毎日新聞グループホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社毎日新聞グループホールディングス
The Mainichi Newspapers Group Holdings Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 毎日新聞GHD
本社所在地 日本の旗 日本
東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
パレスサイドビルディング
設立 2011年4月1日
(毎日・スポニチ持株移行株式会社)
法人番号 2010001139173
事業内容 日刊新聞社等の会社の株式保有により事業活動を支配・管理、及び、共同持株会社体制移行の戦略策定・実行
代表者 代表取締役 朝比奈豊
資本金 5000万円
発行済株式総数 899万6130株(2011年4月1日現在)
純資産 153億5700万円(2011年4月1日現在)
総資産 153億5700万円(2011年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 毎日新聞社従業員持株会 11.89%
株式会社毎日新聞社 6.31%
毎日新聞東京懇話会持株会 4.73%
(2011年4月1日現在)
主要子会社 株式会社毎日新聞社 100%
株式会社スポーツニッポン新聞社 100%
株式会社高速オフセット 100%
特記事項:設立当初の商号は「毎日・スポニチ持株移行株式会社」。
データは有価証券届出書(組織再編成)より
テンプレートを表示

株式会社毎日新聞グループホールディングス(まいにちしんぶんグループホールディングス)は、毎日新聞社スポーツニッポン新聞社を傘下に置く持株会社である。2011年4月1日に「毎日・スポニチ持株移行株式会社」(まいにち・スポニチもちかぶいこう)の商号で設立された。

概要[編集]

毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社は、以前から系列新聞社であり、両紙の印刷・販売で共有、イベントの共同主催などの提携、また大阪・西部の両本社は毎日とスポニチ(スポニチ西部版は「東京本社・西部総局」)で共有している[1]などの提携関係がある。

近年、日本の新聞社インターネットデータ放送などによる速報性などの影響もあり、発行部数の削減が進められており、より効率的な経営・発行を展開することを目指し、2011年4月1日付で共同経営の持株会社を設立した[2]

持株会社は「毎日側の普通株1株:新法人の普通株式1株」、および「スポニチの普通株1.45株:新法人の普通株1株」を交付する仕組みでの株式移転により設立された純粋持株会社であり、その下に新聞発行事業会社の「毎日新聞社」・「スポーツニッポン新聞社」を傘下におさめる。

大手新聞社の持株会社移行は、2002年7月1日読売新聞社読売新聞グループ本社(事業子会社は読売新聞東京大阪西部の地域本社3社に中央公論新社読売巨人軍を加えた計5社)として持株会社に移行して以来9年ぶりとなるが、別法人のスポーツ新聞社を持ち株会社傘下に収める点が読売新聞[3]と異なる。

当初の「毎日・スポニチ持株移行」会社という社名は暫定的命名であったが、2011年6月24日に、毎日・スポニチ持株移行会社及び毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社の3社がそれぞれ株主総会を開催し、持株会社の新社名を「株式会社 毎日新聞グループホールディングス」とすることを決議した[4]

脚注[編集]

  1. ^ かつては東京本社も毎日・スポニチとで共有(但しスポニチの編集部門は港区芝にあった)していたことがある。
  2. ^ 共同持ち株会社を設立 毎日新聞とスポニチスポーツニッポン2011年2月1日閲覧
  3. ^ スポーツ報知発売・発行元の報知新聞社は読売の系列会社であるが、持ち株傘下ではない
  4. ^ 毎日・スポニチ持株移行株式会社:毎日新聞グループHDに商号を変更 毎日新聞 2011年6月25日閲覧

外部リンク[編集]