守屋周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
もりや しゅう
守屋 周
プロフィール
本名 守屋 周
愛称 守屋さん、周君、tbcの相撲王子
出身地 日本の旗 日本 宮城県登米市豊里町
国籍 日本
生年月日 (1982-10-23) 1982年10月23日(38歳)
血液型 O型
最終学歴 慶應義塾大学[1]
勤務局 東北放送
部署 アナウンス部
活動期間 2005年 -
ジャンル スポーツ
公式サイト http://skip.tbc-sendai.co.jp/04anno/ShuuMoriya/index.html
担当番組・活動
出演中 シロクジTUNE、うたまつり!
出演経歴 水曜日のアナウンス部

守屋 周(もりや しゅう、1982年10月23日 - )は、東北放送アナウンサー

来歴・人物[編集]

宮城県登米市豊里町出身。宮城県石巻高等学校[2]慶應義塾大学卒業後、2005年東北放送に入社。同期入社は安東理紗。既婚。

学生時代はニッポン放送でアルバイトをしていた。またTBCの系列局である中国放送アナの石田充札幌テレビ放送(系列のHBCと同じ北海道の民放局)アナの藤井孝太郎は大学時代の同級生にあたる。藤井アナについては本人曰く親友である。

熱狂的な相撲ファンであり、かつて自身担当のラジオ番組にコーナーを設けたこともある。[3]

実家はスポーツ用品店を営んでいる。

担当番組[編集]

ラジオ[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

エピソード[編集]

  • 読書好きで「シロクジTUNE」の中で『夕刻守屋書店』というコーナーを作り、自分が読んで面白かった本を紹介している
  • 実家のスポーツ用品店では、東北放送が毎年発売している『TBCみやぎ手帳』を扱っている。このため、毎年発売日の頃にラジオな気分のラジオカーが訪れて中継することが恒例になっている。
  • 宮藤官九郎宮城球場で始球式を行った際に、放送に入る前のオフの実況で宮藤の姿を見て「今日の始球式は宮城県出身の宮藤官九郎さんです。・・・なにか、貧相ですね」と語ってしまい、その時録音されていた音声が宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLDで流された。
  • 先輩の鈴木俊光アナウンサーのものまねが得意。
  • 妄想が好きで「シロクジTUNE」の中で『妄想クラブ』というコーナーを設けたことがあり、「もしも宝くじが当たったら」というテーマの時に、自身が好きな大相撲懸賞金を、実家のスポーツ用品店から出したらどうなるかという妄想を広げたこともあった。
  • が好きで、番組内でも酒の話をよくする。過去には「水曜日のアナウンス部」で、家で晩酌した様子を放送で流していた。
  • 渡る世間は鬼ばかり』の大ファン。脚本の橋田壽賀子さんの訃報を受けた翌日のシロクジTUNEの生放送では、渡る世間は鬼ばかりについて、オープニングだけで6分以上熱く語っていた。
  • 過去にはバトミントンのタカマツペアや、横綱白鵬田中将大、ゴルフの松山英樹など大物に取材した経験がある。

脚注[編集]

  1. ^ 2019プロ野球アナウンサー紹介 - プロ野球セ・パ両リーグ 12球団全選手カラー百科名鑑2019 294P(廣済堂出版 2019年)
  2. ^ 守屋周 - Facebook
  3. ^ スポパラToday's Flash火曜日」内の『守屋周の相撲で申す』、 「火曜日から金曜日の夜9時から10時までTBCアナウンサーが生で喋ってます。略して「カマス」」内の『やっぱり相撲やってもいいですか?』、 「Goodモーニング」内の『今朝の押し出し』、 「水曜日のアナウンス部」内の『守屋周の大相撲を10倍楽しく見る方法』など。

外部リンク[編集]