十和田八幡平駅伝競走全国大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十和田八幡平駅伝競走全国大会(とわだはちまんたいえきでんきょうそうぜんこくたいかい、愛称:十八駅伝【じゅっぱちえきでん】)は1948年(昭和23年)から行われている駅伝競走であり、毎年8月7日に開催されている。

概要[編集]

発端は、日本マラソンの父と称される金栗四三が「日本人選手が国際的なマラソンレースで勝利するためには、厳しい真夏の時期にトレーニングを行い、体力をつけることが必要である」と提唱されたことが始まりであるとされている。

戦後の混迷期に、鹿角地区青年会がスポーツで活気を取り戻そうと、1948年、炎天下の夏季駅伝として第1回大会を開催した。

コース[編集]

起伏の激しい標高差818m、全長73.8kmの十和田八幡平国立公園の大自然の中を5区間を走破する設定となっている。

  • 1区:十和田湖休屋⇒中滝柳沢商店前(13.6km)
  • 2区:中滝柳沢商店前⇒大湯温泉振興プラザ(13.4km)
  • 3区:大湯温泉振興プラザ⇒秋田県信花輪支店前(16.3km)
  • 4区:秋田県信花輪支店前⇒熊沢自治会館前(16.4km)
  • 5区:熊沢自治会館前⇒八幡平大沼(14.1km)

大会名の変遷[編集]

  • 第1回 - 第3回 北部七県十和田湖、八幡平観光コース駅伝競走大会
  • 第4回  都道府県対抗十和田八幡平観光コース駅伝競走大会
  • 第5回 - 十和田八幡平駅伝競走全国大会

テレビ放送[編集]

毎年後援の秋田テレビ制作で1時間のダイジェスト版が録画放送され、東北のフジテレビ系列(岩手めんこいテレビ仙台放送さくらんぼテレビ福島テレビ)と青森テレビでネットされている。また、北海道文化放送(2012年まで)やtvkテレビ静岡東海テレビ岡山放送テレビ大分テレビ宮崎(2010年のみ)などでも後日放送されている。

外部リンク[編集]