美藤啓文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みとう さとふみ
美藤 啓文
Satofumi-Mitoh.jpg
プロフィール
出身地 日本の旗 長野県長野市(本籍は兵庫県
生年月日 (1956-09-11) 1956年9月11日(62歳)
最終学歴 関西学院大学
勤務局 毎日放送
活動期間 1980年 - 現在
ジャンル スポーツ番組ニュース番組
配偶者 河本俊美
出演番組・活動
現在
  • 本文参照
過去
  • 本文参照
  • 備考
    2016年9月30日付で毎日放送を定年退職。翌10月1日から、同局の「シニアスタッフ」として、スポーツ中継の実況・出演を継続。

    美藤 啓文(みとう さとふみ、1956年9月11日 - )は、毎日放送(MBS)所属のアナウンサー2016年9月30日の定年退職後も、同局の「シニアスタッフ(嘱託社員)」として、アナウンサーとしての活動を続けている。

    来歴・人物[編集]

    長野県長野市の出身(本籍は兵庫県)だが、鐘紡に勤めていた実父の転勤で、小学生時代までは日本の各地を転々としていた。小学校を卒業する頃から兵庫県内で生活すると、県内の西宮市にある関西学院大学へ進学。アナウンサーを志していたことから、大学時代には、2年時から生田教室でアナウンス技術の研鑽を積んでいた。生田教室では、久本雅美と顔見知りだったという。

    大学卒業後の1980年に、アナウンサーとして毎日放送へ入社。同期入社のアナウンサーに、鎌田正明(後に報道部の記者を経て退社、現在は「中沢彰吾」名義でも活動する作家)がいた。

    毎日放送への入社後は、MBSラジオでのスポーツ番組の実況を中心に活躍。春の選抜高校野球プロ野球中継、競馬中継の実況ではよく絶叫する(ここぞという場面で声量が急に上がる)ことで知られる。2004年第76回選抜高等学校野球大会では、ダルビッシュ有投手(当時、東北高校)が1回戦で熊本工打線を相手にノーヒットノーランを達成した瞬間を、テレビ中継で実況している。ラジオの競馬中継では、2005年菊花賞ディープインパクトが勝って三冠馬になった模様を実況した。ちなみに、NHK大津放送局から1991年に移籍した現職アナウンサーの田丸一男とは、「誕生日や出身大学が同じ」「生田教室のOB」「スポーツ実況の経験者」といった共通点がある。

    地上波での全国ネット番組ではあまりお目に掛かれないが、自社制作・TBS系列全国ネットのテレビ番組『となりのマエストロ』では、2010年1月31日放送分の「タカMAX」に“実況マエストロ”としてVTRで出演した。

    スポーツアナウンサーの先輩でもある結城哲郎が関連会社のGAORAへ出向した2011年6月以降も、毎日放送の現役最年長アナウンサーとして、主にスポーツ中継へ出演してきた。2016年の誕生日で毎日放送の定年(60歳)に達したため、同年9月30日付で定年退職。テレビでは同日放送の「JNNニュース」(『ひるおび!』11時台の関西ローカルニュース)、ラジオでは「ネットワークTODAY」(『上泉雄一のええなぁ!』内)への出演を最後に、毎日放送アナウンサーとしての活動を終了した[1]。ちなみに、「ネットワークTODAY」の担当直後には、美藤の絶叫実況を知るリスナーからのメッセージを後輩アナウンサーの上泉雄一が紹介。上泉から労いの言葉を掛けられながら、36年6ヶ月にわたる毎日放送でのアナウンサー生活に区切りを付けた。

    2016年10月1日からは、毎日放送のアナウンサー室を離れる一方で、「シニアスタッフ」(スポーツ中継専任の嘱託アナウンサー)として同局へ引き続き在籍。定年退職前に続いて『GOGO競馬サンデー!』(MBSラジオの競馬中継)などの競馬関連番組へ出演するほか、テニスATPツアーや、選抜高等学校野球大会のテレビ中継(いずれも関連会社のGAORAで放送)でも実況を担当している。毎日放送のアナウンサーが、アナウンス室の一員として定年を迎えたことを機に、「シニアスタッフ」としてアナウンサーの活動を続ける事例は美藤が初めてである[2]

    慶應義塾大学出身の父親の影響で、同大学出身の水原茂が監督を務めていた中日ドラゴンズのファン。選手では、小川健太郎を応援していたという。その一方で、毎日放送への入社当時にアナウンサーとして同局と専属契約を結んでいた河本俊美(現在はセイ・タレントプロダクション所属のフリーアナウンサー)と、入社後に結婚している。

    現在の出演番組[編集]

    テレビ[編集]

    ラジオ[編集]

    MBSアナウンサー時代の出演番組[編集]

    ラジオ[編集]

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ 2018年10月31日には、1年後輩の赤木誠が同様のシフトを組まれて正社員生活を終えている。
    2. ^ 毎日放送では過去に、美藤の先輩アナウンサーである角淳一青木和雄松井昭憲野村啓司が、定年退職を機に「専属パーソナリティ」として番組の出演を継続(現在はいずれも専属契約期間を満了 → フリーアナウンサーとして活動)。スポーツアナウンサーの先輩に当たる伊東正治は、他部署への異動後の2011年7月5日に定年を迎えてから、「シニアスタッフ」としてMBSラジオの番組でパーソナリティやプロデューサーを務めていた(2016年7月31日の任期満了後もフリーランスの立場で番組の出演・制作を継続中)。
    3. ^ テレビは2016年6月30日開催の阪神×DeNA戦(同日深夜に「ビデオナイター」として放送。解説・安藤統男)、ラジオは2015年9月2日開催の阪神×広島戦(解説・太田幸司)が局アナとしてのラスト実況。
    4. ^ 2016年3月30日開催の第88回大会準決勝第2試合・秀岳館×高松商戦(GAORA。解説・山下智茂)がMBS局員してのラスト実況。翌日の決勝終了後には、優勝した智弁学園の殊勲選手へのインタビューも担当。シニアスタッフへ移行した第89回大会(2017年)以降も、GAORAの中継で実況やインタビュアーを務める。

    外部リンク[編集]