この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

東海道新幹線火災事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東海道新幹線火災事件
場所 日本の旗 日本 神奈川県小田原市上町
東海道新幹線新横浜 - 小田原
座標
日付 2015年6月30日
午前11時30分頃
原因 焼身自殺
死亡者 2人(犯人含む)
負傷者 28人[1][2]
テンプレートを表示
事件現場の位置
事件現場の位置
事件現場
事件現場の位置

東海道新幹線火災事件(とうかいどうしんかんせん かさいじけん)とは、2015年6月30日新横浜 - 小田原間を営業運転中の東海道新幹線車内で、男が焼身自殺を図り、火災が発生した事件。1964年10月1日の同線の開業以来[3]、そして、全新幹線でも初めての列車火災事故となった[4][5]


事件の経緯

2015年6月30日午前11時半頃、新横浜 - 小田原間を走行していた、東京新大阪行き「のぞみ225号」(N700系X59編成)の先頭の1号車で、東京都杉並区西荻北在住の71歳の男が、ガソリン[6]をかぶりライターで火を着け炎上し、火災が発生した。列車は、小田原市上町で緊急停車し、火は乗務員(運転士)が車内に備え付けられていた消火器で消し止めた[2]

男は1号車の客室内最前部辺りで火を着け、同客室の前方の運転室との間のデッキで倒れ死亡。神奈川県警察による司法解剖の結果、男の死因は焼死と判明した[7]。煙は1号車だけでなく隣の2号車にまで充満したため、他の乗客は3号車より後方に避難したが、巻き添えとなったとみられる乗客の横浜市青葉区在住の52歳女性が、1号車後方のデッキで倒れ死亡しているのが発見された。司法解剖の結果、女性の死因は気道熱傷による窒息死と判明した[7]。女性は、伊勢神宮へこれまでの平穏無事のお礼参りに向かっている最中だった[8]。この他、乗客26名と乗務員2名の計28人が煙を吸うなどして重軽傷を負った[1][2][9][10]。車内で救急隊の救命士によるトリアージが行われ[11]、重症の乗客は緊急停止中の地点から車外に降ろされ、救急搬送された。

火災の発生した列車は現場に停車した状態で神奈川県警による検証が行われていたが、14時過ぎに小田原駅に移動、15時前に小田原駅に到着し残りの乗客を降ろした。のぞみ225号は小田原駅で運転を打ち切り、運転士の資格を持つ車掌によって三島車両所へ回送された。一方、当該225Aの運転士は体調不良を訴え救急搬送された[12][13]

火災車両は3日に警察による検証が行われ、1号車の1-3列目付近の座席はシートが焼け落ち骨組みだけになり、樹脂製の窓やカバーが高熱で溶けるなど、激しく燃えており、1号車内の前方半分の座席が燃えて骨組みが露出するなどしていた。また、火災により発生したすすは後方2号車の1-2列目付近まで到達していた[14]

損傷が大きい1号車の783-2059は修復不能と判断され、差し替える事となった。2016年6月29日に同一番号の新しい車体[15]が陸送され[16][17]、残った車両と組み合わせ、試運転の後、2016年7月29日に運用に復帰している。

刑事捜査

この事件を受け、神奈川県警は殺人未必の故意)や現住建造物等放火の疑いで7月1日に男の自宅を家宅捜索した[2][5][18][19]。その後、10月15日には男が乗客に後方への避難を促し、ほとんどの乗客が車両を出たタイミングで放火したことが判明したことなどから、神奈川県警捜査一課小田原警察署は殺意の認定は困難と判断、殺人容疑での立件は断念した上で現住建造物等放火と傷害致死などの疑いで男を容疑者死亡のまま横浜地方検察庁書類送検した[20][21]。その後、検察は10月20日に容疑者死亡を理由に不起訴処分とし、動機不明のまま捜査は終結した[22]。捜査関係者によると、杉並区内の自宅を家宅捜索したが、東海道新幹線で自殺を図る動機につながるものは見つからなかったという[23]

駅や新幹線N700系電車車内の防犯カメラを調べた結果、当日は西荻窪駅から乗車して東京駅で新幹線に乗り換え、車内で犯行を行う準備をしていたことが判明した。所持していた乗車券はのぞみの通過駅である掛川駅までだった[6][24][25]

火災車両は7月3日、神奈川県警による検証が行われた(前述)。

男の身元と動機

男は岩手県出身で、上京した後に飲食店で歌う「流し」の歌手や、幼稚園の送迎バスなどの仕事に就いており、地元の野球チームにも所属していた[26]。知人女性によれば、男は6月29日午後、「ガソリンスタンドへ行く」と、ポリタンクを台車に乗せ歩いていた。男は事件の1年ほど前から清掃業で働いており、年金が少ないという不満を漏らしていた[27]。また、「年金が少ない。年金基金の前で首をつってやる」などという自殺を示唆する言動も繰り返していた[28]。一方、パチンコ好き[29]競艇に通う[30]などギャンブルにお金をつぎこんでいたとみられ、約10年前から複数の消費者金融等に借金の返済を続けていたことから、男の姉は「自殺の原因は借金だと思う。追い詰められていたんじゃないか」と話している[31]

また、事件の半年ほど前には深夜に自分のアパート家賃4万円で風呂なし)の部屋のガラスを蹴破るなどの行為が住民により目撃された。住民が中を覗くと、段ボールやごみでいっぱいだった。精神科医町沢静夫によれば、男の精神状態は鉄道飛び込み自殺に似ており、社会から不幸がもたらされを選ぶほかなくなったという被害妄想にとらわれている。このため、社会への報復として、さらにある種の自己顕示欲があり、最後に一花咲かせ、自分の存在を世間に知らしめたいとの願望があったとみている[32]

運転への影響

火災発生直後から東海道新幹線は全線で運転を見合わせていたが、14時半頃運転を再開した[12]。この影響で、同日20時現在、上下線36本が運休、最大5時間以上の遅れが生じ、大幅にダイヤが乱れた[9]

社会の反応

事件への対策

国土交通省は7月1日、東海旅客鉄道(JR東海)を含む新幹線を運営する各事業者を召集し緊急会議を開いた。当面の対策として、駅構内や新幹線車両内の巡回強化など警備体制の強化を各社に要請した。今後も意見交換を行い、車両の安全性確保、火災、テロへの対策についても検討していくとしている[33]

多くの乗客が一斉に乗る以上、航空機のように1人1人を金属探知機で検査するのは事実上不可能である。現状では警察官警備員を同乗させることが精一杯である。[要出典]

JR東海と西日本旅客鉄道(JR西日本)は7月6日、安全対策強化のために東海道・山陽新幹線を運行する車両の客室内に常時撮影の防犯カメラを新設すると発表した。防犯カメラは2015年7月時点ではデッキの乗降口に設置されているが、客室内(両端にある車内案内表示装置の横)に2台、トイレなどがあるデッキ通路部に1台を新設する。事件以降に追加新造する車両は製造時に対応、既存車両についても2018年度までに全ての車両に追設するとしている。[34]。一方、乗客の手荷物検査については「新幹線の特徴である利便性を大きく損なう」とし、実施に否定的な見解を示した[35]

九州旅客鉄道(JR九州)も、N700系11編成にJR東海・JR西日本と同様の防犯カメラの増設を検討するほか、元々防犯カメラを設置していなかった800系についても設置の可否について検討する方向である[36]

東日本旅客鉄道(JR東日本)は、東北北陸秋田新幹線で運行されている車両の客室内に既に設置されているカメラを、現行の「非常ボタンが押された場合のみ撮影」から「常時撮影」に変更することを検討している[37]

2016年3月31日、JR各社は4月28日から、ガソリンや灯油など可燃性液体の車内への持ち込みを、量に関係なく禁止すると発表した[38][39][40]

日本国外のテロ対策の現状

飛行機と違い、新幹線では手荷物検査は行われていない。日本国外においても、先進国では検査の例はほとんどないが、中国や、2008年ムンバイ同時多発テロが発生したインドでは実施しており、通勤時に長蛇の列ができる問題も発生している。また、イギリスフランスを結ぶ国際列車であるユーロスターでも例外的に検査を実施している[41]

このようなテロ対策について、国土交通省は「過去に内々で議論したことはあるが、なかなか厳しい。すぐ乗車できる利便性の方が利用者のニーズとして高い」と説明する一方、日本の警察幹部は「リスクが現実になった。乗客に配慮する『公共の利益』とテロ対策による『国民の負担』のバランスを真剣に検討し、国ぐるみで対策を急ぐべきだ」と強調する[42]

事件の評価

国際テロリズムに詳しい公共政策調査会板橋功は「大きなイベントのたびに新幹線のセキュリティは課題になった。事件は危機管理に警鐘を鳴らす問題提起といえる」と指摘している[42]

産経新聞はこの事件について「安全神話に激震」「現行の運行管理態勢を根底から揺さぶる事件」と報じた[43]

共同通信は「新幹線で起きた事件や事故としては過去最悪の被害となった事件」と報じている[44][23]

2015年7月2日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作・日本テレビ系列)では「新幹線の安全神話が崩壊、安全性をどう確保すればよいのか」と報じ、司会の宮根誠司が「隣に座った人を疑う時代」と安全性を批判した[45]

出典

以下の出典において、記事名に実名が使われている場合、この箇所を伏字とする

[ヘルプ]
  1. ^ a b “新幹線放火 2号車の一部まで熱風達したか”. NHK. (2015年7月3日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150703/k10010137871000.html 
  2. ^ a b c d “新幹線71歳焼身自殺:脱出の乗客26人煙などで重軽傷”. 毎日新聞. (2015年7月1日). http://mainichi.jp/select/news/20150701k0000m040104000c.html 
  3. ^ “新幹線焼身自殺:開業以来車内で起きた初の火災”. 毎日新聞. (2015年6月30日). http://mainichi.jp/select/news/20150701k0000m040109000c.html 
  4. ^ “火をつけて死亡した男の身元判明 新幹線初の「列車火災事故」”. 産経ニュース. (2015年6月30日22時34分). http://www.sankei.com/affairs/news/150630/afr1506300066-n1.html 
  5. ^ a b 走行中の新幹線内で男が焼身自殺か 煙吸った女性死亡 朝日新聞デジタル 2015年6月30日(火)18時35分配信
  6. ^ a b 新幹線放火 ガソリン使用、計画的自殺か 乗車券とともに前日購入 産経新聞 2015年7月3日7時55分配信(リンク切れ)
  7. ^ a b “<新幹線放火>東京駅から乗車 自殺の男、防犯カメラに”. 毎日新聞. (2015年7月1日22時49分). http://mainichi.jp/select/news/20150702k0000m040135000c.html 
  8. ^ “「伊勢神宮へお参りに」 新幹線火災で犠牲の○○さん”. 朝日新聞. (2015年7月1日1時6分). http://www.asahi.com/articles/ASH6Z7HLDH6ZUTIL08W.html 
  9. ^ a b “新幹線車内で火災 放火の疑いで捜査”. NHK. (6月30日17時35分). オリジナル2015年6月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150630084516/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150630/k10010133271000.html 
  10. ^ “東海道新幹線火災:乗客騒然「煙の中逃げた」”. 毎日新聞. (2015年6月30日13時10分(最終更新6月30日17時41分)). http://mainichi.jp/select/news/20150630k0000e040223000c.html 
  11. ^ “新幹線、安全守るには 難燃性で炎上は防ぐ”. 朝日新聞. (2015年7月1日5時30分). http://www.asahi.com/articles/ASH6Z5FS8H6ZUTIL04C.html  写真で乗務員にトリアージタグが付いてることが分かる
  12. ^ a b “東海道新幹線、運休や3時間以上の遅れ”. TBS. (2015年6月30日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2529327.html 
  13. ^ “東海道新幹線火災、運転士も煙を吸い救急搬送”. TBS. (2015年6月30日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2529492.html 
  14. ^ “放火のすす、2号車まで…新幹線車両検証”. 読売新聞社. (2015年7月4日1時17分). http://www.yomiuri.co.jp/national/20150703-OYT1T50170.html 
  15. ^ N700系X59編成 試運転 - RMニュース、ネコ・パブリッシング、2016年7月26日
  16. ^ 「鉄道ファン」2016年10月号p.154。
  17. ^ 詳細は不明だが、「新幹線EX」2016年9月号によると台車など機器類を被災車から流用した可能性もある。その場合は修理復旧扱いとなる。
  18. ^ ポリタンク直前まで隠し持つ=焼身自殺計画し乗車か―死亡の71歳男、自宅捜索へ 時事通信 2015年7月1日6時4分配信
  19. ^ “新幹線放火:「未必の故意」で殺人容疑を適用 神奈川県警”. 毎日新聞. (2015年7月1日20時39分). http://mainichi.jp/select/news/20150702k0000m040062000c.html 
  20. ^ 時事ドットコム:新幹線焼身自殺の男書類送検=傷害致死容疑など-神奈川県警 - 時事通信(2015/10/15-18:33)
  21. ^ 新幹線放火:容疑の無職男を書類送検 神奈川県警 - 毎日新聞(2015年10月15日 20時13分)
  22. ^ 新幹線焼身自殺:無職男を容疑者死亡で不起訴処分 - 毎日新聞(2015年10月20日 21時32分)
  23. ^ a b 新幹線放火、不起訴処分に 動機不明のまま捜査終結中日新聞 2015年10月21日朝刊31面)
  24. ^ “新幹線切符は掛川行き=通過駅、自殺目的か-神奈川県警”. 時事通信. (2015年7月3日11時22分). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201507/2015070300060 
  25. ^ 新幹線のぞみ225号 えきから時刻表 列車詳細 2015年6月29日時点
  26. ^ “新幹線放火容疑者、前日にタンク持つ姿 「GS行く」”. 朝日新聞. (2015年7月1日12時9分). http://www.asahi.com/articles/ASH7136F1H71UTIL003.html 
  27. ^ “新幹線焼身放火:油、前日に購入か 容疑者宅を捜索”. 毎日新聞. (2015年7月1日15時0分). http://mainichi.jp/select/news/20150701k0000e040227000c.html 
  28. ^ “前日にポリ容器「GS行く」=年金不満「自殺してやる」—新幹線放火・××容疑者”. ウォールストリートジャーナル. (7月1日13時31分). http://jp.wsj.com/articles/JJ10353350895518164115516618595832069298158 
  29. ^ “「年金少ない」家賃値引きも/××容疑者の横顔”. 日刊スポーツ. (2015年7月2日). http://www.nikkansports.com/general/news/1500733.html 
  30. ^ “新幹線自殺放火「××」歌手を夢見て岩手から上京・・・ギター抱えて西荻窪で流し”. J-CAST. (2015年7月2日). http://www.j-cast.com/tv/2015/07/02239260.html?p=all 
  31. ^ “新幹線放火男、借金苦での自殺か”. 日刊スポーツ. (2015年7月5日). http://www.nikkansports.com/general/news/1502189.html 
  32. ^ 『週刊新潮 2015年7月9日号』
  33. ^ “国交省 新幹線放火受けJRに警備強化求める”. NHK. (2015年7月1日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150701/k10010134751000.html 
  34. ^ 東海道・山陽新幹線車内の防犯カメラの増設について (PDF) 東海旅客鉄道ニュースリリース 2015年7月6日
  35. ^ “東海道・山陽新幹線、客室内にも防犯カメラ設置 常時撮影へ”. (2015年7月6日19時53分). http://www.sankei.com/west/news/150706/wst1507060077-n1.html 
  36. ^ “新幹線内の防犯カメラ増設を検討 JR九州”. 朝日新聞. (2015年7月6日20時3分). http://www.asahi.com/articles/ASH766346H76TIPE03G.html 
  37. ^ “JR東も常時撮影検討=客室カメラ、新幹線放火で”. ウォールストリートジャーナル. (2015年7月7日3時1分). http://jp.wsj.com/articles/JJ11797013486118923820316585646591969529813 
  38. ^ JR各社、可燃性液体の車内持ち込みを禁止 酒はどうなる?
  39. ^ ガソリンなど鉄道車内への持ち込み禁止へ…『のぞみ』放火事件受け
  40. ^ 鉄道社内に持ち込める手回り品のルールの一部改正について
  41. ^ “中国では鉄道乗車時に荷物検査、通勤時に長蛇の列 「ユーロスター」は空港並みの厳しさ”. 産経ニュース. (6月30日18時36分). http://www.sankei.com/affairs/news/150630/afr1506300046-n1.html 
  42. ^ a b 新幹線火災 危険物「フリーパス」…サミット・五輪控え対策急務 産経新聞 7月1日(水)7時55分配信
  43. ^ “安全神話に激震 「死ぬかと思った」車内パニック”. 産経WEST. (2015年6月30日13時46分). http://www.sankei.com/west/news/150630/wst1506300051-n1.html 
  44. ^ 新幹線放火、不起訴処分に 動機不明のまま捜査終結 - 2015/10/20 17:02 【共同通信
  45. ^ “ミヤネ屋で「新幹線の安全神話が崩壊」の文字 安全性の確保を議論”. Livedoor ニュース. (2015年7月2日20時20分). http://news.livedoor.com/article/detail/10302595/ 

関連項目

外部リンク