ブロックネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブロックネットとは、同じ地方の同じニュースネットワーク及びラジオネットワーク同士で、(例外あり)共同制作やネット番組で放送することである。全国ネットと同様に番組によってネットワークセールス枠(スポンサードネット枠)とローカルセールス枠(番組販売枠)がある。

ここでは、地方ブロック全体で番組購入をしているために、ブロックネットと似た状態になっているものも含む。

東北地方(+新潟県)[編集]

ブロックネットでは、東北電力一社提供やそれに準ずる提供で制作される番組が多く、東北電力の営業地域である東北6県および新潟県の7県にネットされる(→東北地方#定義域と名称)。ただし、東日本大震災後、東北電力の提供自粛等でこのパターンでのブロックネットの番組は急速的に減少している。東北電力が関係しない場合は、東北6県の枠組みとなる。

日本テレビ系列テレビ朝日系列は7県ともあるが、青森県フジテレビ系列秋田県TBS系列を欠く。このため、在局の内、MMT(日テレ系)とKHB(テレ朝系)が定期・不定期ともブロックネットに積極的なのに対し、TBC(TBS系)とOX(フジ系)は少ない。東北6県の系列が異なる局でつくる東北民放テレビ六社会という組織もあり、系列横断的なブロックネットも行われる。なお、テレビ東京系列は全県存在しない(宮城県における新局開設構想についてはTXN#5府県進出計画参照)。しかしながら、先述の東日本大震災後の東北電力の提供自粛などで、下記番組の大半が終了・休止している。

番組内の主要コンテンツは、東北各地でのロケであることが多い。東北各地に赴くロケの取材スタッフは、在仙局の場合もあるが、基本的に地元各局が担当する。そのため、宮城県仙台都市圏の情報が一方的に垂れ流される番組はまずない。このような傾向があるため、在仙局が必ずしも制作局となる必要もなく、在仙局以外が制作局となる番組や、持ち回り制作となる番組も見られる。

テレビ[編集]

現在の番組(テレビ)[編集]

  • 東北6県
  • 宮城県・青森県・岩手県・山形県・福島県・新潟県・富山県・中京圏
不定期放送・特別番組
  • 東北6県+北海道
  • 東北6県、または、5県
    • ANN東北6局:ローカルセールス枠である水曜7時枠の他、特別番組「ほっとネットとうほく」が土日の昼間などに不定期にブロックネット放送される。
    • JNN東北5局:JNN系列がない秋田県を除く5局ネット。ローカルセールス枠の水曜7時枠か土日の午後に不定期で「JNN東北5社スペシャル」がある。
    • 全東北民謡選手権大会』(東北民放テレビ六社会持ち回り制作で系列横断放送。RAB, IBC, ABS, TBC, YBC, FTV。年に1回放送)
    • 仙台国際ハーフマラソン』(仙台TBC制作、ATV, IBC, ABS, TUY, TUF。開催日10:00(TBCテレビ・TBCラジオは9:54)〜11:30生放送

過去の番組(テレビ)[編集]

ラジオ[編集]

現在の番組(ラジオ)[編集]

過去の番組(ラジオ)[編集]

関東地方[編集]

南関東首都圏トライアングル(埼玉県・千葉県・神奈川県)を基本単位としながらも、その他の地域とも共同制作・番販・同時ネットがある。在京局による関東広域圏放送については関東ローカルを参照。

テレビ[編集]

過去の番組[編集]

中部地方[編集]

中部地方のブロックネット番組の場合、位置する地理や地域の特性上から対象となる地域は複雑で、放送する番組ごとに放送地域がそれぞれ異なる。

主に関東隣接地域(新潟県長野県山梨県静岡県)が対象となる。また、北陸3県(富山県石川県福井県)を含める場合や、新潟県を対象外にする場合、中京圏(愛知県三重県岐阜県)を含める場合もある。

また、ラジオでは中部地方ブロックネット番組は単発番組でもほとんど制作されていない。

テレビ(レギュラー番組)[編集]

過去の番組[編集]

テレビ(単発番組)[編集]

NNN・NNS系列[編集]

系列の中部地方8局(CTV、TeNY、TSB、YBS、SDT、KNB、KTK、FBC)は年2回ブロックネット番組を放送している。2013年以降はユニーグループ・ホールディングス(アピタ・ピアゴ・サークルK・サンクス名義)の冠スポンサーで放送される毎年6月の番組と、年末に放送される番組(2014年は代替として2015年2月に放送)がある。なお他系列(参加局持ち回り)と違い、こちらは基本的にCTVが制作幹事局となる。

ANN系列[編集]

系列の中部5局[5]メ〜テレSATVUXabnHAB)は2001年以降、毎年正月に、桂三枝(現:六代目桂文枝)の司会による『日本ど真ん中 三枝のグルメご当地料理自慢』を共同制作していた(幹事局は各局持ち回り。2008年はUX、2009年はHAB)。この番組は中部ブロック以外の局にも番組販売されており、2008年の放送はHTBHOMEKKBなどが放送した。2009年はHOMEがブロック域外で異例の先行放送(1月2日6:00〜。中部ブロックでは同日14:25〜15:55)となる他、ABCyab等も遅れ放送がある。2011年以降はメインMCがガレッジセールとなり、タイトルが『ご当地グルメ探偵団 〜怪人ゴリ面相の○○(年によって浮動)〜』と変更された。

また、東北6局(KHBYTSKFBABAAABIAT)でも毎年正月に東北地方の旅やグルメ、職人などにスポットを当てるドキュメンタリー番組を共同制作している(幹事局は各局持ち回りで企画・内容は年によって異なる。2017年はYTS)。この番組も、2017年の放送はテレビ朝日で先行放送(1月2日早朝)されている。

このほか、毎年2月11日建国記念の日)にはメ〜テレを除いた中部4局+福島県(KFB)の環首都圏4県+石川県の5局ネットによる『東京一人暮らし』(幹事局は放送年により異なる)が放送されている。

さらに、JNNと同じく信越静3局(abn、UX、SATV。山梨は系列局がないため除く)による不定期単発特番もあり、2014年にはUXを制作幹事局として「ウドちゃんの中部縦断プレミアムツアー」が同年5月10日に信越静3局同時ネットで放送された。

JNN系列[編集]

甲信越静4局(UTY・SBC・BSN・SBS)が持ち回りで、年1回程度の不定期で共同制作する単発番組が存在する。別掲の「ニッポンど真ん中!」はこの甲信越静4局共同制作番組が発端となっているが、そちらとは別の枠組みとして2021年時点でもこちらは継続されている。制作幹事局は4局持ち回りとなっており、2016年は10月10日(SBS、UTYでの放送日)に「JNN中部4局共同制作番組 新潟・長野・山梨・静岡 FUJIWARAのご当地B級グルメ弾丸ツアー!」(幹事局はSBS)を放送、2017年は10月9日(UTY、BSN、SBSは13:55-14:50、SBCは15:55-16:50)に「JNN中部4局共同制作番組 谷原章介の中部4県おいしい蕎麦が食べたい」(幹事局は2016年に続きSBSが担当)を放送、2018年は10月8日(全局15:50-16:45)に「JNN中部4局共同制作番組 佐藤隆太の中部4県おいしい寿司が食べたい」(幹事局はBSN)を放送。2019年は10月14日(全局15:50-16:45)に「JNN中部4局共同制作番組 絶景!豪華ローカル列車の旅」(幹事局は2018年に続きBSNが担当)、 2020年は11月3日(全局15:49-16:50)に「JNN中部4局共同制作番組 静岡・新潟・山梨・長野 3時のヒロインが行く!! はみ出しグルメ」(幹事局はSBC)、2021年は11月3日(予定)(全局15:49-16:50)に「JNN中部4局共同制作番組 小島よしお・おかずクラブが行く!静岡・長野・山梨・新潟 ご飯のおとも探検隊!」(幹事局はSBS)を放送。

北陸地方[編集]

ラジオ[編集]

過去の番組[編集]

(近畿地方+)中国地方・四国地方[編集]

在阪局の影響力が強いため、近畿・中国・四国の枠組みでのブロックネットや番販が多い。

在阪局が関与しない(毎週)定期的なブロックネットは、テレビでは15分未満のミニ番組が中心で、15分以上は1番組のみ。そのほとんどは中国電力一社提供番組である。

在阪局による近畿広域圏放送については関西ローカルを参照。

テレビ[編集]

  • 瀬戸内海沿岸(岡山県・香川県・広島県・愛媛県・山口県+近畿広域圏(+徳島県)
    • ぐるりん瀬戸内』→『瀬戸内リレー』→『瀬戸内グルメ天国』→『ググッと。瀬戸内』
      HOMEが幹事となってyab-KSB-eatの計4局で放送。金曜夕方の情報ワイド枠でネットされる情報コーナー。
      「ぐるりん瀬戸内」時代はABCが幹事となる5局ネットだった。
    • 『中四国拡大版(番組名を変えながら放送)』
      年1-2回程度、TBS系で約1時間番組として放送される。近畿広域圏と徳島県では放送されない。
      2000年初頭から(具体的な時期は不詳)、RCCRSKが幹事局を交代で担当し、tys-ITVの計4局で放送。番組により、共同制作の場合もある。なお、BSSKUTVも加わり6局ネットとなることもある。
  • 中国・四国地方
  • 中国地方(+香川県)- 中国電力提供
  • 中国地方(+香川県)- コープCSネット[7]と中国5県の生活協同組合[8]提供
    • コープのおいしめし』…HTV制作で、NKT-KRY-RNCの4局。5分番組。コープCSネット自体は、中国地方・四国地方を担当エリアにしているが、徳島県のJRT・愛媛県のRNB・高知県のRKCでは放送されない。

過去の番組(テレビ)[編集]

ラジオ[編集]

※2010年以降RNC・JRT・RKC・RNBの4局がそれぞれ制作する番組をネットする形式になっている。既存のローカル番組をブロックネットに昇格したり、新たに立ち上げたりと経緯は様々である。現在は、JRTとRNCのみが番組制作を担当している。

過去の番組(ラジオ)[編集]

在阪局制作の番販[編集]

必ずしも同時ネットではない。中四国を含む他地方でも放送される。

過去の番組[編集]

九州地方(+山口県・沖縄県)[編集]

九州7県(九州全域)を基本としながらも、隣接する山口県沖縄県を含んだブロックネットもある。宮崎県にはJNN系以外にフルネットの系列局がないために、宮崎県が外れることもある。佐賀県にはFNN系以外の系列局がないため、大半の番組で佐賀県が外れているように見えるが、事実上、TNC以外の在福局の管轄エリアとなっている。

スポンサーを記したものはその会社の一社提供による番組。ほとんどが、地元九州に本社を置く企業ばかりであり、山口や沖縄ではスポンサーの展開地域やマーケット嗜好が異なることで番組のネットから外れることが多い。

レギュラー放送枠の他にも単発番組も多く作られている(JNN系とANN系に多い)。JNN系では、一部の祝日に持ち回りで特別番組を制作し、九州沖縄の7局で放送することがある(九州沖縄で放送日は同じであるが、放送時間は10時台や14時台などと異なることがある)。

台風襲来時の報道特別番組は福岡の放送局を幹事として、系列各局を結んで放送する(基本的に"福岡+大きな被害が想定される地域"の放送だが最大で九州山口全局ネットとなる[14])。その様子から「鉄の結束」と呼ばれることもある。 ただし、クロスネット局であるTOSとUMKについては対応はその時々による。UMKの場合は当該時間帯をKBCから受けているため原則KBCが制作する場合はそちらをネットする。TOSはTNCが制作しない限りはFBSから受ける。これは全国ネット規模の番組でもそれに準ずることがある。

テレビ[編集]

九州7県[編集]

九州7県+沖縄県[編集]

九州7県+山口県[編集]

  • アサデス。7』(福岡KBC制作。NCC, KAB, OAB, UMK, KKB, yabの7局。月曜〜木曜 9:55〜10:25)

九州6県(宮崎県が枠外)+沖縄県+山口県[編集]

放送終了[編集]

  • 九州6県(宮崎県が枠外)
    • ドォーモ』(福岡KBC制作。NCC, KAB, OAB, KKBの5局。月曜〜木曜 24:15〜25:15)※かつてはyabでも放送されていた。また、番組内容の一部がCSのテレ朝チャンネルで放送された事がある。
    • 九州街道ものがたり』(福岡KBC制作。NCC, KAB, OAB, KKBの5局。九州電力提供)
    • 未来への羅針盤』(福岡KBC制作。NCC, KAB, OAB, KKBの5局。日曜 12:00〜12:15。九州電力提供)
  • 九州6県(宮崎県が定期放送としては枠外)+山口県
    • るり色の砂時計』(福岡KBC制作。NCC, KAB, OAB, KKB, yabの6局。CSのsky・Asports+でも放送。40分番組。UMKは不定期放送)
  • 九州6県(大分県が枠外)
  • その他
    • 『神伝説を残す男たち 10神ACTOR』(福岡FBS制作。S3.0よりNIB, KKT, KYTにネット。)
    • 九州青春銀行』(福岡RKB制作。OBS, RKK, MRTの4局。長崎県・鹿児島県が枠外)
    • 豆ごはん。』(福岡RKB制作。一時期OBS, MBCにネット)
    • 今日感テレビ』(福岡RKB制作。一時期NBC, OBS, MBCにもネット。)

ラジオ[編集]

放送終了[編集]

ブロックネット組織[編集]

  • e-JNN
    JNN加盟局のうち、九州・沖縄の7社(以前は山口も含めて8社)で構成。上述の『ムーブ(西暦年)』等のブロック番組制作のほか、報道やイベントなどで連携。「別府大分毎日マラソン」では、RKBとOBS以外の5社(と域外からもTBS・MBS・RCCなど)が中継機材や人材を提供し、番組制作に協力している。

ブロックネットに近い形態の番組[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ スーパーJチャンネルABA(ABA)、IATスーパーJチャンネル(IAT)、トレタテ!(AAB)、チャージ!(KHB)、スーパーJチャンネルYTSゴジダス(YTS)、ふくしまスーパーJチャンネル(KFB)。スーパーJチャンネル
  2. ^ 終了時点のタイトル。以前のタイトルは、『マッピーのe-PLANET.tohoku』→『e-PLANETS in tohoku』→『ザ・ラジオ〜心のコミュニケーションを大切に〜』→『i-LANDinTOHOKU』。
  3. ^ 1時間のスペシャル番組あり
  4. ^ 2010年3月までは石川テレビのみの放送であったが、同年4月からは実質的にブロックネットで放送されている。
  5. ^ NNN・ANNクロスネットのFBCは不参加。
  6. ^ かつては兵庫県のSUNでも放送されていた。
  7. ^ 生活協同組合連合会コープ中国四国事業連合
  8. ^ 鳥取県生協・生協しまね・おかやまコープ・生協ひろしま・コープやまぐち
  9. ^ のちに、『エネルギアの旅ハッピークイズ』→『おもしろ学園ハッピークイズ』に改題。
  10. ^ 番組初期は山口県ではtysでネット。
  11. ^ 2006年9月まではTBS系列のRSK
  12. ^ [1]
  13. ^ 1999年の岡山エフエム放送開局までは、岡山県はRSKラジオでネットされていた。
  14. ^ 適宜、局ごとに差し替えを行ってローカルの台風情報を送る
  15. ^ 本放送終了直後にKBCラジオでも放送されるが、所要時間とスポンサーが共通で、内容だけがテレビ版と異なる。
  16. ^ 放送局によって放送分数が異なる。
  17. ^ 『シリタカ!』は福岡のみ19:00まで放送。
  18. ^ テレビ東京メディアネットテレビ東京ミュージックが製作に協力しており、『キティズパラダイス』から実写による収録映像以外のパートと音楽を提供したため、同番組を差し替える形で放送された。
  19. ^ a b c FMYを除く
  20. ^ MOCOカメッ! Archived 2007年12月11日, at the Wayback Machine.(博報堂DYメディアパートナーズ

関連項目[編集]