加藤由香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かとう ゆか
加藤 由香
プロフィール
出身地 日本の旗 日本福島県福島市
生まれは東京都江東区門前仲町
生年月日 (1974-04-19) 1974年4月19日(45歳)
血液型 A型
最終学歴 中央大学
勤務局 CBCテレビ
部署 アナウンス部副部長
活動期間 1997年 -
ジャンル 情報番組
公式サイト CBCアナウンサー・加藤由香
出演番組・活動
出演中 本文参照
出演経歴 本文参照

加藤 由香(かとう ゆか、1974年4月19日 - )は、CBCテレビ(CBC)のアナウンサー。生まれは東京都江東区門前仲町。幼少期に福島県福島市に移住し、その後も出身地は福島県としている(現在の本籍地は仙台市)。福島市立蓬莱中学校福島県立福島女子高等学校中央大学卒業。

来歴・人物[編集]

1997年、CBCにアナウンサーとして入社(同期アナウンサーは宮部和裕青山高明住田都史子和田あい)。『小堀さんのRadio DAYS』では小堀勝啓アナプロデュースにより、重松和世アナ(現在はフリーアナ)と演歌デュオ「花姉妹」を結成し「愛がイタイの」「花街姉妹」「桜どき」の3枚のシングルをリリース。またシャ乱Qたいせープロデュースの女子アナユニット「Love Power Beauty」のメンバー(コーラス)として「Din Don Dan」をリリース。同年、名古屋レインボーホールにて行われたスターダストレビューのコンサートにLPBの一員としてステージに立つ。

2003年には、JNNアノンシスト賞のテレビ・フリートーク部門で部門賞を受賞している。

本来の実家は、福島市中通りにある呉服店。呉服店の長女として生まれ妹と弟がいる。なお両親が弟のいる仙台に引っ越したため、実家・本籍地は現在仙台である。

小学生時代「野尻湖友の会」という発掘サークルに所属していたことがあり、学生時代に弟と一緒に野尻湖へ「ナウマンゾウ」の発掘に出かけた経験もある(福島大学内に東北支部がある)。

中学校は「進ぬ!電波少年」で有名になったタレントのなすびと同じ中学校である。高校の同級生には歌人駒田晶子がいる。

担当するラジオ番組にゲスト出演した俳優・神戸浩に「由香ちゃんは原稿読みが下手だ」と生放送で指摘されたことがあり、現在でも気にしていると告白している。

学生時代からソフトボール部に入部しており、「1番・セカンド」としてレギュラーであった。大の読売ジャイアンツファンであるため、当時のジャイアンツのセカンドであった篠塚和典内野手のバッティングに憧れ、「右投げ・左打ち」で活躍していた。CBCラジオで以前レギュラー番組を持っていた金村義明に「好きな野球選手は誰?」と訊かれた際、「巨人の篠塚」と答え、金村に「渋いな~。渋すぎる。こんな女子アナ初めてや」と言われたことがある。

高校時代、教師の許可を得て放課後に東北新幹線で東京へ行き、東京ドームで行われているナイターの巨人戦を何度も観戦している。その中には、対広島戦でウォーレン・クロマティ外野手を敬遠しようとした金石昭人投手の球が誤って内側へ入り、右中間にサヨナラ安打したという、巨人の長い歴史の中でも、非常に珍しいシーンをライトスタンドから生で観戦していたこともあり、そのことをラジオ番組内で告白し「私はこの試合を生で見ていたことがきっかけで今でも巨人ファンなんです」と堂々と宣言。そういった経験があるため新人の女子アナにしては野球に非常に詳しく、入社して初めて一人でレギュラー担当した番組は中日ドラゴンズの情報を伝える深夜番組だった。

じっとしていられない性格で、自宅から始めたウォーキングに熱中し過ぎて迷子になり、現在位置がわからなくなったことがある。毎日筋トレを欠かしたことがなく、趣味は腹筋、背筋、ダンベルによる筋トレ、体重計に乗ったり体脂肪を測定することである。「インストラクター並みに引き締まった腹筋をしている」と同僚女子アナが告白している。癒し系の見た目とギャップが大きいことは、アナウンス部でも有名な話になっている。

暇さえあれば日帰りでも放浪の一人旅に出ているため、アナウンス部では「女・山下清」と呼ばれている。仙台に帰郷することと、京都へ旅することが多い。

2008年正月ラジオ特番で坂道についての番組を制作、放送し、坂道マニアとしても知られる。東京の坂道や古地図との比較などの探索の旅もしている。

Twitterにも登録してるが、「加藤メカ」として登録しておりTwitterの自己紹介では「加藤由香と加藤メカは別人」と書かれてるが、実際は加藤本人が加藤メカに扮して書き込んでる。

後輩の江田亮アナと誕生日が同じである[1]

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小堀勝啓の新栄トークジャンボリー 2015年4月19日放送分にて言及あり。同番組では、番組前半のニュース担当が江田アナで、後半が加藤アナである。
  2. ^ 長女は1998年度生まれ(高校卒業)、長男は2001年度生まれ(中学校卒業)のため、どちらも該当するが、詳細は不明。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]