山田幸代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山田 幸代(やまだ さちよ、1982年8月18日 - )は、滋賀県近江八幡市出身の日本初のプロラクロス選手。

来歴[編集]

中学、高校ではバスケットボール部に所属。長浜北星高校では1年からレギュラーとして3年連続でウィンターカップに出場。主将も務めた。

京都産業大学進学後、友人に勧められラクロスを始め、1年でU-20日本代表、2年でA代表に選ばれる。関西リーグでも得点王、ベスト12、MVPも受賞。

大学卒業後の2005年には大手通信会社に入社。営業職として社内トップセールスを上げるほど活躍する一方で、選手としてクラブチーム「FUSION」の旗揚げに参加。仕事と両立を図りつつ活躍。

同年、日本代表としてもワールドカップに出場。5位入賞に貢献する。

2007年9月にプロ宣言。日本初のプロラクロス選手となる。

同年、米国のクラブに一時加入し、ハワイトーナメントで優秀選手に選ばれる。日本サッカー協会こころのプロジェクト「夢先生」にも参加。

2008年、オーストラリアの強豪「Wilderness」に加入。リーグ戦準優勝を経験する。

2009年3月1日篠山ABCマラソン大会に参加。足に肉離れを起こしていたのにも関わらず、4時間39分53秒で見事完走。

2014年4月より京都産業大学大学院マネジメント研究科在学中。プロラクロスプレイヤーとの二足の草鞋を踏んでいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]