イッポウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イッポウ
ジャンル 報道番組/情報番組
放送時間 平日16:50 - 19:00(130分)
放送期間 2006年4月3日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 CBCテレビ
出演者 大石邦彦
柳沢彩美(月 - 水曜日)
小川健太
加藤由香(木・金曜日)
桜沢信司
音声 ステレオ放送
字幕 リアルタイム字幕放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
17:50 - 18:15は『Nスタ・第2部』の全国ニュースパートを内包。
テンプレートを表示

イッポウ』は、CBCテレビ平日夕方に放送している中京広域圏向けの報道情報番組(協力:中日新聞[1])。2006年4月3日より放送開始。前番組は『ユーガッタ!CBC』。

概要[編集]

放送時間は16:50 - 19:00(JST、以下略)で、17:50 - 18:15[2]は『Nスタ・第2部』の全国ニュースパートを内包している。ただし、祝日は17時40分台に放送開始がずれることもある。

音声は『Nスタ』を含め、全編でステレオ放送を実施している。

番組内でテーマを募集することがあり、番組進行の都度紹介している(これは前番組の『ユーガッタ!CBC』でも行っていた)。事件・事故・不祥事・政局に対しての一言がメインであるが、変わったところでは中日ドラゴンズの応援メッセージ(たいていその後に試合中継が行われる時)や同選手だった立浪和義引退に対するはなむけのメッセージを募集したこともある。尚、毎月1回だけ、シーズン中も中日ドラゴンズの選手及び監督が生出演する「マンドラ」というコーナーもある。

2013年4月1日から番組は出演者の変更を含めリニューアルした。

リアルタイム字幕放送を実施。

2015年3月30日から番組開始以来初めてロゴおよびスタジオなどがリニューアルされた。

2015年9月28日より、『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(自社制作番組・TBSでもネット受け)の枠拡大に伴い、本番組の放送時間は2分繰り下げ・短縮の16:52 - 19:00となった。

2017年7月31日より、『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』の同月28日までより1分短縮に伴い、本番組は2分前拡大となる、16:50 - 19:00での放送に変更された。

出演者[編集]

原則として公式サイトの表記に準拠。
職業(肩書き)が記されていない者は全員CBCアナウンサー。

メインキャスター
キャスター
  • 柳沢彩美(2013年4月1日 - 、月 - 水曜日担当、2013年3月までは金曜「金曜企画生ちゅう」担当。) - 2016年3月22日までは、フィールドキャスターで、2016年3月28日~2016年6月28日迄は月・火曜日担当。
  • 加藤由香(2016年4月1日 - 、木・金曜日担当) - 以前は、木曜日の生中継を担当で、2016年7月1日までは金曜日のみ担当。
フィールドキャスター
  • 小川健太(2013年4月1日 - 、2013年3月までは金曜「金曜企画生ちゅう」担当。)
金曜中継リポーター
お天気キャスター

過去の出演者[編集]

メインキャスター
  • 丹野みどり(2006年4月3日 - 2013年3月29日、出演当時CBCアナウンサー) - 4月1日よりほぼ同時間帯にCBCラジオで放送される『丹野みどりのよりどりっ!』メインパーソナリティ。
  • 夏目みな美(2013年4月1日 - 2016年6月30日産休入り、水・木曜日担当)- 2016年3月25日までは、フィールドキャスターで、水 - 金曜日担当。現在産休により加藤に交代。
リポーター(スタジオ担当)
  • 石井亮次(2006年4月4日 - 2013年3月28日)
    • 火曜日「まじあな」を担当の他、17時台ニュース・18時台スポーツの火・金曜日を担当。
    • 2007年4月2日からは、月・火曜日のサブキャスターを担当し、月・木曜日→火・木曜日は、リポーター(スタジオ担当)を担当。
その他
  • 青木まな(水~金曜日→水・木曜日→火・水曜日→月・金曜日、2007年4月2日 - 2013年3月29日)
  • 古川枝里子(金曜日→水曜日、2009年4月3日 - 2013年3月27日)
  • 沢朋宏(水曜日「まじあな」を担当の他、17時台ニュース・18時台スポーツの水曜日を担当。2006年4月5日 - 2007年3月28日)
  • 森合康行(月曜日「まじあな」を担当の他、17時台ニュース・18時台スポーツの月・木曜日を担当。2006年4月3日 - 2007年3月29日)
  • 占部沙矢香(当時CBCアナウンサー、金曜日・生中継)
  • 中西直輝(当時CBCアナウンサー、月曜日・生中継)
  • 岩名美樹(気象予報士、2006年4月3日 - 2010年3月26日)
  • MORI(MORI・MOMO、2006年4月7日 - 2010年3月26日)
  • MOMO(MORI・MOMO、2016年現在、不定期で金曜生中継を担当。2006年4月7日 - 2013年3月29日)
  • 丸山蘭那(2006年度は、「まじあな」を担当し、2007年度からは「金曜生中継」を担当。)
  • 吉岡直子(2013年4月5日 - 2016年3月25日) - 金曜中継リポーターを担当。
  • 杉尾秀哉(当時TBS解説委員・元『JNNニュースの森』キャスター) - 2014年度まで、スペシャルキャスター。

放送時間の変遷[編集]

放送期間 放送時間(日本時間(JST) 備考
2006.04.03 2009.03.27 平日 16:50 - 18:55(125分) 17:50 - 18:16は『イブニング・ファイブ
(実質的には『JNNイブニング・ニュース』)を内包
2009.03.30 2009.09.25 平日 16:50 - 19:55(185分) 17:50 - 18:05は『総力報道!THE NEWS・第1部』・
18:45 - 19:48は『総力報道!THE NEWS・第2部』をそれぞれ内包
2009.09.28 2010.03.26 平日 16:50 - 19:50(180分) 17:50 - 18:00は『イブニングワイド・第2部』(きょうのニュース)を、
18:40 - 19:48は『総力報道!THE NEWS』をそれぞれ内包
2010.03.29 2015.09.25 平日 16:50 - 19:00(130分) 17:50 - 18:15[3]は『Nスタ・第2部』(全国ニュースパート)[4]を内包
2015.09.28 2017.07.28 平日 16:52 - 19:00(128分)
2017.07.31 現在 平日 16:50 - 19:00(130分)

現在放送中のコーナー[編集]

特集(SPECIAL)[編集]

5時台と6時台に1本ずつ放送されている。5時台の特集は生活情報が中心であるが、6時台の特集はドキュメンタリーなど報道色が濃いものを放送している。Nスタの関東ローカルパート内で放送されている「Nトク」で扱われたVTRをそのまま放送することもある。
金曜日5時台の特集は金曜企画生ちゅうが放送されるため5分短縮。

きょうのなぜ?[編集]

6時台冒頭のコーナー。
東海地方や全国のニュース・出来事に関する疑問を詳しく紹介していく。

サクラのコレに決めテン!(→お天気電話相談)[編集]

2010年3月29日放送開始。コーナーリニューアルに伴い、18:40頃に変更になった。
翌日以降に旅行やレジャー等に出かける視聴者と電話を繋ぎ、旅行目的等について大石らと会話した後、桜沢が目的地のピンポイント予報を伝えるコーナー。目的地は東海地方に限定されず海外でも良い。また、当番組が放送されていない地方の在住者から応募が来ることもある。なお、目的地のピンポイント予報は、朝・昼・夜と以前より詳細になった。

2010年4月の一度だけ、相手先の回線が繋がらない理由でコーナーが休止になり、普通の天気予報になったことがある。2011年5月4日の放送では、中継先から間に合わず、大石が電話出演者とのトークおよびピンポイント予報を伝え(その際、桜沢からの伝言として予報を伝えている)、丹野が天気予報を読むというスタイルでの放送になった。なお、桜沢は放送終了直前にスタジオ入りしている。

2012年12月27日の放送では、中日ドラゴンズ井端弘和が電話出演した。公演に行く長野県の天気予報を聞いていた。

コレいいね![編集]

『コレ知らないと!』と同様。流行からエンタメ、スポーツまで様々な内容を扱う。
Nスタの「ホーリこみっ!」のVTRが使用されることもある。

金曜中継サプLIVE[編集]

モリ・モモのモモと吉岡が東海3県各地から中継を行う。
毎週金曜日放送。

タイムテーブル[編集]

月曜 - 木曜[編集]

  • 16:50:第1部オープニング&ニュース
  • 17:20:天気予報
  • 17:25:SPECIAL
  • 17:40:中京ローカルニュース
  • 17:50:第2部開始・「Nスタ・第2部」(JNN全国ニュース)
  • 18:15:第3部開始・きょうのナゼ?
  • 18:25:SPECIAL
  • 18:40:サクラのコレに決めテン&天気予報
  • 18:45:コレいいね!
  • 18:55:中京ローカルニュース
  • 18:58:終了

金曜[編集]

  • 16:50:第1部オープニング&ニュース
  • 17:20:天気予報
  • 17:25:金曜中継サプLIVE
  • 17:30:SPECIAL
  • 17:40:中京ローカルニュース
  • 17:50:第2部開始・「Nスタ・第2部」(JNN全国ニュース)
  • 18:15:第3部開始・きょうのナゼ?
  • 18:25:SPECIAL
  • 18:40:サクラのコレに決めテン
  • 18:45:コレいいね!
  • 18:55:中京ローカルニュース
  • 18:58:終了

かつて放送されていたコーナー[編集]

イッポウエンタメファイル[編集]

番組宣伝が主のコーナー。番組宣伝後、芸能ニュースを取り上げる(一部で『イブニング・ファイブ』の「本日のかわらBANG」コーナーを時差ネットしていた)。

元気印[編集]

モリ・モモが毎日生き生きと過ごす東海地方のシニア世代の方を紹介するコーナー。

直撃り!(じかあたり!)[編集]

メインキャスター・大石が、その日の出来事の中で一番気になるニュースという形で「当日感のある」ネタ1つを深く、多角的に展開する。大石自身のリポートや生中継、スタジオ生など様々なアプローチで「事件の本質」に迫る。

女性にイッポウ[編集]

  • 美ママ - 美しさを目指す女性に向けて、中からも外からも美しい女性を目指す企画(月曜)。
  • 楽カジ - 日々の生活が楽になったり、美しく潤いのある暮らしを提案する企画(火曜)。
  • 流行もん(ハヤリモン) - 最新のトレンドや情報が詰まった企画(水曜)。
  • こどもごころん - こども・子育て・子どもと社会をテーマに、柔らかいネタから時にはジャーナルに送る(木曜)。
  • でら☆金 - (金曜)。

まじあな[編集]

CBCのアナウンサーたちが日替わりで東海三県各地へと繰り出し、そこで暮らしている様々な人物を紹介する。

岩名美樹のコレに決めテン![編集]

2010年3月26日まで放送。17:50から放送していた「総力報道!THE NEWS」 → 「イブニングワイド」(きょうのニュース)の前に放送していた。基本概要は「サクラのコレに決めテン!」参照(ただしピンポイント予報は当日の一日のみで、詳細は解説のみ)。

同コーナーへの集まりが悪いためか、大々的に告知をすることが度々あった(具体的には「来週には大きな空きがある」など)。一度だけスタジオではなく、岡崎の小学校への取材という形で進行したことがある(当番組が、お便りのくれたクラスで国語の授業の一環として夕方のニュース番組を調べた際、わかりやすさなどの点でニュースキングを獲得したため)。

2010年3月10日の放送では、バンクーバーパラリンピックアイススレッジホッケーに参加する選手の妻が、会場の天候を伺うために電話に登場したことがあった。

金曜企画生ちゅう[編集]

モリ・モモのモモと小川(または、柳沢)が東海3県各地から中継を行う。
毎週金曜日放送。

コレ知らないと[編集]

2009年4月の総力報道!THE NEWS内包に伴う放送時間拡大の際に誕生した。
内容は、同番組にて以前存在したコーナー「カワラBANG!7」、及びTBSのローカルパートで放送されていた「カワラBANG!6」に似ており、流行からエンタメ、スポーツまで様々な内容を扱う。
Nスタの「エンタメホーリこみっ!」のVTRが使用されることもある。

まる生モモ中[編集]

モリ・モモのモモと丸山が東海3県各地から中継を行う。毎週金曜日放送。

イッポウSPORTS[編集]

メジャーリーグ情報や中日ドラゴンズ情報など地元のスポーツニュースを数本伝える。Nスタのスポーツコーナーである「こちら運動部」の映像が使用されることもある。

テーマ曲[編集]

オープニング曲

  • 2015年3月30日 - 2018年3月30日:「echoes feat.H ZETT M」STAR GUiTAR
  • 2018年4月2日 -

エンディング曲

  • 2015年3月30日 - 2018年3月30日:「Will」STAR GUiTAR& Chieko Kikuchi
  • 2018年4月2日 -

備考[編集]

SAMURAI BASEBALL』で、中日ドラゴンズ主管の試合が開催され、かつ中京広域圏ローカルで放映される場合(特に水曜日や金曜日のケース)には、18時台の「東海地方のニュース・スポーツ」枠内で放送するケースが多い。また後半パートは2009年4月から9月まではCBCテレビの判断で度々、「総力報道!THE NEWS(第2部)」を途中で飛び降りて、19:30より中継を行っていた。見られない時間帯は巨人戦はTBSニュースバードTBSチャンネルBS-TBSで、他のカードはJ SPORTS(主に2)でそれぞれ視聴できる。

番組の放送開始当初の放送時間は2時間5分(16:50 - 18:55)。また、ハイビジョン放送に対応していたのは『東京からのニュース』パートのみであったが、2006年9月4日より全編ハイビジョン放送対応になった。報道スタジオのデジタル化対応工事に伴い、2006年9月から12月までの間『晴れ・どきドキ晴れ』などで使用しているスタジオから放送した。2007年1月からは再び(対応工事の終わった)報道スタジオからの放送となった。

2006年7月5日放送分では、同日未明に日本海に着弾した北朝鮮からの弾道ミサイルの情報を伝えるため、TBSが放送する『イブニング・ファイブ』を番組のオープニング直後から一時的に同時ネットしていた(同年9月20日にも、一時的にイブニング・ファイブをネットした)。

2009年3月30日より『総力報道!THE NEWS』の全国ネット部分を内包した形態となり、放送時間を3時間5分に拡大した(16:50 - 19:55)。同時に各種テロップを『THE NEWS』仕様に変更。

『総力報道!THE NEWS』の放送時間短縮と、19:50からのスポットニュースの廃枠に伴い、2009年9月28日より放送時間は5分短くなった(16:50 - 19:50。『総力報道』のエンディング後に放送された翌日放送する特集の予告は廃止されなかったため、『総力報道~』の内包扱いは変わらず)。

『総力報道!THE NEWS』の打ち切りと『Nスタ』の放送開始に伴い、2010年3月29日より放送時間を2時間10分(16:50 - 19:00。うち、17:45 - 18:15は『Nスタ』内全国ニュースパートを内包)に変更し、同時にスタジオセット・テロップデザイン等をリニューアル。

イブニング・ファイブ時代の時差ネットに則り、5時台で全国や海外のニュースを扱う場合は『イブニングワイド』→『Nスタ』(第1部)のVTR素材を利用し、VTR中のテロップも原則としてそのまま流している。また、重大事件発生時は内容を差し替え、臨時でTBSの同時ネットを行う場合がある[5]

2013年4月1日より同局で始まった午後の自社制作情報生番組、『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-[6]の最後(東海ローカルでしか放送されない時間帯)に大石自らスタジオ入りし、当日放送の内容の予告を行っていたが、2015年9月28日以降の『ゴゴスマ』の枠拡大に伴って取りやめられた。

2017年末から2018年始にかけては、12月25日 - 28日・1月4日・5日・8日は17:50開始の短縮放送となった(ただし、18:15まではTBSから『Nスタ』をネットしたため、ローカルパートは18:15から)。また、12月25日は15:49 - 17:50に『ゴゴスマ』との合体コラボ特番を放送した。12月29日・1月1日 - 3日は全編休止となった。12月29日は、『Nスタ』を単独番組扱いでネットし、18:15 - 18:30に代替の『CBCニュース』を小川が担当する形で放送した。1月1日 - 3日は、『Nスタ』内で終盤の関東ローカルニュース・天気予報を差し替える形で代替のローカルニュースを放送した(エンドの提供ベースや2・3日のエンディング部分はTBS発をネット)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キャスター挨拶時に「協力 中日新聞」と書かれたテロップが表示される。
  2. ^ 2013年3月29日までは、17:45 - 18:15となっていた。
  3. ^ 2013年3月29日までは17:45 - 18:15であった。
  4. ^ 2014年10月6日 - 2017年3月31日は『Nスタ ニューズアイ』
  5. ^ 鳩山由紀夫首相(当時)が辞意を表明した2010年6月2日など。
  6. ^ 2015年3月30日からTBSでも、2016年4月4日から東北放送でも、それぞれ番組途中までのネット受け開始。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

CBCテレビJNN 平日夕方のCBCニュース
前番組 番組名 次番組
イッポウ
-----
CBCテレビ 平日17・18時台枠
ユーガッタ!CBC
イッポウ
-----