朝日駅伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝日駅伝(あさひえきでん)は、毎年1月(ただし、1950年の第1回のみ2月)に行われた駅伝大会。1966年の第17回以降は成人の日での開催となった。主催は九州陸上競技協会朝日新聞社。特別協賛を応研が務め、「OHKENスペシャル」として開催されたこともあった。

福岡市JR博多駅前にある福岡朝日ビルから、北九州市小倉城大手門広場までの99.9kmで行われた。九州一周駅伝の最終日のコースを逆走する形になった。

大会の模様は、九州朝日放送発・テレビ朝日系列九州ブロックネットで、1時間のダイジェスト版で即日テレビ放送された。

しかし、2011年1月10日開催の第62回をもって本大会の幕を閉じることとなった[1]

コース[編集]

福岡 → 筑豊 → 小倉(全7区間 / 99.9km)

区間[編集]

  • 第1区(14.6km):福岡朝日ビル前 → 粕屋郡財産組合前
  • 第2区(9.9km):粕屋郡財産組合前 → 地蔵まんじゅう前
  • 第3区(11.2km):地蔵まんじゅう前 → 飯塚市役所前
  • 第4区(14.8km):飯塚市役所前 → 田川市役所バス停
  • 第5区(15.9km):田川市役所バス停 → 直方市役所前
  • 第6区(16.8km):直方市役所前 → 穴生中学校前バス停
  • 第7区(16.7km):穴生中学校前バス停 → 小倉城歴史の道

歴代優勝チーム[編集]

回数 施行日 優勝チーム
第1回 1950年2月5日 八幡製鐵
第2回 1951年1月7日 三井鉱山
第3回 1952年1月6日 旭化成
第4回 1953年1月11日 中央大学
第5回 1954年1月10日 旭化成
第6回 1955年1月30日 旭化成
第7回 1956年1月22日 八幡製鐵
第8回 1957年1月27日 八幡製鐵
第9回 1958年1月26日 旭化成
第10回 1959年1月25日 八幡製鐵
第11回 1960年1月31日 旭化成A
第12回 1961年1月22日 旭化成A
第13回 1962年1月21日 八幡製鐵
第14回 1963年1月20日 八幡製鐵
第15回 1964年1月12日 東急
第16回 1965年1月10日 旭化成A
第17回 1966年1月15日 八幡製鐵
第18回 1967年1月15日 八幡製鐵
第19回 1968年1月15日 全鐘紡
第20回 1969年1月15日 九州電工
第21回 1970年1月15日 日本電信電話公社
第22回 1971年1月15日 旭化成
第23回 1972年1月15日 旭化成A
第24回 1973年1月15日 旭化成A
第25回 1974年1月15日 旭化成A
第26回 1975年1月15日 鐘紡
第27回 1976年1月15日 鐘紡
第28回 1977年1月15日 鐘紡
第29回 1978年1月15日 旭化成
第30回 1979年1月15日 旭化成
第31回 1980年1月15日 旭化成
第32回 1981年1月15日 旭化成
第33回 1982年1月15日 旭化成
第34回 1983年1月15日 旭化成
第35回 1984年1月15日 神戸製鋼所
第36回 1985年1月15日 日産自動車
第37回 1986年1月15日 旭化成
第38回 1987年1月15日 日産自動車
第39回 1988年1月15日 日産自動車
第40回 1989年1月15日 日産自動車
第41回 1990年1月15日 旭化成
第42回 1991年1月15日 日産自動車
第43回 1992年1月15日 鐘紡
第44回 1993年1月15日 旭化成
第45回 1994年1月15日 旭化成
第46回 1995年1月15日 鐘紡
第47回 1996年1月15日 鐘紡
第48回 1997年1月15日 鐘紡
第49回 1998年1月15日 旭化成
第50回 1999年1月15日 旭化成
第51回 2000年1月10日 旭化成
第52回 2001年1月8日 カネボウ
第53回 2002年1月14日 NEC
第54回 2003年1月13日 NEC
第55回 2004年1月12日 日清食品
第56回 2005年1月10日 日清食品
第57回 2006年1月9日 九電工
第58回 2007年1月8日 旭化成
第59回 2008年1月14日 旭化成
第60回 2009年1月12日 旭化成
第61回 2010年1月11日 本田技研工業
第62回 2011年1月10日 九電工

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]