みちのくコカ・コーラボトリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みちのくコカ・コーラボトリング 株式会社
MICHINOKU Coca-Cola Bottling Co., Ltd.
ロゴ
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 みちのくコカ
本社所在地 日本の旗 日本
028-3621
岩手県紫波郡矢巾町広宮沢1-279
設立 1962年11月6日
業種 食料品
法人番号 4400001003957
事業内容 コカ・コーラ社製品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 谷村邦久
資本金 9億8,000万円
従業員数 686人
(2014年3月31日現在)
主要株主 谷村家
主要子会社 #グループ企業を参照
外部リンク http://www.michinoku.ccbc.co.jp/
テンプレートを表示

みちのくコカ・コーラボトリング株式会社は、コカ・コーラ商品を販売する会社(ボトラー)のうち青森県秋田県岩手県北東北3県を担当する会社である。本社は岩手県紫波郡矢巾町

岩手県を代表する企業一族、谷村家(同じグループに新興製作所谷村電気精機みちのくキャンティーンなどがある)が大株主。以前は国際興業も株主で、グループ会社だった。

2016年1月、花巻工場に約80億円を投じ整備した新製造ラインと新ロジスティックセンターが本格稼働する[1][2]

なお、宮城県山形県福島県仙台コカ・コーラボトリングの管轄であったが、2016年1月1日にコカ・コーライーストジャパン(現:コカ・コーラボトラーズジャパン)に吸収合併された。

沿革[編集]

  • 1962年11月 - 盛岡市に北斗飲料株式会社設立。
  • 1963年4月 - 営業所3拠点、4ルート・8台の車両で営業開始。工場未設のため仙台コカ・コーラボトリング等他ボトラーから商品の供給を受ける。
  • 1965年
    • 10月 - 商号を北斗コカ・コーラボトリングに変更、花巻市城内6-6に移転。
    • 12月 - 本社敷地内の岩手工場竣工。自社製造開始。
  • 1966年8月 - 商号をみちのくコカ・コーラボトリングに変更。
  • 1970年3月 - 青森工場竣工。製造開始。
  • 1972年5月 - 秋田工場竣工。製造開始。
  • 1975年7月 - ジョージアコーヒー発売。
  • 1977年3月 - コカ・コーラリットルサイズ(1リットル)リターナブルびん導入。秋田工場で製造開始。
  • 1983年6月 - コカ・コーラ1.5リットルPETボトル発売。三国コカ・コーラボトリング仕入れ。
  • 1984年3月 - カナダドライ製品の製造販売権を獲得。
  • 1986年5月 - 花巻工場竣工。250ml炭酸缶ライン稼動開始。
  • 1987年2月 - 花巻工場にジョージアコーヒー缶ライン増設。
  • 1988年
    • 4月 - みちのくキャンティーン社設立。
    • 9月 - 岩手工場での製造を終了。
    • 11月 - 青森工場にPETライン(炭酸)増設。
    • 12月 - 秋田工場にPETライン(非炭酸)増設(後に炭酸も増設)。
  • 1989年6月 - ワンウェイびんのコカ・コーラミディ500発売。青森工場で製造を開始。
  • 1994年7月 - 国際興業が株式を取得しグループの一員に(2010年頃グループ離脱)。
  • 1995年6月 - 青森工場にレトルト缶ライン増設。
  • 2002年4月 - 花巻工場の既存缶ラインに一部増設する形でボトル缶製造ライン稼動開始。東北・北海道にボトル缶製品の供給開始。
  • 2002年 - 本社新社屋完成。移転(岩手県紫波郡矢巾町)。
  • 2009年 - 青森工場でコカ・コーラ500mlPETボトル製品の製造を開始。
  • 2012年
    • 9月 - 「ファンタ アップル 250g缶」「ファンタ ゴールデングレープ 250g缶」がみちのくコカ・コーラ設立50周年記念限定商品として期間限定で復活(2013年3月まで)。
    • 10月 - 「ジョージア グランデ 190g缶」がみちのくコカ・コーラ設立50周年記念限定商品として期間限定で復活(2013年4月まで)[注 1]
  • 2014年
    • 3月 - 青森工場での製造を終了。
    • 9月 - 秋田工場でミニッツメイド Qoo大型PETボトル(1.5L)製品の製造を開始(2015年12月まで)。
  • 2015年12月 - 秋田工場での製造を終了。このうち、リターナブルびんの各種製品の製造は2016年1月よりコカ・コーライーストジャパンプロダクツ(現:コカ・コーラボトラーズジャパン)多摩工場(製造工場記号:ETA→EA)へ引き継がれることとなる。
  • 2016年1月 - 花巻工場にPETライン(500ml以上)を増設。これに伴い花巻ロジスティックセンターが稼働開始。
  • 2017年
    • 5月 - 北東北限定「ジョージア なめらかエスプレッソ【贅沢ミルク】 170g缶」発売。
    • 5月29日 - 北東北限定応援デザイン缶「スプライト」発売[3]

グループ企業[編集]

  • みちのくコカ・コーラプロダクツ株式会社
  • みちのくキヤンテイーン株式会社
  • みちのく自動販売機サービス株式会社

現在製品を製造している工場[編集]

(2017年4月現在) 括弧内は製品につけられる製造工場記号。

  • 花巻工場(H→MHA→MH)
    1986年に完成したみちのく社初のキャンニング(缶詰)ラインを持つ工場で、当時の最新鋭の設備を有した。この工場が建設されるまでは埼玉に本社があるサツキコカ・コーラキャンニング(後に三国コカ・コーラボトリングを経てコカ・コーラボトラーズジャパン)より缶製品の供給を受けていた。2017年4月現在は缶製品(炭酸・非炭酸・コーヒーショート及びロング缶)、ボトル缶製品(炭酸、非炭酸)のほか、後述する秋田工場から移管された一部の500ml以上のPET製品を製造。

かつて製品を製造していた工場[編集]

  • 岩手工場-旧本社敷地内 (1988年閉鎖)
    リターナブルびん製品の他、スーパー300等ワンウェイびん製品を製造していた。
  • 青森工場(AO→MAO) (2014年3月閉鎖)
    かつては他工場同様にリターナブルびん製品を製造していたが、晩年はコカ・コーラ及びコカ・コーラ ゼロの500mlPET製品、リアルゴールド等の小びん製品、コカ・コーラの季節限定ボトル等のワンウェイびん製品、ジョージアコーヒーの一部、紅茶花伝爽健美茶等の抽出・レトルト処理の必要な缶製品、ディスペンサー用のシロップタンク製品等を製造していた。2014年3月に生産を終了。2015年4月からは物流拠点「青森ディストリビューションセンター」として稼働していたが先述の通り2016年1月より花巻ロジスティックセンターの稼働開始に伴い、2015年12月を以って閉鎖された。
  • 秋田工場(AK→MAK) (2015年12月閉鎖)
    主にコカ・コーラシリーズの各種500mlPET製品、および大型PET(1.5L・2.0L)製品、ファンタ、スプライト、カナダドライ(ジンジャーエールのみ)等の炭酸系の各種大型PET(いずれも1.5Lのみ)製品、ミニッツメイド Qooの各種大型PET(1.5Lのみ)製品、ベジータベータ(2015年現在の時点では1LのPET製品のみ存在していた)、コカ・コーラ、およびHI-Cオレンジの各種リターナブルびん(いずれも190ml)製品[注 2]を製造していた。先述の通り2015年12月末を以って全て製造終了し、そのまま閉鎖された。なお、コカ・コーラ、およびHI-Cオレンジの各種リターナブルびん製品、ベジータベータは自社以外にも自社生産をやめた北海道コカ・コーラボトリングや仙台コカ・コーラボトリング(ベジータベータは除く)にも2015年12月まで供給されていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ ただしジョージアのロゴデザインは現行のロゴデザイン(2009年1月より順次採用)が用いられているため復刻商品に含まれない。
  2. ^ かつてはコカ・コーラの500ml、および1.0Lのリターナブルびん製品、ファンタ(主にグレープ)、スプライト等の炭酸系の各種リターナブルびん(200ml、および500ml、1.0L)製品、HI-Cオレンジ、煌(ファン)等の非炭酸系の各種リターナブルびん製品、爽健美茶等の茶系飲料系の大型PET製品も製造していた。

出典[編集]

外部リンク[編集]