スポーツの日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スポーツの日(スポーツのひ)は、各国が定める祝日である。

カタール[編集]

カタールは、2月第2火曜日の祝日が「スポーツの日」[1]である。国民の健康を促進するため2012年[2][3]に定められた。

インド[編集]

インドは、8月29日が「スポーツの日」[4]である。ホッケー選手ディヤン・チャンド英語版が、1928年、1934年、1936年のオリンピックでそれぞれ金メダルを獲得し、1926年から1948年の22年間に400以上ゴールし、国際ホッケーアリーナに名が刻まれた栄誉を称え、スポーツの栄典賞としてメジャー・ディヤン・チャンド賞[5]、誕生日を記念してスポーツの日[6][7]、がそれぞれ定められた。

日本[編集]

日本では、10月第2月曜日の祝日が「スポーツの日」である。1964年東京オリンピックで開会式が挙行された10月10日は、1966年から祝日として「体育の日」と定められたが、「体育の日」は2000年から10月第2月曜日に変更され、2020年から「スポーツの日」に変更された。2020年に限り東京オリンピックの開会式予定日に合わせて7月24日に変更[8]された(ただし、COVID-19の流行の影響で、東京オリンピックは翌2021年に延期された)。

マレーシア[編集]

マレーシアは、10月第2土曜日の祝日が「スポーツの日 (マレー語: Hari Sukan Negara)」である。 国民の健康を促進するため2015年[9]に施行された。

イラン[編集]

イランは、10月17日が「体育およびスポーツの日」、10月17日から23日の1週間が「体育およびスポーツの週」である。日常生活で運動の重要性を示すため、憲法第3条に記されている。

参考文献[編集]