小林徹夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし てつお
小林 徹夫
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 千葉県我孫子市
生年月日 (1971-04-13) 1971年4月13日(48歳)
血液型 B
最終学歴 日本大学法学部
勤務局 九州朝日放送
職歴 東北放送アナウンサー(1995年 - 2001年)
活動期間 1995年 -
ジャンル 情報、スポーツ
配偶者 あり
公式サイト 公式プロフイール
出演番組・活動
現在小林徹夫のアサデス。ラジオ
過去 各種スポーツ中継

小林 徹夫(こばやし てつお 、1971年4月13日 - )は、九州朝日放送(KBC)のアナウンサー

来歴[編集]

千葉県我孫子市出身[注 1]日本大学法学部を卒業[注 2]後、1995年4月に東北放送(TBC。本社:宮城県仙台市)へアナウンサーとして入社[注 3]。スポーツ中継などで活躍する。

2001年4月に九州朝日放送(KBC。本社:福岡県福岡市)へ中途入社[注 4]。入社後は、スポーツアナウンサーやラジオパーソナリティとして活動している。

エピソード[編集]

  • TBC時代、テレビのローカルニュースに遅刻したことがあり、画面には誰もいない報道スタジオが映し出されるというハプニングがあった。なんとか駆け足でスタジオに向かい放送に穴をあけることは無かったが、後日この映像がTBSの「ハプニング大賞」に取り上げられた。
  • 同じくTBC時代、ラジオの生番組でマイクを切り忘れて、トークバックで話している話を流してしまった。しかも複数回もやったことから、後に始末書などの処分を受けたという。
  • 同じくTBC時代、当時放送されていたTBS系列の全国ネット番組「そこが知りたい」のアナウンサー特集で彼が取り上げられた。彼の当時の主なレギュラー番組はテレビの夕方ワイドの中継コーナーくらいの駆け出しアナウンサーで、その時上司からJNNJRNTBSラジオ系列)のスポーツアナウンサー研修に行くようにとの業務命令が下された。そして研修会場の東京ドームに向かい、野球実況の練習が行われたのだが、その後TBS本社で行われた反省会で、TBSのベテランスポーツアナウンサーからダメ出しを受けてしまった。
    • その際彼は「いやぁ、野球ってあんまり見ないんですよねぇ。どちらかというとテレビはバラエティ番組ばっかり見ていて、バラエティ系のアナウンサーになりたいんですよね」と語っていた。
  • スポーツ実況の経験者を募集していたKBCの中途採用試験を経て、2001年に同局へ移籍。移籍後は、主にプロ野球中継を担当。2011年には、人生初となる日本一の瞬間を実況[2]。プロ野球以外では、2017年2018年に朝日放送→朝日放送ラジオ・朝日放送テレビ[注 5]が制作する全国高校野球選手権大会中継へラジオ・テレビ向けの実況要員として派遣されるなど、2018年シーズンまでスポーツアナウンサーとして活動していた。2019年、KBCラジオが4月改編で平日朝に『小林徹夫のアサデス。ラジオ』を放送開始することに伴い、メインパーソナリティへ起用[3]。このため、3月29日の福岡ソフトバンクホークス開幕戦(福岡ヤフオクドームの対埼玉西武ライオンズ戦)ラジオ中継での実況[注 6]を最後に、スポーツアナウンサーを卒業し、ラジオパーソナリティとしての活動に事実上専念する[注 7]

出演番組[編集]

TBC時代の出演番組[編集]

スポーツ中継(ラジオorテレビ)

テレビ

KBC移籍後の出演番組[編集]

スポーツ中継(ラジオorテレビ)

ラジオ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 参考:
    • 千葉県我孫子市と明記…[1]
  2. ^ 参考:
    • 出身校として「日本大学」と明記…[1]
  3. ^ KBC移籍後のプロフィールより、“’95年4月、仙台にある放送局にアナウンサーとして入社。”[1]と記載。
  4. ^ KBC移籍後のプロフィールより、“より深みのある実況アナウンサーを目指し、2001年3月退社。4月KBC入社。”[1]と記載。
  5. ^ a b 1951年3月15日に朝日放送(ABC)として会社設立。同11月11日ラジオ単営局として開局。1959年6月に大阪テレビ放送(OTV)を合併しラジオ・テレビ兼営局となる。2018年4月に朝日放送グループホールディングスへと社名変更・放送持株会社化し、ラジオ放送業務は朝日放送ラジオ(ABCラジオ)、テレビ放送業務は朝日放送テレビ(ABCテレビ)としてそれぞれ子会社の運営に移行。アナウンサーの配属先はABCテレビに移行した。
  6. ^ 同29日にラジオ実況を担当することは、次の情報を参照[4]
  7. ^ KBCラジオ公式サイト内2019年春の新番組情報より、『小林徹夫のアサデス。ラジオ』開始とともにスポーツアナウンサーを卒業することが明記[3]
  8. ^ 参考:
    • 2017年(第99回大会)…3日目第3試合聖光学院対おかやま山陽、6日目第4試合明豊対坂井、11日目第2試合前橋育英対花咲徳栄のテレビ実況を担当[5]
  9. ^ 参考:
  10. ^ 12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズでは、2002年版から2019年現在までKBCのプロ野球担当アナウンサー名簿にプロフィールが掲載(生年月日・発行年中に迎え得る満年齢・出身校・出身地。2009年以降生年月日のみ除外)。
  11. ^ 参考:
    • ラジオ実況デビューとして明記…[7]
    • 該当試合の実況担当として明記…[8]
  12. ^ 参考:[9]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 2001年10月当時のKBC公式サイト内プロフィールページ(インターネットアーカイブ同5日付保存キャッシュ)
  2. ^ 『プロ野球コンプリート選手名鑑2012年度版』(『三才ムック』vol.472。2012年2月24日発売・3月1日発行、三才ブックス。コード:ISBN 4861994470)より、P270に掲載されたプロフィールを参照。
  3. ^ a b KBCラジオ 2019 春の新番組情報|KBC九州朝日放送
  4. ^ KBC カチタカ!(@kbc_hawks)による、2019年3月29日1時53分(太平洋標準時)付ツイート
  5. ^ BS朝日『第99回全国高校野球選手権大会』番組公式サイト(スマホ向け。アーカイブ)
  6. ^ 大分朝日放送公式サイト内週間番組表より、2016年7月17日 10:00-11:45『夢・甲子園!2016 大分×日田林工 安心院×大分舞鶴』番組情報
  7. ^ 『小林牛舌本舗』バックナンバー2001年7月分(インターネットアーカイブ2007年3月18日付保存キャッシュ) ※8日付・16日付の日記を参照。
  8. ^ 2001年7月当時の『KBCジャンボナイター』公式サイト(インターネットアーカイブ同3日付保存キャッシュ)
  9. ^ BS朝日『スーパーベースボール』番組公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

インターネットアーカイブにおける保存キャッシュ