戦(横浜スタジアム)でリリーフ登板し、悲願のNPB初勝利。プロ野球に所属して10年、回り道を入れると13年かかっての初勝利であった。この年も中継ぎとして活躍し日本一に貢献したが、翌年は坐骨神経痛を患いオフに戦力外通告を受け現役を引退。

2005年から2008年までは社会人野球佐久コスモスターズ硬式野球クラブの選手兼任監督として活動。プロ野球マスターズリーグにもテスト入団を受け、2006年および2007年にチームのクローザーとして、名古屋の優勝に貢献し、MVPを獲得。また、2006年にはWBC日本代表打撃投手として参加していた[1]。現在は都内メーカーに勤務。居酒屋「少年野球指導教室中野塾」で月1回指導員を務めている。

選手としての特徴[編集]

オーバースローからのMAX147km/hの速球とカーブスライダーフォークを武器に甲子園で投げていたが、故障して9年たっていた1994年には球速は141km/hしかなかった。

ヤクルト時代には監督の野村克也の指示もありオーバースロー以外にサイドスローを交えたり、変化球もシュートを覚えて投げていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1985 阪急 7 2 0 0 0 0 0 0 -- ---- 77 17.0 17 3 10 0 2 10 0 0 10 9 4.76 1.59
1993 俊国 29 15 6 0 0 15 4 1 -- .789 625 151.0 127 10 54 2 10 94 8 2 59 53 3.16 1.20
1994 中日 21 1 0 0 0 0 1 1 -- .000 135 31.1 30 3 15 2 1 18 3 0 11 11 3.16 1.44
1995 20 0 0 0 0 0 1 3 -- .000 75 17.1 15 2 13 1 0 13 1 0 11 10 5.19 1.62
1996 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 14 3.0 5 1 1 0 0 1 0 0 4 4 12.00 2.00
1997 ヤクルト 44 0 0 0 0 2 3 0 -- .400 230 55.1 42 6 25 5 3 47 2 1 16 14 2.28 1.21
1998 16 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 99 19.0 34 4 8 1 1 19 2 0 21 18 8.53 2.21
NPB:6年 111 3 0 0 0 2 5 4 -- .286 630 143.0 143 19 72 9 7 108 8 1 73 66 4.15 1.50
CPBL:1年 29 15 6 0 0 15 4 1 -- .789 625 151.0 161 14 54 2 10 94 8 2 59 53 3.16 1.42

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 18 (1984年 - 1988年)
  • 0 (1989年)
  • 77 (1994年)
  • 26 (1995年)
  • 56 (1996年)
  • 38 (1997年 - 1998年)

登録名[編集]

  • 野中 徹博 (のなか てつひろ、1984年 - 1988年、1994年 - )
  • 野中 崇博 (のなか たかひろ、1989年)
  • 野中 尊制 (のなか たかゆき、1993年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 【俺の人生第二幕】2度の引退、くそまみれの仕事…不屈の闘志で前へ”. ZAKZAK (2011年5月25日). 2011年5月26日閲覧。
  2. ^ 【2月14日】1994年(平6) 元ドラ1野中徹博 背番号なしのユニホームで夢再び”. スポーツニッポン (2009年2月1日). 2011年5月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]