九州実業団対抗女子駅伝競走大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

九州実業団対抗女子駅伝競走大会(きゅうしゅうじつぎょうだんたいこうじょしえきでんきょうそうたいかい)は、毎年10月の最終日曜日に開催されていた駅伝競走で、全日本実業団対抗女子駅伝競走大会の九州・沖縄地区予選会を兼ねていた。

概要[編集]

九州・沖縄8県は、陸上競技が盛んな土地柄、他の地域とは一線を画し、ブロック単独で競技会を行っている。

2007年の第18回までは、熊本県にある本田技研工業熊本製作所のまわりを周回するコースで行われていたが、2008年の第19回から、福岡県福津市にコースが変更された。

基本的に、上位3チームに全日本大会への出場権が与えられる。

東海北陸関西中四国の合同予選として行われてきた淡路島女子駅伝競走大会が、2008年を最後に諸事情で廃止されたことから、2009年からは関西中四国九州沖縄の合同予選として「実業団女子駅伝西日本大会」が新設された。
その為、同大会は2008年の第19回をもって廃止されたが、走路については、第19回からの福津市のコースが実業団女子駅伝西日本大会でも利用され、2015年から全国で一本化された全日本実業団対抗女子駅伝競走大会の予選会でも引き続き利用されている。

コース概要[編集]

歴代優勝チーム[編集]

開催年月日 出場チーム数 優勝チーム タイム 他の全日本大会出場チーム
1 1990年
2 1991年
3 1992年
4 1993年
5 1994年
6 1995年
7 1996年
8 1997年
9 1998年
10 1999年
11 2000年
12 2001年
13 2002年
14 2003年
15 2004年
16 2005年
17 2006年
18 2007年10月28日
19 2008年10月26日

テレビ中継[編集]

レースは午前中に行われるため、当日午後に撮って出しの形で放送される。

第18回までは地元の熊本放送RKB毎日放送に協力する形で制作され、RKBを制作局としてe-JNN各局[1]で放送された。これは、熊本放送が熊本日日新聞系列であり、主催の毎日新聞社が大株主となっているRKBが制作の主導権を握っていたことによる。[2]

2008年は、会場が福岡県に移ったことにより、RKB単独制作となる。e-JNNネットは継続。

脚注[編集]

  1. ^ テレビ山口を除く。同社は淡路島女子駅伝競走大会を放送。
  2. ^ この状況は別府大分毎日マラソンの例に似ている。

外部リンク[編集]