卓田和広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

卓田 和広(たくた かずひろ、1966年1月29日 - )は、HBC北海道放送アナウンサー

経歴[編集]

岩手県宮古市出身。血液型はO型岩手県立宮古高等学校青山学院大学経済学部卒業後、1990年4月に入社(同期は関博紀アナ)。アナウンサーに採用後、1991年帯広放送局へ転勤。帯広放送局ラジオ番組「とべとべ十勝」(平日12:00~13:00)で好聴取率をマークした。3年間の帯広局勤務を経て、1994年に再び札幌本社へ異動。同時期に各放送局毎の地域別番組を縮小した事もあり、帯広放送局への配属アナとしては最後となった。

現在は、ワイド番組『グッチーの 今日ドキッ!』のリポーター、スポーツ中継(HBCファイターズナイターほか)、テレビ番組ナレーション、ラジオCMなど、ジャンル専念型が多いHBCアナウンサーの中では、数少ない幅広いジャンルでの活躍を見せる。特に、ラジオのプロ野球実況では、2006年にファイターズの開幕戦と日本一決定試合の実況を担当。さらに翌2007年もリーグ優勝決定試合を実況し、ファイターズの黄金時代到来を宣言した。2009年もリーグ優勝決定試合を実況している。ただし、リーグ優勝の実況した年の日本シリーズはいずれも相手に日本一を許す試合の実況を担当していた。

実況中「2アウトランナー無し」を「2ストライクノーボール」と言い間違えた際には、解説の新谷博に「今何で2ストライクノーボールって言ったの?」とツッコミを入れられ、これに対し本人は「魔が刺した」とコメントしている。[1]

肉を好きであり、自らを「肉党党首」と言うことがある。(『グッチーの 今日ドキッ!』の中で中継をしている時等にも言われることがある)

現在の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

※プロ野球開幕前に1年に1度放送。

 川畑恒一アナウンサーの代打として2012年2月1日分の放送を担当した時、相方の浦本可奈子アナウンサーの事を何も知らなかったので、放送中に「Wikipediaで調べた」と公言した。

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

以下はTBS系列局の一部でも放送された北海道放送制作のドキュメンタリーで、藤本美貴(北海道出身)とともにナレーションを担当。

  • 奇跡の流氷 オホーツクが生み出す命の源(2011年5月22日、TBS系列13局ネット)
  • 天空の方舟〜大雪山 氷河期から未来へ(2013年2月17日放送、TBS系列12局ネット)

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この時の音源は2010年6月放送のHBCラジオ「ファイターズDEナイト!」特番で放送された。

外部リンク[編集]